後藤孝規のAdvance Communication 映像&音声&テキストの会話上達法の効果と4 業者履歴 

November 30 [Sat], 2013, 5:09
どもども!毎度こんにちは。


今日も後藤孝規のAdvance Communication 映像&音声&テキストの会話上達法レビュー特集中です(^^)
後藤孝規のAdvance Communication 映像&音声&テキストの会話上達法は全く効果無し?という噂を聴き、半信半疑でしたが…
↓↓

後藤孝規のAdvance Communication 映像&音声&テキストの会話上達法検証レビューはこちら
この教材は本物です!


後藤孝規さんが世に放つ情報教材後藤孝規のAdvance Communication 映像&音声&テキストの会話上達法を
オリジナル特典付きでお届けしています。


※ステップは3段階。必ずリンク先をチェックして下さいね(^^)


詳細はこのページのリンクからご確認下さい。
↓↓

後藤孝規のAdvance Communication 映像&音声&テキストの会話上達法検証レビューはこちら


て事で、あとはぐうたら日記です。
読み飛ばして下さい^^;


きょうの超食・・・じゃ無かった^^;朝食は炊きたてのごはんと、カマスと豆腐とえのきのお味噌汁

最高のメニューです。



今朝は8分で完食、8時10分にマイホームを「でっぱつ」です



なじみのministopに「あっ」と思って、ジョージアのカフェオレを散々待たされて購入



いつものルーチンですので^^。



会社に行くと、ルーチンのニュースを覗いてみると

恐らくこれ、TVでもやる?


↓↓

[29日 ロイター] -

1848GMT 28日終盤

ユーロ/ドル <EUR=> 1.3587 1.3604

ドル/円   <JPY=> 102.40 102.29

ユーロ/円  <EURJPY=> 139.16 139.14

<p />29日終値    前営業日終値

株 FT100 6650.57(‐3.90)  6654.47

クセトラDAX     9405.30(+17.93) 9387.37

<p />金 現物午後値決め 1253.00 1245.50

<p />先物清算値

3カ月物ユーロ(12月限)   99.76 (+0.00) <FEIZ3>

独連邦債2年物(12月限)  110.56 (+0.01) <FGBSZ3><0#FGBS:>

独連邦債5年物(12月限)  125.30 (+0.02) <FGBMZ3><0#FGBM:>

独連邦債10年物(12月限) 141.71 (+0.06) <FGBLZ3><0#FGBL:>

独連邦債30年物(12月限) 125.52 (+0.44) <FGBXZ3><0#FGBX:>

<p />現物利回り

独連邦債2年物       0.105 (0.109) <DE2YT=TWEB><0#DE2YT=TWEB>

独連邦債5年物       0.655 (0.660) <DE5YT=TWEB><0#DE5YT=TWEB>

独連邦債10年物      1.694 (1.698) <DE10YT=TWEB><0#DE10YT=TWEB>

独連邦債30年物      2.616 (2.635) <DE30YT=TWEB><0#DE30YT=TWEB>

<為替> ユーロが上昇し対円で5年ぶり高値近辺、対ドルでは1カ月ぶり高値をつけた。この日発表されたユーロ圏の経済指標は、インフレ率の伸びが加速すると同時に、失業率は約3年ぶりに改善するなど、経済の緩やかな回復を示す内容となるなか、市場では、欧州中央銀行(ECB)が当面、一段の緩和を見送るのではないかとの見方が広がった。

ユーロ/円は一時139.70円とリーマンショックが発生した2008年後半以来の高値をつけた。その後は138.15円と横ばい。

ユーロ/ドルは一時1.3621ドルと10月末以来の高値をつけた。その後は1.3588ドルとやや軟調に推移。

<株式> ロンドン株式市場は小幅安で終了したものの、銀行規制当局の規則緩和を好感し、金融株には買いが入った。

イングランド銀行(英中央銀行)傘下のプルーデンス規制機構(PRA)はこの日、銀行が年金債務をめぐるリスクに対し積み立てておく必要のある資産について、当初は全額を株式などの質の高い資産で保有する必要があるとしていたが、その比率を56%まで引き下げると発表。

