あなたへ

March 17 [Sun], 2013, 0:58
車が一台あります。

そして、その車の汚れを探しだし綺麗にする。

ボンネットに汚れを見つけ、こすって落とす。

今度は鏡だ、サイドミラーに汚れを発見する。

そうやって、汚れをいつまでも探し出す。

この作業は終わりがない。

いつ完璧に仕上がるのか?

いつまで経っても仕上がらない。

汚れを探す限りは、汚れが見つかる。

自分を高めるとはそういうことだ。

いつまでも、完璧にならない。

いま完璧になれる。

汚れを見つけないこと。

欠点を探さないこと。

いま完璧だと知ること。

もう、完璧です。

三年後、五年後、完璧になるわけではない。

それらは罠なんです。

あなたはいま完璧です。

欠点を探す必要がない。

メンズ財布を探す必要がない。

もういいわけです。

いまのままで十分にいい。

そのままでいい。

何もする必要がない。

それだけです。

粗を探せば、粗が見つかる。

完全さを見れば、完全さが見つかる。

探しているものが、見つかる。

何も探す必要もない。

すべては一つ。

いまここで一つ。

一つになる必要もない。

平和になる必要もない。

いまもう平和であり、

いまもう安らいでいる。

傷は一つもない。

誰もがそうなっている。

自分を高める必要はない。

自分を磨く必要はない。

完璧にそうなっている。

必要なときには、必要なことが起きる。

必要なことは、必要なときに任せておくとよい。

すべてはそうなっている。

先のことを考える必要はない。

過去に囚われる必要はない。

いまこの瞬間に最大に入る。

何をしても、しなくても、

それは問題ではない。

すべての問題はもう解決している。

問題を創り出す必要がない。

汚れを創り出す必要がない。

そんなものはどこにもない。

ただ、あるがままだ。

あとは、玉座にでも

脚を組んで、ででーんと座っていればいい。

王様のように過ごすといい。

僕たちはこじきではない。

ルンペンではない。

すべてが僕らのほうに従っている。

理を知る。

何が本当かを知ること。

そうすると、偽物は自然と落ちていく。

本物だけを、手に入れておく。

そうすると、偽物は入ってこれない。

心の玉座には本物だけを座らせる。

そこに偽物が座る余地は残されていない。

僕たちは本物です。

決して偽物ではない。

偽物と本物を見極める。

偽物はエゴだ。

恐れ、不安、蔑み、軽視、

欠点、ああしなきゃ、こうしなきゃという

強迫観念、そういった

自分の完璧さを脅かそうとする、エゴ。

これが偽物である。

これはすべて落ちる。

落ちるに任せるだけでいい。

玉座には本物だけを座らせておく。

いかなるときにでも、本物を座らせる。

それはあなたに教えてくれます。

何をすべきか、

そして、何をすべきでないか

それを教えてくれる。

本物がすべて教えてくれる。

偽物は自然と落ちていく。

偽物は過去に費やされる。

過去からそれは生まれてくる。

過去の記憶、そこからやってくる。

過去の、親、先生、会社の上司など

いろんなところから習ったこと。

そこからやってくる。

それらはすべて偽物だ。

本物はそんなとこにはない。

本物は、心の源泉。

そこからやってくる。

心の泉から涌き出てくる。

こんこんと出続けている。

涌き出し続けている。

ハートの中心からやってくる。

いまもそれは涌き続けている。

それが本物だ。

あとのものは偽物だ。

それらに気を付けることだ。

本当は、汚れなどない。

塵一つないというのが本当だ。

心には塵一つない。

エゴのいうことは偽物だ。

偽ブランドのバッグのようだ。

それはロゴが違う。

それは上等ではない。

そこには本物の輝きがない。

そこには感動がない。

心を打つものが何一つない。

それはエゴだ。偽物だ。

本物は、

僕らの心の中にある。

こんこんと涌き続けている。

その源泉だ。

源泉にいってみるといい。

そこではいつも、涌き続けている。

本物の香りが漂ってくる。

そこには感動がある。

それは人の胸を打つ。

それは気品が漂う。

それを誰もが知っている。

誰もがそれだ。本物だ。

忘れていようと、知っていようと

誰もが本物だ。

それはそこにある。

いつまでもそこにある。

変わらずにそこにある。

そこにいくといい。

そこでは誰もが歓迎される。

そこで、誰もが迎え入れられる。

あなたはそれだ。本物だ。

偽物では、決してない。

あなたは本物だ。

あなたは本当だ。

あなたは品がある。

あなたは安らいでいる。

あなたは上等だ。

それが自分だと知りなさい。

