身近なカニ

September 29 [Mon], 2014, 17:43
日本人の間で最も親しまれているのがズワイガニです。

ズワイガニは国内での水揚げ量が多い為、食べたことが無い人はいないのではないでしょうか?

ズワイガニ(漢字表記は津和井蟹、もしくは、楚蟹です。細い木の枝というのが名前の由来で、その名の通りの細くて長い脚が特徴でしょう)の特徴といえるのは以下の通りでしょう。

・産地で名前が違う
・甲羅が小さい
・甘みが強い
・身が詰まっている
・食べ方が色々

ズワイガニは産地によって名前が異なるはずです。

例えば、福井県産のズワイガニなら越前ガニ(福井県で獲れるズワイガニをブランド化した名称です)、兵庫県や鳥取県といったところで水揚げされたものは松葉ガニ(山?地方で獲ったズワイガニを特別にこう呼ぶのですが、さらに水揚げした漁港によってタグをつけることもあるようです)と呼ばれます。

ロシアで獲れる大きなズワイガニは大ズワイガニ(オスとメスではかなり大きさが違っていて、オスには産地などにより、エチゼンガニ、マツバガニという名前が、メスにはコウバコガニ、セコガニなどと別の名前が付けられていることが多いようです)と呼ばれており、国内のものよりも色が赤く、身が固いと言うのが特徴になります。

またズワイガニ(メスはオスの半分ほどの大きさで、オスとメスで別の名前がつけられていることも少なくありません)は他のカニ(お歳暮などで贈る際には、信頼できるショップに依頼することが大切ですね)と比べると甲羅が小さいです。

たべると甘みが強く、カニ(お取り寄せするなら、むき身になっているものの方が食べ応えがあるでしょう)本来の味を堪能可能になっています。

基本的に身がぎっしりと詰まっているので、食べ応えもありますし、色々な料理に使うことも出来るため、食べ方のバリエーションが多いのです。

新鮮なズワイガニなら、そのままお刺身でたべるのもいいでしょう。

カニの種類はどんなのがあるの?
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:せな
読者になる
2014年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/a3nswd5y/index1_0.rdf