共産主義の3類型

January 30 [Mon], 2012, 20:08
共産主義体制の3類型まずは家産制型共産主義について述べる。
ブルガリアやルーマニア、ソ連などがこれにあたる。
これらの国の共産党はプロレタリア大衆の支持ではなくインテリの不満分子の動員により権力形成される。
権力到達後は急速な重工業化を推進してきた。
それにともない薄ッ出身者も社会的上昇工業事務職を経験した。
新しい社会集団を抱き込むための資源の創出、親分子分のネットワークの強化。
特徴としては国家党機構の指導者と側近との間で個人的な上下関係を築いていることがあげられる。
合理的官僚的な制度化は低水準で縁故主義が蔓延している。
反対派の参加要求は徹底的に弾圧するが、潜在的に強力な挑戦者は選択的な便宜供与により懐盾キる。
次に国民宥和型共産主義について述べる。
ポーランド、ハンガリーなどがこれにあたる。
歴史的背景として、共産党は都市のインテリに指導されたマイナーな存在であった。
権力に到達した後は強力な労働運動の欠如と潜在的に反抗的な都市泊コ勢力に直面する。
彼らの特徴は抑圧より一定レベルで市民権とエリートの異議もうしたてを容認していた唐ナある。
1950年代半ばになるとソ連の小スターリンへの支持が低下したことにより各国共産党は社会的な支持基盤を拡大することが不可欠となった。
そこから流血を伴う国内対立に発展、ソ連の軍事介入へと至る。
現地の共産主義者は国内の挑戦者との暗黙の政治的経済的協調関係を作ろうと試みて一時的な妥協、党支配の弛緩したオークション
結果、競合する利益による国家機構の断片化が進む。
最後に完了権威主義型共産主義について。
チェコ東ドイツなどがこれにあたる。
各国の共産党は統制がとれており労働者階級を組織化し社会政党の組織を吸収た非常に強力なものだった。
特徴は全体主義モデルに近似しているてんである。
規律化、階層化された共産党によって運営される全能な官僚機構を備えた党国家体制をもっており優秀な経済行政テククラートが発達した工業製品サービスを生む計画経済を運営している。
潜在的挑戦者との政治的取引や協調に敵意をもっており抑圧と排除をもって対処する。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:a6m0l0q8xa
読者になる
2012年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/a6m0l0q8xa/index1_0.rdf