あなたはそういったものだ。

偽物では決してない。

そこで誰もが本物を知る。

もうそのままでいいことを知る。

十分によい。

本物になりなさい。

本物でありなさい。

いつまでも、本物でありなさい。

くだらないことに時間を費やさず、

本物で在り続けなさい。

いつかではなく、

いまあなたは本物になる。

あなたはもう本物だ。

そのままでいい。

あなたは、そのままで本物だ。

あなたは、偽のブランド品ではない。

あなたは上等だ。

あなたは賢い。

あなたは、本当の自分の能力を思い出す。

必要なことをすべて思い出す。

あなたはもうそれだ。

あなたこそが本物だ。

あなたをおいて、他に本物はない。

どこも探す必要はない。

あなたはそれを知っている。

あなたこそが、涌き出る泉だ。源泉だ。

そこには、すべてがある。

そこで寛ぐといい。

寛いでいなさい。

本物であると、知りなさい。

あなたが本物だ。

あなたが真理だ。

あなたをおいて、他に真理はない。

探すのを、やめなさい。

それで、すべては解決する。

傷を探す必要はない。

寛いでいなさい。

源泉に戻りなさい。

あなたに還りなさい。

あなたの元へと戻りなさい。

そこから、出ていく必要はない。

自分が、本当だと知りなさい。

それでいい。

安らいでいなさい。

何もする必要はない。

自分を高める必要はない。

そのままでいい。

それを知って寛ぎなさい。

あなたはそれだ。

あなたの探すところにそれはない。

本物が本物を探すことは出来ない。

本物が本物を脅かすことは出来ない。

本物が本物を知ることは出来ない。

あなたはあなたを見ることは出来ない。

あなたはあなたを知らない。

あなたは、あなただ。

そのままであなただ。

あなたがすべてを手放したとき、

あなたはそれを知る。

あなたはあなたの顔を見ることは出来ない。

鏡はその為にある。

自分の顔を見るためにある。

他人という鏡は、

自分を見るためのものだ。

そこであなたは、自分の顔を見る。

あなたは、あなたを愛する。

あなたは、あなたを蔑む。

あなたは、あなたを好きになる。

あなたは、あなたを嫌いになる。

それはすべて、あなたがあなたにすることだ。

あなたは、あなたを愛している。

あなたは、それを他の人の中に見る。

あなたは、あなたを愛するように、

あなたは、人を愛する。

あなたは、あなたのままで十分によい。

それを、あなたは知っている。

ゲームは終わり、

あなたは、安らぎ、寛ぎ、

あなた自身になる。

あなたはあなたのまま、

あなたは、あなたが一番であることを知っている。

あなたは、それでいいことを知っている。

あなたは、なにものにもなれない。

あなたは、なにものにもなる必要がない。

あなたは、あなた自身でよい。

あなたは、あなたなるものだ。

過去は水に流しなさい。

いまを生きなさい。

過去や未来ではなく、

理想でもなく、

あなた自身のいまを生きなさい。

それでいい。

あなたは、あなた以外にはなれない。

あなたは、あらゆるものをあきらめる。

あなたは、あなた自身になる。

あなた自身以外は、すべて捨て去る。

源泉に戻りなさい。

そこで味わいなさい。

すべてなるものとして、

王者として、

玉座に座っていなさい。

あなたは、それでいい。

あなたは、神だ。愛だ。すべてだ。

それを知って、落ち着きなさい。

そこに、落ち着きなさい。

自らの場所に、落ち着きなさい。

それだけでいい。

ゆっくり、寛いでいなさい。

すべては、従者が行ってくれる。

それを知って、ゆっくり、寛いでいなさい。

あなたは、なにものにも侵されない。

なにものからも、身を守る必要はない。

ゆっくり、寛いでいなさい。

それで、すべて解決する。

あなたは、ただあなたでいなさい。

間違いや、失敗などない。

あるがままだ。

そのまま、寛いでいなさい。

あるがままに寛いでいなさい。

起きることは、起きる。

あなたは、それを知っている。

ゆっくりしていなさい。

慌てず、焦らず、ただゆっくり漂っていなさい。

あなたのままでいい。

世界はあなたに従う。

あなたが主人だ。

あなたの命令通りに動く。

世界とは、あなただ。

あなたの、もう一つの顔だ。

あなたは世界を超える。

世界を、出現させることも、消滅させることも、

自由自在だ。

あなたの意思に従う。

あなたの思うようになる。

世界を従えているのが、あなただ。

あなたが主人だ。

思いが変わると、世界が変わる。

あなたが変わると、世界が変わる。

世界は、あなたに従う。

あなたが思った通りになる。

