「ゼクシィ縁結び」の婚活は和歌山でも成功するって本当??

August 30 [Tue], 2016, 20:32
結婚したいけど出会いがない。結婚適齢期の独身女性の多くはそう思っているんではないだろうか。しかし、その実、仕事の忙しさにかまけて、会社と自宅を往復する日々になっていませんか。出会いなんてあるわけないですよね。よい人と自然に出会えるのが最高と思っている婚活女性は多いと思いますが、自然な出会いなどキセキです。自分から努力しないと出会いなど巡りあわないのです。素敵な出会いを求めている、夢見がち、あるいは奥手な女子には、多少ハードルが高いのかもしれませんが、婚活サイトや結婚相談所を活用することも、出会いの可能性を広げるため、本気の方にはある意味絶対に必要です。日常自分が出会わない人と交流できる機会を、できるだけたくさん作ることはゴールへの第一歩です。婚活サイトや結婚相談所を利用して、色々な男性に出会っても、相手に「NO」と言われたら辛い。そう思っている人もいるかもしれません。しかし、結婚だけが婚活の目的だと思っているから辛くなるんです。婚活は、なにより自分磨きだと思って頂くと、少しは気楽に楽しめるでしょう。婚活の最高のメリットは、年収や職業のみならず、年齢や身長、趣味などの条件を細かく指定することができ、友人の紹介や合コンではまず出会えないような好条件の人に出会えることです。また、そのほとんどは、本気で結婚を考えている人が多いことも、見ぬフリはできません。合コンや友人の紹介で出会った相手は、必ずしも結婚を前提に考えているとは限りませんが、婚活をしている人は入会審査をきちんと通過して、入会金などお金を払っているのですから、できたら結婚したいと思っている人ばかりです。付き合う前に想像していた性格と違った、という人、あるいは、今付き合っている男性と結婚して幸せな生活が送れるのか、付き合ってはいるけど結婚したいと思えない、といったことに頭を悩ませている女性も多いようです。結婚を前提としたパートナーを選ぶ時に「選択ミス」を絶対にしないためのコツ、チェックすべきポイント。『君を愛している』『君しかいないんだ』といった、耳当たりのいい言葉ばかりを口にする男性は大勢います。しかし、一瞬クラッとしたとしてもグッと冷静になり、客観的に相手の行動を分析することが最も重要なポイントなんだそうです。婚活で最も心がけなくてはいけないことは「自分を飾らない事、そして相手を受け入れる事」。異性に対して自分をよく見せようと努力してしまうのはある意味普通な気もしますが、結婚相手だと決めた異性には自分を飾りすぎたり頑張りすぎると、後々そ後悔することになります。結局、気疲れして続かないということも。まっすぐにダメな自分を認めてさらけだし、それを相手にも見てもらい、さらに相手のそんな部分を許すことも思いやりです。自分のことは棚に上げると審査基準が厳しくなるだけで縁遠くなってしまうものです。婚活パーティーの参加者は多少個人差があるとはいえ「結婚相手を見つけたい」「真剣に結婚を考えられる恋人が欲しい」と、出会いから結婚までを意欲的にとらえている人がほとんどです。 双方ともに「もし素敵な人と出会えたら」という望みを持って婚活パーティーに参加しているので、普通に知り合うよりも真剣な交際へとつながる可能性がとても大きいのです。もうひとつの大きなメリットに「たくさんの異性と出会える」ことがあります。社会人になったら、どうしても異性と出会う機会が少なくなりますが、婚活パーティーに参加するだけで、異性と出会うチャンスが多くなり、友人、恋人、結婚相手となりうる理想の人と出会う確率も高くなります。マザコンやお金にケチな人、浮気をすぐにする人といった、第一印象は“絶対NG”な人のなかにも、付き合い方次第では幸せになれることもあります。癒やしや優しさ、将来性が重要という考えなら、先入観なしに相手の行動をじっくり観察したら、意外にも付き合うと幸せになれるタイプか、どう頑張っても不幸になるタイプかは、自然と明らかになります。恋という魔法にかかると、言葉だけを信じて振り回されてしまうことがあります。しかし、恋愛で幸せになりたいのなら、相手の本質を“第三者”の立場から完璧に見抜く目を養い、一生寄り添えるパートナーかどうかを冷静に判断しましょう。婚活女子は、3年〜5年彼氏がいない人が多いです。そこから、急に結婚したい!と思っても、それは少し無謀な話。受験勉強をしていないのに、いきなり東大を受験すると言うようなものです。とにかく「結婚」という門をくぐるための環境作りから始めなければいけません。例えば、今まで興味がなかったジャンルの映画を見たり、行ったことのない地方へ出かけてみたりするなどして、いつもと違う選択をしてみたり、環境が変わるいい方法です。「出会った当時は明るくて優しい男性だったのに、付き合い始めていたら何かが違う」と付き合って初めて分かったパートナーの本性に失望した経験がある方はけっこういらっしゃるでしょう。こんな「選択ミス」をしないためのコツ、チェックすべき点をお話します。多くの女性に、交際相手に対して求める条件を尋ねたところ、上位に挙がったのは、「一緒にいて穏やかになれる」「一緒に楽しい時間が過ごせる」「自分をとても大事にしてくれる」といった答え。多くの女性たちが、恋愛には癒やしや安らぎを求めているということがわかります。最近、ウエディング関連企業が一般的な婚活と同じく「再婚市場」に目を向けています。パートナーと離死別した中高年またはシングルマザーのニーズに応じた婚活支援、結婚式プランを次々導入。結婚関連市場が縮小傾向にある最近ですが、婚姻件数の2割弱を占める再婚は、老後の不安などをバックグラウンドに拡大が見込める期待できる市場分野となっています。厚生労働省の調査では、11年の全国の婚姻件数は約66万件、そのうち夫の再婚する割合は全体の19%弱、妻の再婚は約16%を占め、どちらも00年より3〜4ポイント伸びている。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:コウダイ
読者になる
2016年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/a0ehwysneslfsn/index1_0.rdf