5月末に「方向出したい」=鳩山首相、合意に触れず−普天間(時事通信)

May 11 [Tue], 2010, 12:47
 鳩山由紀夫首相は10日午前、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題で、閣内から5月末までの決着にこだわる必要はないとの発言が相次いでいることに関し、「5月末は私が国民に申し上げているから、そこを変えるつもりはない。みんなでこれでいこうという方向を必ず出したい」と述べた。首相公邸前で記者団の質問に答えた。
 首相はこれまで「5月末決着」の定義について、「米国も沖縄も地域も、この方向でいこうと合意がなされるときだ」と明言してきたが、10日は「合意」に触れなかった。首相発言は月内決着が絶望的な情勢を受け、米側と移設候補先の自治体、連立与党との間で移設案に関して一定の方向性を出しつつも、6月以降も交渉が続く可能性を自ら認めたとも取れる発言だ。 

<普天間移設>首相、地元説得の継続確認(毎日新聞)
ピカソ絵画、100億円で落札…美術品史上最高(読売新聞)
検証 医療ツーリズム元年(2)「検診へのニーズどれだけ」(医療介護CBニュース)
【アートカレンダー】「ルーシー・リー展」東京・六本木 国立新美術館(産経新聞)
手順が違う国家公務員の採用半減 しわ寄せは公務員目指す若者に(産経新聞)
  • URL:http://yaplog.jp/a5lbfivb/archive/52
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。