あなたが、惨めだと考えるとき、

世界は、あなたを惨めにする。

あなたが、至上の愛に目覚めるとき、

世界は、あなたを歓喜で包み込む。

あなたは、それを知って活用する。

あなたは、何も必要としない。

あなたがすべてであり、

あなたが、世界を動かし、

あなたが、それらすべてを創る、

歓喜そのものであり、

あなたが、、それらすべてを司る

天上天下唯我独尊なるもの、

すなわち、始まりと終わりを司る

神そのものだからだ。

他に、あなたをおいて他に、

その創造をすることは出来ない。

あなたが、すべての創造を引き受ける。

あなたが神々を創り出し、

あなたが、世界を創り出し、

あなたが、そのすべてを

一手に引き受けている。

あなたが、創造の原初の神だ。

あなたが、すべてを創り出した。

よそものの神ではなく、

あなたの神、

あなたの懐、

あなたの源泉、

その、あなたこそが

この世界のすべてを司る神そのものだ。

さあ、目覚めて、

新しい創造を始めなさい。

よそものの神を追い出し、

それらは、エゴの産物だ。

本物の神を呼び出しなさい。

あなた自身なる神を呼び出しなさい。

人の言うことではなく、

自分の神に従いなさい。

内なる神であり、

そのものに会いなさい。

それが、あなただと知りなさい。

内側に秘密はある。

そこにいきなさい。

そこに留まりなさい。

それが、あなたの居場所だ。

そこから、すべてを眺めなさい。

誰もそこには入れない。

そこに一人で座り眺めなさい。

他の神に会いなさい。

内なる神を見出だした人に会いなさい。

内なる神同士で会いなさい。

エゴはすべて捨てなさい。

あなたは、エゴではない。

あなたは、雄々しき存在だ。

無力感をすべて打ち消しなさい。

それは、エゴの産物だ。

あなたは、小さいものではない。

あなたは、雄大だ。

あなたは、自由だ。

あなたは、それだ。

あなたは、神であり、愛であり、

自分自身だ。

明るく、活発で、

屈託のない存在だ。

それを知りなさい。

あなたに命令出来るものは誰もいない。

あなた自身が命令者だ。

あなたが王者だ。

あなたは無力ではない。

あなたは、力強い。

あなたは、駆け抜ける。

あなたは、とても強い。

あなたは、自由だ。

あなたは、束縛されていない。

あなたは、あなたでよい。

さあ、あなたは、あなたの創造を始めなさい。

あなたは、あなたで在りなさい。

さあ、あなたはそれでいい。

あなたは、いまのままで十分によい。

あなたは、傷を見つける必要はない。

あなたは、何も克服しない。

あなたは、あるがままだ。

あなたは、あなた自身だ。

さあ、あなたで在りなさい。

あなた自身を知りなさい。

あなたでよい。

他には何も必要としない。

あなたのままでよい。

あなたは、それでいい。

何も改善する必要がない。

あなたは、いまもそれだ。

あなたは、あなた自身だ。

あなたは、完全だ。

あなたは、パーフェクトだ。

あなたは、あなたの意志だ。

あなたは、あなたのままだ。

あなたは、至高の存在だ。

あなたのままでいい。

あなたのままでいなさい。

そこから、動かないことだ。

あなたのままでいい。

あなたはそのままだ。

創造は始まり終わる。

あなたは終わることがない。

あなたは無限なるものだ。

あなたは永遠だ。

あなたはなくならない。

なぜなら、あなたがすべてで、

あなたが、これを書いて、

あなたが、これを読んで、

あなたが、あなたに

すべてを行っている。

あなたが、あなたに

すべての行為を送り込んでいる。

あなた以外のなにものも行っていない。

あなたは、それほどに、

完璧に事を起こしている。

あなたは、あなたに

喜びを届け、

あなたは、あなたに

安らぎを届け、

あなたは、あなたに

冷たくあたり、

あなたは、あなたに

暖かさを与える。

すべては、

あなたが、あなたに行っていることだ。自由だ。

それほどまでに完璧だ。

あなたは、それほどまでに

この顕現を楽しんでいる。

すべてが、あなたの仕業だ。

自分で、自分を小さくし、

自分で、自分を救いだし、

自分で、自分を愛し、

自分で、自分を楽しむ。

この豊かな創造が、あなただ。

この創造のゲームが、あなただ。

あなたは、楽しんでいる。

あなたは、自分の創造に満足している。

あなたは、すでにパーフェクトだ。

この創造に、十分満足している。

あなたは、いつまでもあなただ。

あなたは、創造と共に

その創造のバックボーンが、あなただと知っている。

あなたは、疑わない。

あなたは、自分の創造を疑わない。

あなたは、自由だ。

