厳(げん)で飯塚

February 03 [Sat], 2018, 18:32
浮気調査をプロの探偵に依頼して証拠を掴むことができても離婚しないままの方が良いこともあります。

その中でもお子さんがいらっしゃるご夫婦の場合、旦那、妻の浮気が発覚したからといって簡単に「離婚!」とはいかないものです。養育費は想像しているよりもずっと少額になりますし、理由をつけて支払われないことも多いですから、一人で育てていくのは容易ではありません。


男手一つで育てる場合にもまた同様で仕事を両立させることは簡単では無いでしょう。知らない会社に行っていきなり相談するのは、いくら探偵社といってもちょっと気がひけますよね。個人情報を伝えるのが嫌でしたら、匿名での問い合わせや相談に応じている探偵業者も最近は増えましたから、うまく活用して、手応えが良い感じであれば、本名で詳細を相談するという方法もあります。不倫の行き着く先って色々ありますよね。パートナーに浮気の事実をつきとめられ、離婚されたり、多額の養育費や慰謝料の請求に青息吐息なんて場合もあるわけです。倫理面はさておき不倫の当事者同士で再婚する例もないわけではありません。
やっとの思いでゴタゴタを片付けても、本当の意味での幸せなんて期待するだけ無駄です。
浮気現場の日時がわかっていると、調査に必要な時間は少なくてよくなるので、調査費用は安くなりますよね。


だからといって、浮気の日時を把握していても、知人に相談して写真を撮るようにすると、ほとんど駄目でしょう。知られずに証拠写真を手に入れるにはプロに任せるのが一番でしょう。

不倫で略奪婚に成功しても、あまり幸せになれないという話があります。
100パーセントとは言いませんが、けっこう当たってますよね。


ただ自分がそうしたいからという理由で、平気で別の家庭を壊したりできるのですし、たとえ結婚できたとしても、それまでの経緯が知られた時点で最後だろうなと覚悟して生きていかなければいけないでしょう。第一、不倫した相手と入籍するに至っても、また同じことが今度は自分にあるのではと考えると、心が落ち着く暇もないのではないでしょうか。探偵社と興信所の違いはなにかと聞かれることがありますが、していることは違いがないですし、名前のみと考えていただいて良いでしょう。離婚裁判などで配偶者の浮気を請求事由にするつもりなら、確実に浮気した(している)証明というのがないと、まともに取り合ってもらえないようです。

もっとも、素人が考えるほど証拠取りは簡単なものではありませんし、やはり興信所や探偵社などを使うほうが、離婚する際に、手間も時間も節約できるでしょう。



それ以外にも、浮気相手に慰謝料請求を行う際に役立ってくれることでしょう。お互い結婚している者同士の場合、不倫をやめる契機になるのは、配偶者から「子供がほしい」と言われたというのが多く、嫌いで不倫しているのではないことが窺われます。いままで連れ添ってきた仲として後ろめたさを感じるようになったり、浮気相手との不毛な駆け引きに愛想がつきるということもあるようです。
それと例えば、転勤とか家族都合で会う時間がとりにくくなったりすると、今までの罪の意識も手伝って、関係解消へと動いてしまうのです。
この頃はついうっかりスマホを放置して、配偶者に浮気がバレてしまったというケースも増えています。
高機能のスマホが生活に欠かせなくなっている現在、SNS履歴やメール、フリーメールあたりにパートナーの浮気の一部、ないし全てが秘匿されていると考えるのが妥当でしょう。わざわざロックしてあったりしたら、おそらくスマホの中は不倫や浮気の証拠だらけと思っていいでしょう。

 追跡グッズという探偵が使うものは 自分自身で買えるのかと言われたら購入することが可能です。

通常は、追跡グッズはGPS端末を使うことが多いのですが、誰でもネットなどで購入が可能です。車に載せるGPS端末は、普通は、車が盗まれたときのために備えておくものですから、当然、誰でも購入できます。
不倫の調査を頼みたいけれど、離婚の準備をしているみたいで気が滅入る。

意外とそんな人は多いです。
ただ、あまり深刻にとらえる必要は実際のところ、ないと思います。離婚云々はさておき、動かぬ証拠を握っておいたほうが、有利であることは間違いありません。興味がなかったり直視する気がなければ、それはそれでいいのかもしれませんが、白黒つけたいと思うなら、その道のプロ(探偵)に相談する価値はあるでしょう。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:朔也
読者になる
2018年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる