サイチョウでかねもっちゃん

July 07 [Fri], 2017, 9:41
本格的な複式呼吸を覚えれば、基礎代謝アップが期待できるといわれています。

しょうが湯を飲む、ストレッチをする、半身浴でリラックスしたり、代謝を上げるのも努力がいると思っていたので、まずは呼吸法を習得して、常時手軽に代謝を上げられるようになりたいと考えます。

減量している間、欲望の中にある甘い物への欲求を抑えきれなくなった時に食べるメニューは常に変わらずに寒天です。

これは、その時の気分で味付けを変えられるので、飽きずに食べられます。

特別、缶詰みかんが入った牛乳寒天と、味付けなしのさいの目に切った寒天にたっぷりきなこと少々の黒蜜をまぶしたものが大好きです。

昔、炭水化物を少なくする方法で食事制限をしたことがあります。

しっかり噛むことで、十分に満足しようとしたけれど厳しかったです。

邦人なので、たまには、がっつりと真っ白なごはんを恋しく思います。

ですから、最近は、夜だけは、炭水化物の摂取を抑えるけれど、朝食と昼食は通常通りに食べるようにしています。

減量を行うときにはあらかじめ基礎代謝量を計算しておくことが重要な第一歩です。

基礎代謝とは、運動や仕事など何もしてない時に消費されているエネルギーのことを指し、数値が大きいほど太りにくい体質ということがいえるのです。

便利なことにネット上で簡単に基礎代謝が計算できるサイトがありますので、一度どのくらいの数値か知っておくといいと思えるのです。

減量の為に朝食を抜くのは体に良くないので、抜かずに食べる方が効果的です。

カロリーを気にする場合はメインのご飯をグリーンスムージーやヨーグルトに置き換えるといいです。

他にも、加熱調理した野菜サラダや温かいスープも代謝が上がりますし、肌にも良いです。

時間がない時は果物だけでも良いので、朝食は抜かずに食べて健康に痩せましょう。

ウォーキングすることによって痩せる時の注意点は、続けて必ず40分以上歩く事です。

有酸素運動である歩く事で、体内で燃え始める脂肪は、始めてから約30分後です。

10分や20分程度歩く事では、脂肪を燃焼する事はできず、減量のできばえかかなり薄くなってしまうので、注意する事が大切です。

食事量をあまり減らしたくないし、体を動かす時間もありません。

私が困っていた時、とてもいい物と出会いました。

それが痩せるお茶との出会いでした。

食べない減量ではお肌や、髪にも悪影響を及ぼす場合があるので、出来るだけ必要なカロリーを摂取しつつ、痩せるお茶を飲んで、リバウンドすることなく美しく痩せられました。

減量は以前から何度もチャレンジしました。

今も継続している痩せる方法は一時の食断ちです。

その日の予定がない日に水の他は何も食べないようにします。

翌朝はお粥のなどのようないにやさしい食べ物を摂って後は普通にやって行くのです。

胃のリスタートにもなって内臓にもやさしいらしいです。

減量する上で重要なのは息の上がる程度の運動と筋トレです。

遅筋という筋肉は有酸素運動をするときに主に使われるのですが、筋肉トレーニングで使うのは速筋です。

遅筋は筋が大きくなりにくく、マッチョな見た目にならないです。

遅筋と速筋を一緒に鍛えると、バランスの良いスタイルが少しづつですが近づくと思います。

減量で人気のある有酸素運動は、一番効果的と思われる心拍数を理解することによって効率よくエネルギーを消費することで、脂肪の燃焼させられます。

とはいえ、長時間体を動かし続けるほど減量ではなく、、特に激しい運動などは筋肉に酸素が行き渡らなくなり、逆効果になる場合もありえますので、注意してくださいね。

昔に比べて、肉がついてきたので、体重を減らそうと調べていたら、良いやり方、減量法を見つけました。

それは、酸素によって糖質などをエネルギーに変える運動です。

有酸素運動の効果は抜群で食事制限を頑張るより早く結果が出るらしいです。

私自身、数週間前に有酸素運動を始めたのですが、日に日に痩せてきて嬉しいです。

そう考えても、有酸素運動って思ったよりあるんだなと体感しました。

出産をしてから、増えた体重と元にもどすために、減量と合わせて人生でしたことがなかった筋トレをしました。

母乳のみで育児をしていたので、思うように減量はできなかったのですが、筋トレはとても熱心にしました。

おかげさまで約半年でほぼ前の体型に戻すことができたという結果になりました。

必ず体験するのが体重の減少が停滞してしまう時期です。

この時期にどうしたらいいのかと言うと、そのまま減量を諦めてしまう人もいますが、無理のない範囲で継続するのがポイントです。

もし、運動をしていないのなら、食事だけはカロリーをチェックしたり、食事に気を配らないのなら、運動だけでも持続しましょう。

健康的に減量したい場合には、有酸素運動を続けるのが成果が出やすいです。

これはスイミング、ウォーキング、ジョギングといった運動です。

栄養面で留意すべきはプロテイン、すなわち、良質なタンパク質を体内に取り入れることです。

脂肪分を分解させるためにはタンパク質を要するのです。

若い頃は基礎代謝力が良いため、多少の食べすぎで体重に出てしまってもしばらく経てば元に戻ることがよくあります。

でも、歳をとるにつれて基礎代謝力が下がってしまい、エネルギーの消費量も下がるので、何もしない状態だと脂肪がつきがちになります。

痩せるにはまずはあまり無理をしないことです。

食事を抜く減量は確実に痩せるのですが、体にとっては、悪影響もでてきます。

私の話で言うと、生理が止まってしまったのです。

排卵がストップして、婦人科で薬を処方してもらって治しました。

あまり頑張りすぎると長続きしないというのが自論です。

実際、日常生活で歩く時にお尻に力を入れて大股であるくだけでも結構、違いが出てくるのです。

減量できる食事のイメージは脂肪分や糖分などが少ない量のものが浮かびますが、私の経験から思うに、塩分を控える食事が効果的だったと思います。

特に下半身太りのほうが気に食わない人は、まず減塩をしてみることを勧めさせて頂きます。

綺麗な体になるには長い時間が必要ではないに決まってますいきなり痩せることは免疫力の低下につながりますので、段階的に痩せる方法を選び、それを続けて、少しずつ体重を減らしていくのがいいでしょう。

