無駄骨

July 07 [Sun], 2013, 14:54
起きたら関節痛と筋肉痛が酷かった
いつも特に酷いのが肩、腰、股関節、膝、足首
関節に分厚い金属板を打ち込んだような痛みだ効果のある関節痛改善方法を試したがダメのようだ
筋肉痛は幸い脹脛と片腹だけだったけど、これが糞痛い
腹は本当に筋肉痛なのか判らない、直径3cmくらいの極所
今まで経験した筋肉痛の痛みともちょっと違う
しかもここにバッグの金具が当たるから拷問だった
あとは歩き過ぎで足の指の皮膚が硬質化してて、軟らかい部分との境目が痛い

今日も早朝に家を出て1時間半ボランティアに行って、新発田方面に3時間歩いた
途中で身体の限界が来て歩けなくなって怖かった
帰れなくなるかと思った
帰りは予想通りまた居候が庭に居座ってた
でも母親達が逃げるようにコンビニに行ったようで、16時には居候もコンビニに行ったみたいで家に入れた
毎日帰ってくる度に家の様子が変わってる
今日は畳が玄関の前の邪魔になるとこに貼られてた
居候が放尿するポイントの目の前
急に出てきたじいさんに見られないようにするためか何かだろう
この家の奴は居候がやってることは全部知ってるし、それ以前に町中の人間が知ってる
ここよりも発展した微妙な田舎から来たのか、本物の田舎ってものを解ってない
田舎は何処で何してても半日もあれば町中に噂が広がる
あいつらは何処にいても目立つ、以前は監視されてることを知って発狂してたけどもう忘れてるだろう
田舎の人間は何処からでも見てる
居候が来てからはパトロールも爆発的に増えた
どうせ何もしてくれないのに
Iさんにもたまにパトロール中に会う

今日、数日振りに数分だけネットが繋がった
期間限定配信の動画を10件以上見られなかった
本当なら先週の火曜には回線新しくなってたはずだったのに
割引だって今月2つ適用されて数千円割り引かれてたはずだったのに
どっかの馬鹿のせいで無駄金が掛かる

朝、玄関に居候宛ての「ひかりTV」の契約書が放置されてた
やっぱり光回線開通の俺宛の契約書が見つかっててそれで発狂してたっぽい
それでガキみたいに「お前だけズルい、俺も契約する」って考えに至ったんだろう
保護を受けるにはこの家の奴に厳重な聞き込みが入るそうだ
嘘しか吐かない居候からも、ってことだろう
この時点で保護は無理
俺が生きることや自由になることを頑なに拒むから
あいつの頭なら母親にも「俺と同じ事を言え」って言っておくはず
あいつが来た時点で生きることは初めから不可能だった
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:a1307071
読者になる
2013年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/a1307071/index1_0.rdf