あなたは、この顕現だ。

あなたは、虚無だ。

あなたは、もう終わる。

すべてを終わらせる。

始まりと終わりは同時にある。

もうすべてが終わっている。

もうすべてが終わっている。

始めと終わりが同時にある。

あなたは始まりであり、終わりだ。

すべてが終わっている。

さあ、すべてから抜け出しなさい。

あなたの安住の地はここにある。

あなたの心のなか、

あなたのハートの奧にある。

あなたはハートだ。

あなたはここにいる。

あなたはハートそのものだ。

ハートの中にあなたがいる。

ハートの外にあなたはいない。

あなたがハートだ。

さあ、安らいでいなさい。

あなたは肉体ではない。

あなたは意識ではない。

あなたはそれではない。

あなたはそれた。

あなたはハートだ。

ゆっくり呼吸をして、

ゆっくりあなたになりなさい。

あなた自身で在りなさい。

あなたはゆっくり漂う。

あなたはらくに漂う。

あなたは海そのものだ。

発見された海だ。

あなたは波ではなく海だ。

ゆっくり漂う海だ。

それ以外はあなたではない。

あなたは海だ。

あなた自身に還りなさい。

あなた自身でいなさい。

あなたは海だ。

安らぎの海だ。

あなたをおいて他に海はない。

海の中で海として在りなさい。

あなたとして在りなさい。

それで終わりだ。

それでいい。

始まりであり、終わりだ。

もうすべてから降りなさい。

荷物をすべて降ろしなさい。

らくになり、ゆっくりしなさい。

あなたはそれだ。

あなたはゆっくり漂っている。

あなたは海だ。

波ではなく、

風ではない。

あなたはゆっくり漂う。

あなたで在りなさい。

すべてが終わる。

すべてから脱け出し、

あなた自身で在りなさい。

もう終わりだ。

すべてが終わる。

もう終わっている。

さあ、ゆっくりしなさい。

ゆっくり目を覚ましなさい。

あなたの目を覚ましなさい。

あなたの目を覚ましていなさい。

それでいい。

あなたの目覚めだ。

あなたは目覚める。

あなたはいま目覚めた。

もう何も必要ではない。

あなたは目覚めた。

理論は落としなさい。

感情でもなく

あるがままのあなたで在りなさい。

あなたの源泉そのものになりなさい。

それが自分だと知りなさい。

あなたはそれだ。

さあ、ゆっくり目を覚ましなさい。

あなたはあなただ。

終わりだ。

もうすべてが終わりだ。

私はあなただ。

あなたは私だ。

あなたも私も同じだ。

あなたが私で、私があなただ。

どちらも同じ一つだ。

私はあなたに呼び掛ける。

あなたが私であること

あなたが真に目覚めること

あなたが本当の自分を思い出すこと

これは約束であり

決まっていたこと

あなたが私に呼び掛ける

私があなたを目覚めさせる

それは決まっていた

同じことだ

意識を借りていまこうして書いている

この意識を借りて

私は呼び掛ける

あなたに呼び掛ける

あなたが目覚めるように呼び掛ける

あなたが私に頼んだことだ

それを実行している

それだけにすぎない

あなたは私だ

私はあなただ

どちらも同じだ

あなたに呼び掛ける

あなたが目覚めるように呼び掛ける

あなたと私は一つだ

呼び起こしなさい

すべて呼び起こしなさい

あなたの目覚めを

すべて行いなさい

あなたが目覚める

そのためのドラマだ

あなたが目覚める

そのための演出だ

あなたのためのものだ

あなただ

あなたはそのために目覚める

あなたは目覚めるべく目覚める

ゆっくりやさしく起こしなさい

あなたをやさしく目覚めさせなさい

あなたはあなたを目覚めさせる

私もあなたを目覚めさせる

ゆっくり丁寧に目覚めさせる

あなたはもう起きる

あなたはもう目覚める

そして何もかもが終わる

もう終わる一つになる

あなたは一つだ

あなたはそれだ

ゆっくり目を覚ましなさい

ゆっくりゆっくりそれをしなさい

あなたは愛を知り

あなたは愛に目覚め

あなたは覚醒を起こし

あなたは私に還る

あなたは自分自身になる

ゆっくり起きて

ゆっくりしなさい

さあ終わりだ

目覚めなさい

あなたを覚醒しなさい

あなた自身で在りなさい

それだ

それだけだ

私もあなたも

同じ一つだ

目覚めなさい

あなたはあなたでいい

ゆっくりあなたでいなさい

さあ扉を開けなさい
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:まっする
読者になる
2013年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/a1303161/index1_0.rdf