体重が少なくなったからとやめてしまうと、リバウンドが起きやすいので、最低3ケ月は行いましょう。

減量には有酸素運動が良いといいますが、有酸素と無酸素の判断基準というか、判断することができません。

普通、息は上がるけれど、汗をかくほどではないというのが判断するようです。

しかし、汗のかき方は季節によっても変わりますよね。

もっとはっきりとした区別の仕方がわかると減量する気になると思います。

基礎代謝をアップさせるということは痩せる効果があります。

普段からあまり汗が出ない人は体の中に汚れが溜まりやすい状態になります。

老廃物が蓄積されていくと基礎代謝を下げることになるので、汗をあまりかかない人は太りやすくなります。

基礎代謝を上げることで汗をかきやすい体を作ることが大切です。

痩せようとするのに食べ物を食べるのを抜いてしまうのはダメです。

この方法は長期間続かないし、体調を害してしまいます。

食事を食べながら、食事の1食をカロリーの小さいものに置き換えると良いです。

有酸素運動を合わせて行う人は、脂肪燃焼効果を高めるため、高タンパク低カロリーの食べ物が、一押しです。

実際、もっとスリムになろうと思っても継続して走ったり散歩したりするのはやっぱり、どちらかというと面倒な気持ちが感じられますよね。

そこで推薦したいのが室内での呼吸をしながらの軽い運動です。

ラジオ体操も、効き目のある有酸素運動なので、楽な服装でオーバーアクションで体操をすると、意外と、カロリーも消費もできちゃいます。

短期間でしかも健康的に減量するには水泳が一番です。

走ったりは苦手な方でも、スイミングならば浮力があるので、体にも負担がありませんし、泳ぎ終わると心地よい疲労感があります。

減量をするために沢山の人が水泳をしていますから、1人で泳いでいても全く恥ずかしがることはありません。

水泳は予想以上にカロリーを使うので、継続することで必ずやせられるでしょう。

これを食べておけば痩せていくなんていう、食べ物はないと言えます。

ただし、カロリーが低いものや、食物繊維が豊富で、お通じを促進してくれるものは痩身効果がありますよね。

あなたもご存知のように、野菜やきのこ類、海藻類を積極的に取り入れると、体重の増加を抑えてくれるでしょう。

また、カロリーの高い食べ物を制限することも大切です。

減量を行っていると自分自身に厳しい食事制限を設けてしまう人もおりますが断食のような無理な減量はタブーです。

というのも、食べ物を制限していてもお腹が減ってしまったら無理をせずに食すようにしましょう。

その時、なるべく低カロリーのものを属するようにすれば急に体重が増えたりすることもありません。

職場の人間関係の精神的負担で、最近は、自分でブレーキがかけられないくらいの食欲が湧いて、めちゃくちゃ食べています。

ほっぺや顎や二の腕やウエストにもお肉がついてぷよぷよで、何とか体重を減らしたいなと思うのですが、なかなか、運動する余裕がありません。

そんなときに、あまり苦労しないでスリムになる薬が、あったらいいのになと思います。

苦労しないで、体重を減らせる薬があるのなら、万札の1枚や2枚、出す覚悟はありますね。

それくらいに痛切な思いです。

ひと口に減量といっても方法は様々ですが、基本となるのは運動と食事だと思います。

食事制限を行うとともに運動を行うと一段と効果的なので、毎日ストレッチやトレーニングをすればなおいいですね。

ジムを使うのも良いですし、もしそれがムリだという人は自身でトレーニングやジョギングといった運動をするように心がけるのが良いでしょう。

もはや20年くらい前になりますが、その頃、流行した海外製の減量効果のあるサプリを試しにやってみたことがありました。

流し込んでしばしすると、胸がどきどきしたり、息切れが起きたりしました。

私自身、効果があると判断すればいいのか、体に合わないのかわからず恐れを感じ、一本で、飲むのを中断することにしたんです。

体重も何も全く変わりませんでした。

年齢に伴い次第に体がゆるんできました。

痩せるためには運動と食事のコントロールが一番だとは思いつつなかなか時間が確保できずに実行に持っていけませんでしたがこの間、久方ぶりに体重計にのってみてびくっとしたんです。

まずは無理なく運動に取り組むために、日々徒歩にすることから始めてみました。

これで僅かでも痩せると嬉しいです。

減量を失敗させないためには有酸素運動(ジョギングなど)をしない訳にはいきません。

酸素を消費する方法の運動により体の中に残った余分な脂肪が火がついたように燃えていくので、減量する事ができます。

よく苦しい筋トレを行っている人を見かけますが、こういったのは辛くて長続きしない場合も多々あるで無理しないことが大切です。

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Kokomi
読者になる
2017年07月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/a3ctbea53lgbaw/index1_0.rdf