初めての東京のことは出張マッサージなの

November 06 [Sat], 2010, 17:05
豊かな時間でした、そして、私はこれが決して私が経験した他のようでない場所であると理解しました。

これらの人々がエジプトの社会への大きな貢献と、行為において、世界を作っていたことは、生命とエネルギーとほとんど明白な感覚でいっぱいでした。

一緒に我々の時間の終わりに、我々は写真を撮りました、そして、私が出張マッサージ博士のもとを去っていて、ほとんどついでながら言われたので、「多分いつか、あなたは戻って来て、我々の大学で教えるでしょう。

」それが無害な、ほとんど礼儀正しいコメント(一緒に我々の時間を終える心からの方法)のようだった時出張マッサージ。

3年、2010年3月に、後に、私と一部の同僚は、出張マッサージの省一団の我々のベセル先生が指揮する実際業務の計画を立てるために、出張マッサージを再訪問しました強い。

出張マッサージ博士が我々がそこにいるということを知ったとき、彼は私が精神的な資本の理論をもったかどうかに関して問い合わせました、そして、もしそうならば、私はプレゼンテーションを彼と彼のスタッフと共有する気があります。

私の博士号を有する監督がそこにいるので、私はこれが私が私の来るべき出張マッサージ(口頭の防御への出張マッサージ等価物)を練習する大きな機会であると思いました。

私に気づかれずに、出張マッサージは彼のスタッフの他にプレゼンテーションに出席しようと他の人を誘いました一部のドイツの大学教授(スタンフォードからの教授とオランダの銀行からの出張マッサージ)が、いましたいくぶん私の研究の最初の公開の贈呈のために恐ろしい!私が20分のプレゼンテーションとして計画したものは、精神的な資本の私の理論についてのほぼ2時間の話し合いに変わりました。

すべては、それがうまくいくようだった、そして、私がかなり励まされると感じたように、麻痺させることであった大きな批評がなかったと言いました。