ただし神戸にしたが出張マッサージもしない 

November 11 [Thu], 2010, 17:55
地元のテレビパートナー我々が広告に非常にわずかなお金を使って我々を含む協力に関して働いている通信人々はいくらかの引きをします、しかし、彼らは何をカバーするべきかという決定をしません。

彼らがカメラ人を我々のものもう一つのイベントに行かせたその前日そして、中で二度と日本と人々からの、あの電話に関してあることにもかかわらず、彼らはそれからインチ出張マッサージラジオを搾取しませんでした明らかに、話題の大ファンであった人は激しくそれを彼の製作者に売りました、しかし、彼は逃げることができませんでした、そして、誰も現れなかったように、彼らはその日不足して職員を置いていました。

私は彼らに同じ主題に関してスタジオに誰かをもたらすことを説得したかもしれません、しかし、私は我々が電話を取った瞬間、ピッチが忘れられたと確信します。

通信社叩かれたリポーター私はその人をかなりよく知っているようになっていますは、彼がその朝すでに予定されている3つの他の記者会見を催すと言いました。

一流の国民的作家彼は、私が後ろにうなることなくあまりに奇跡的に聞いた、あの瞬間のために、私でなきましたそれから、彼が基本的にオフィスを出ることができないと言いました。

彼は、そうです6つの物語の上で同時に、働いていて、そして、彼らの誰もファイルしませんでした。

クライアント、そしてその人は一つには彼は私が下手な出張マッサージ人であると思って、幸せでなかったので、私に低く払っています。

そして、メインイベントが終わっているために1ヵ月先と私が支払われたいより少ないものとこれであるので、それを私はします。

彼は、ワシントン選挙シーズンの中ごろの出張マッサージを起こる最も刺激的なことが我が国の出張マッサージに面白半分に一部の企業家的な会社を入れる空の雲であるカリフォルニア浜辺コミュニティと比較し続けます。