タクシーにて 

October 20 [Fri], 2006, 15:36
ねえ、ほら。あそこ。あのカーブ。見えますよね?
ここからではわかりにくいんですけど、あそこってかなりの急なカーブなんですよ。
だから一年に一度は事故が起きてるんですよね。

ええ、そうなんです。そうは見えないでしょう?
毎回修理してますからね。
あの外側の塀は事故が起こる度に修理してるんです。
だから今はキレイなもんですけどね。
近所の人間はあそこがすごく危険なのを知ってるから、
細心の注意を払って通り抜けますよ。

ええ。まあね。別に我々はいいんですよ。もう慣れちゃいましたからね。
我々より、旅行者とか、そういう人が大変。
ここが夕方以降は極端に薄暗くなるだけに本当にたちの悪い罠ですよ。
この間もね、旅行者だと思うんですけど。あそこで事故をやりまして。

ああ、大丈夫。大怪我とかはしてません。ましてや亡くなったりはしないですよ。
あの家もね、その辺考えてますから。ショックを吸収するように、レンガ積み。

えー?そんな立派な話じゃないですよ。でも死なれたらさすがに面倒でしょうね。

ああ、塀の向こう?お客さん、賢いなあ。
出張中のエリートサラリーマンってとこですかね。
空港発、ホテル行き。明日はどこの商談か。なんてね。

またあ。そんなことを。都会の人はうまいこというね。
ああ、でね。その向こうはね、ガレージです。高級車がズラリ。
外車ばっかり見事に並んでましたよ、数年前に壊れた塀の間から見た時には。
その旅行者もね、五台やっちゃったらしいですね。

いやいや!本当ですって。すごい数並んでるんですよ。
おまけにレンガでしょ?破片とかがものすごく飛ぶらしいんですよ。
だから直接突っ込んだのは1〜2台なんでしょうけど、本当に被害はそれくらいあったらしいです。

あはは、そうですよね。さっさと駐車場、変えてくれればいいんでしょうけどね。

はい、とっても立派なお宅でしょう?我々一般人には、一生関わりないですよ。

いや。たしかに会社の社長さんではあるんですけど。
うーん、本業は何になるのかなあ。
副業、板金屋。本業、怖い事務所。そんな感じですか。
本当にたちの悪い罠ですよ。

嫌なこと 

October 20 [Fri], 2006, 2:55
ああ、早く寝よう。早く寝て昨日の嫌なことは忘れよう。
明日になれば、忘れられるはず。
明後日になればもっと忘れる。
でもまてよ。
明日になったら今日は昨日なわけだから、昨日の嫌なこと、になるわけだ。
昨日あった嫌なことを、今日はまだ覚えてる。
じゃあ今日になっても昨日の嫌な今の気分は忘れないのかな。
明日になっても忘れられないのかしら。
だったら明日になっても昨日の嫌な気持ち…いや、今日の嫌な気持ちは忘れられない。
そうなると明後日になっても嫌な気持ちは残っているのかな。
あ、でももう12時はまわったよ。じゃあ、明日だ。
明日になっても今日の嫌な気持ちは…あ、もう昨日だ。
昨日の嫌な気持ちは忘れられないのかな。

まあどうでもいいや。
おやすみなさい。

拝金主義 

October 19 [Thu], 2006, 3:41
「私ね、拝金主義の連中ってほんとにキライ。
世の中お金があればなんでもできると思ってる。
そんなものじゃ解決できないものが、あるでしょう?
私はいつも思う。
この世からお金なんかなくなればいいのに、って。
そうすればみんなの心がもっと安らぐんじゃないかしら。
もしなくせないなら、世の金持ちという金持ちが端から
もってない人間に分けてあげればいいんだわ。
どうせ使わずに貯め込んでるんでしょ?このうちも。
さっさとあるものよこしなさいな。」
2006年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:a6f
読者になる
Yapme!一覧
読者になる