暴力団延べ55人が大相撲観戦 2親方が弘道会員に券渡す 昨年の名古屋場所(産経新聞)

May 27 [Thu], 2010, 17:01
 昨年7月の大相撲名古屋場所で、指定暴力団山口組系弘道会の幹部ら延べ55人が、土俵の向こう正面席で取組を観戦していたことが25日、警察当局への取材で分かった。この席は、日本相撲協会から承認された企業や、各相撲部屋の後援会などに割り当てられた「維持員席」と呼ばれる特別席で、現役の親方2人が券を販売する相撲案内所に申し込み、調達していた。

 弘道会は名古屋市を拠点にスポーツイベントの興業などに介入して資金源としており、愛知県警は相撲界と暴力団が密接な関係を持っている可能性を重視、週内に相撲協会の理事長や名古屋場所担当部長に対し、実態解明への協力と暴力団排除対策を取るよう申し入れる。

 警察当局によると、親方2人は、弘道会関係者から入場券の手配を要請された。これを受け、親方側は、維持員席の入場券を案内所に申し込み、入場券は案内所側から親方名義で販売された。

 暴力団員が観戦していた事実がテレビで放映されたのを受け、愛知県警が調査に乗り出し、相撲協会側は、親方2人が暴力団への入場券販売に関与していた事実を認めたという。

 警察当局によると、愛知県警に対し相撲協会側は、今月27日に関係者に対する処分を公表し、相撲協会の規約に暴力団など反社会的勢力との関係遮断を明記すると回答しているという。

【関連記事】
朝青龍、意図的暴行は否定 処分を慎重に検討
横綱審議委員会、野球賭博問題は静観
琴光喜が白星締め、事情聴取は語らず
琴光喜、野球賭博問題で動揺!?いいところなく5敗目
野球賭博報道で佐渡ケ嶽部屋関係者を聴取
虐待が子供に与える「傷」とは?

小沢氏「郵政法案通っても国民新党と一緒にやる」(産経新聞)
「逃げろ!」の声で群衆走り出す 一緒にいた友人は帰らぬ人に(産経新聞)
<図書館のない村>善意殺到 10日間で絵本1万冊突破−−福島・飯舘(毎日新聞)
哨戒艦事件、安保会議で協議へ=鳩山首相、万全の対応指示(時事通信)
<サクランボ>4年ぶり豊作 山形県の対策推進協予測(毎日新聞)
  • URL:http://yaplog.jp/a0u02hz3/archive/16
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。