おりちゃんとつーじー

February 07 [Sun], 2016, 14:01
治療ではインプラント埋入手術が一番の山ですが、部分麻酔が使われ、全身麻酔になることはほとんどありません。麻酔が効きにくいケースや、血液系や循環器系の持病があるケースでは入院設備が整ったところで手術する必要もあります。そして、インプラントを埋入する箇所に、十分な厚さの骨がない場合、埋入手術以前に、骨の厚みを増す手術をしなければなりません。自分の骨を採取して、骨が薄い箇所に移植するケースでは、入院して手術するケースも実際にあります。これらのケース、その他の困難なケースであれば治療が他よりも長い期間にわたることを知っておくべきです。
様々な条件によって、インプラント適用になるとは限らず、レントゲンやCT検査の結果、その先へ進めないこともあります。でも、断った理由として「あごの骨の強度や厚さが十分でない」だの「あごの骨のサイズが足りず、インプラントを入れられない」であれば治療をあきらめるのはまだ早いのではないでしょうか。最新設備を駆使して、腕のある歯科医が治療すれば以前なら、インプラント治療は不可能とされていた症例でも相当数が治療できるようになってきました。現状での最先端治療が受けられるよう、できる範囲で十分調べてください。
少数の歯の欠損に対する治療としては、インプラントとブリッジが代表的です。インプラント治療は、あごの骨を削って穴を開け、そこへ人工歯根を埋め込み、固定されたところで義歯をつけます。それに対し、ブリッジ治療は、義歯を橋桁と考え、両隣の歯を支柱のように削り、上からブリッジをかぶせるのです。治療後、一見した感じでは、どちらかというとインプラントが優っていると考えられます。また、ブリッジ治療は、健康な歯を犠牲にしなければならないという覚悟もしなければなりません。
人工歯根を骨に埋め込むといっても、インプラントは金属アレルギーの危険性はほとんどないのです。骨に埋入する部分はほとんどチタン製で、その上もセラミックや金などアレルギーを起こすことは極めてまれな素材を使っているためです。インプラント治療は基本的に保険外治療でほぼ全額自費とみるべきです。もし金属アレルギーの不安があれば遅くとも手術の前までに、歯科医に確認しておくと不安や誤解がないでしょう。
インプラント治療を始める前にチェックすることとして、インプラントの土台となるあごの骨に問題がないか調べてください。特に、歯周病や顎関節症の既往症があれば、治療開始前にその治療を優先し、完治してからインプラント埋入に取りかかることを忘れないでください。美容整形で、骨を削ってあごのラインを変えた方にもインプラント治療のリスクが増大します。最新の技術を用いれば、これらの病歴だけで治療不可と決めつけることはできないので歯科医とよく話し合うことを心がけましょう。
せっかく完了したインプラント治療も終われば後の手入れは必要ないと思うのは甘いです。デンタルケアを欠かさないことが重要です。毎食後に磨き残しがないようブラッシングしてプラークコントロールを継続した上で歯科医の検診を定期的に受け、歯科医や衛生士に指導してもらうことを続けなければなりません。インプラントは虫歯にならないとはいえ、日頃のケア次第でいずれ歯周炎などを引き起こすことになります。
インプラント手術の未経験者にとってかなりの痛さを想像してしまうでしょう。インプラント埋入手術を受けても、大して痛くないのが普通です。切り開くあごを中心に、麻酔を十分効かせて手術の本番に入るためです。麻酔が切れれば、処置の仕方によって痛みを感じることもあります。痛みに備えて、頓服薬を処方されるので我慢できないくらいの激しい痛みにはならないことがほとんどです。
インプラント治療も医療行為ですが、ほとんど全額自己負担で、健康保険は適用されません。医療費控除の対象なので、ぜひ受けましょう。確定申告の一項目として、医療費控除は収入から医療費を控除されます。確定申告を行うときには、歯科医を利用したときに必ずもらう領収書が支払いの証拠となるためなくしたら再発行はできないと考え、他の医療費とともに、1年分をもれなく保管してください。
手術が成功し、義歯が使えるようになってインプラント治療が終了しても定期的なメンテナンスを受けなければなりませんので維持費がかかることを知っておきましょう。特に異常がなければ、三ヶ月に一回くらい定期検診に通うことを指示されます。メンテナンスを受けるごとに支払う料金は保険がきく治療がほとんどなので、三千円くらいと考えてください。従って、年間1、2万円くらいの費用を支払うことになります。
手術によって、人工物であるインプラントを体内に埋め込むので埋入手術後はどの患者さんも違和感を感じるといわれています。腫れがおさまれば、なじんだ証拠なので、腫れているところや縫ったところを舌などで刺激しないようここはぐっと我慢してください。十日以上経ったときに違和感が変わらない、あるいはさらにおかしく感じる場合や、痛みが続いていたり、腫れや出血が止まらなかったりする場合、原因を突き止め、治療しなくてはなりません。こうなれば我慢は必要ありません。すぐに診療を受けましょう。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:晴
読者になる
2016年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/a5hri7c5nek1gc/index1_0.rdf