火災保険の違い

October 05 [Tue], 2010, 9:37
火災保険は、さまざまな要素により、保険の種類や金額が違ってきます。

具体的には以下のような点で違いが乗じます。

・建物の用途
・建物構造
・保険期間
・保険種類
・割引制度
・建物の用途による違い
まず、建物の用途としては、火災保険は、住宅用と店舗用に分けられているのが一般的です。また、店舗用については、事務所と飲食店では危険度が異なります。よく火を使う飲食店の方が保険料は高くなります。

・建物構造による違い
建物の構造としては、一般的に木造とコンクリート造に分けられています。
今では、いろいろな建築素材があるため、木造とコンクリート造と単純なわけ方ではなくて、木造であっても、建築素材により、保険料が変わってくるのが一般的です。
一般的には、コンクリート造よりも木造の建物の方が保険料は割高になります。

・保険期間による違い
保険期間の場合には、長期期間契約すれば1年間毎に契約していくのに比べて支払う保険料は割安になります。

・保険種類による違い
火災保険と言っても、火災だけでなくて、津波や台風、落雷などの自然災害にも備える保険もあります。当然、いろいろな災害に備える保険であれば、保険料が割高になります。

・割引制度による違い
保険会社によっては



続きを読む

相互リンク 行政書士に相談 資格 行政書士 司法書士 社会保険労務士 中小企業診断士 弁理士 法科大学院(司法試験) 宅地建物取引主任者(宅建) マンション管理士・管理業務主任者 土地家屋調査士・測量士補 不動産鑑定士 日商簿記 ファイナンシャルプランナー 税理士 公認会計士 CPA(米国公認会計士) 宅建 行政書士 建築士・施工管理技士 職人 行政書士事務所 相続 建設業許可 離婚 高校受験ナビ FP 医療保険 終身保険 定期保険 がん保険 個人年金保険 自動車保険 火災保険 傷害保険 地震保険 建築士 インテリアコーディネーター CAD 福祉住環境コーディネーター 宅建 マンション管理士 電気工事士 建築知識入門 建設業許可申請 ホームセキュリティ リフォーム 中学受験 大学受験 内容証明郵便 印鑑・はんこ 仏壇・仏具・位牌 手紙 挨拶文 文例 書き方と冠婚葬祭のマナー 契約書の書き方 ネットショップ ショッピングモール Yahoo!へのカテゴリー登録 士業のレンタルサーバ 建設業のレンタルサーバ ビジネスレンタルサーバ