これを受け銀行株に買いが入り、バークレイズ<BARC.L>は2.3%、ロイズ<LLOY.L>は0.7%、スタンダード・チャータード(スタンチャート)<STAN.L>は0.4%、それぞれ上昇。銀行株指数<.FTNMX8350>は0.5%上昇した。

ただ鉱山株に売りが出たことで、FT100種総合株価指数は下落。商いは薄く、売買高は90日平均の83%にとどまった。

市場関係者の間では相場が年末に向け再び盛り返し、FT100種指数は7000を超えて過去最高値を更新するとの見方も出ている。

メセルズのテクニカルアナリスト、ドミニク・ホーカー氏は、「年末までにFT100種指数が7000近辺を目指すとの見方は合理的だ」とし、「鉱山株や銀行株などが大きく買われれば、容易に達成できる」と述べた。

過去29年間のうち、23年は12月に株価が上昇。今年はFT100種指数の年初からの上昇率が13%となっている。

欧州株式市場は低調な取引となる中、横ばいで終えた。

クレディ・アグリコル<CAGR.PA>は3.2%上昇し、他の銀行株を押し上げた。UBSが同行を「キー・コール」リストに加えるとともに、目標株価を引き上げたことが追い風となった。

FTSEユーロファースト300種指数<.FTEU3>は0.05ポイント(0.00%)高の1305.07。月間では3カ月連続の上昇となった。

DJユーロSTOXX50種指数<.STOXX50E>は5.78ポイント(0.19%)安の3086.64。

テレコム・イタリア<TLIT.MI>は引けにかけて買われ4.5%急伸。暫定の株主投票結果によると、物言う株主が求めていた取締役刷新は、外国人投資家からの支持がほとんど集まらなかった。

通信株は全般的に軟調で、スウェーデンのテリアソネラ<TLSN.ST>は1.7%下落。ユーラシアでのビジネス慣行に関する調査の結果、幹部4人が解雇されたことを嫌気した。

信用データ会社のエクスペリアン<EXPN.L>は2.8%下落。ゴールドマン・サックスが株価の割高感を理由に投資判断を「ニュートラル」から「売り」に引き下げたことが圧迫材料。

<ユーロ圏債券> 格付け会社スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)による格付け見通しの引き上げを好感し、スペイン国債が相場全体をアウトパフォームした。

S&Pは一方で、オランダ国債を「AAA」から「AAプラス」に格下げしたものの、市場の反応は限定的だった。欧州中央銀行(ECB)の追加緩和期待からユーロ圏国債は総じて小動きから小幅高で終えた。

11月のユーロ圏消費者物価指数(CPI)速報値は前年比0.9%上昇と、10月の0.7%から伸びが加速し、市場予想の0.8%を上回った。だがECBのインフレ目標をなお大きく下回っており、ECBは追加緩和の選択肢を排除できない公算が大きい。

スペイン10年債利回りは3ベーシスポイント(bp)低下の4.12%。S&Pの見通し引き上げにより、投資適格級国債インデックスに沿って運用する投資家がスペイン国債を処分する差し迫ったリスクは低下した。

S&Pはスペインの財政再建の成果を評価し、格付け見通しを「ネガティブ」から「安定的」引き上げた。長期の外貨・自国通貨建て格付けは投機的等級を1段階上回る「BBBマイナス」を維持した。

オランダ格下げにより、ユーロ圏で「AAA」格付けを維持しているのは、ドイツ、ルクセンブルク、フィンランドのみとなった。だが米国でさえ最上位格付けを失っており、格下げによる利回りへの影響はこのところ低下している。

独連邦債先物は6ティック高の141.71で清算。

独10年債は横ばいの1.70%。
(この記事はロイターから引用させて頂きました)



なるほどね〜

限りなく怪しいかも^^;



話は変わって、仕事の話(^^)

予定表を確認するとPPCアフィリエイトに7時間と、モバオクで仕入れに1時間。



簡単だから簡単に終わるでしょう。



バリバリ稼ぐぜ^^



稼ぐ系動画と言えば

↓↓





あれれ?関連してない?

ま、いっか(笑)



さて晩飯は何しよ?

カレーかツバメの巣が久ぶりに食べたいなあ。



これも良いか?

↓↓





たぶん次の更新はがんばって今日中に・・・出来るかな?

お楽しみに!



P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:yoshiyuki
読者になる
2013年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる