ディベートの話

January 17 [Tue], 2012, 22:34
英語を習い始めたことで、なんとなく自分に自信が持てるようになりました。
以前は英語で討論していても、話はわかっても自分からはなかなか意見を言えなかったのですが、
最近はどうどうと発言できるようになりました。
日本語と違って結論からはなすアメリカ式はどうしても最初からなじめなかったけど、
慣れるとすごく会話が分かり易い。逆に日本人はまどろっこしいんだということに気づきました。
それに海外の人に話をしていると、目を見ながら身振り手振りを交えながらすごい真剣に聞いてくれるし、
話が通じているというのを肌で感じられるのも大きいです。英会話 個人レッスンに通うようになってからは、
プレゼンでも失敗だなと思う機会が減りました。というのも以前はおどおどしてしまい、
簡単にいくとなめられていた。特にビジネスでは強気で勝負するところでも、なかなか断言できませんでした。
自信をつけることって本当に大切なんだなと思います。
そもそも日本でも小学生とかからもっとディベートを授業にとりいれるべきだと思うのです。
ディベートって遊びみたいに、2回3回やるだけで本当のことを日本人は理解していないように思います。
これからグローバルな社会になっていくなかで、ディベートの授業の少なさは命取りだと思いますね。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:生姜湯大好き
読者になる
2012年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新記事
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/a2012jan1/index1_0.rdf