歓迎・感謝している気持ち

March 18 [Mon], 2013, 15:11
ひとことは、従来ひとつ目の意味しか持っていないでしょう。あとの二つは店側が本人達のやり易いように勝手に追加した意味で、お得意様にはまったくつながりありないでしょう。



ひとことでよりいっそうも大切なのは、お得意様を歓迎・感謝している気分であって、店側の事情ではない。働く人達同士の符号であるひとことよりも、気分のこもったひとことをしているべきですよね。

男の手料理ブログ

大勢に人気商品やアフタードリンクのセールストークも同じですよね。



従来大勢に人気商品はそれのタイミング旬な食のラインナップやお徳な食のラインナップを披露しているトークです。けど、近頃は賞味期限切れ間近な食のラインナップや過剰な仕込を捌くためのトークになってきてう。



アフタードリンクにしても、従来お食事の後だと安くお酒やジュースが飲める制度をお得意様に披露しているトークであって、けして原価率を下げるためや顧客単価アップを本義としたトークではない。



サービスのベースに、「お得意様にとって有益な資料は全て伝える」と言うものが有ります。



格安な資料をお得意様に伝えるのは、サービス店員のすべきことですよね。大勢に人気やアフタードリンクをお得意様に披露しないと、あれはサービス店員の怠慢ですよね。



格安な資料を包み隠さず全て伝え、お得意様の決断を伺います。



あれが従来の姿であり、サービス店員の心得ですよね。

店側の事情ばかりを重要視して勉強しているのではなく、従来の意味を教えるというようなことも忘れないでちょうだい。

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:a38iw5u2
読者になる
2013年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/a38iw5u2/index1_0.rdf