インプラント埋入手術では痛さを心配する必要はない

June 29 [Wed], 2016, 2:12
近年市民権を得てきたインプラント。人工歯の組成には、色々な形式があり、その多くが表面の素材にセラミックを使用しています。セラミックの利点は、プラスチックの差し歯よりも硬く、歯磨きで劣化しないことですが、患者さん一人一人に合わせた綺麗な歯を作れるかどうかは、実際に義歯を作る歯科技工士の技術によるのです。熟練の技術に加え、審美性を求める芸術センスを持ち合わせていなければなりません。当然、一つ一つの義歯の作成には時間もかかるので、インプラントに用いるセラミックの義歯は、一本あたり数万円から十数万円という高い費用がかかるのです。インプラント治療を始める前に、費用を調べておきましょう。この治療は治療費を確保してから始めなければなりません。ごくまれに、インプラント治療が保険適用されることもありますが、おそらく、相当厳しい条件をクリアしたのでしょう。ほとんど全て自費診療だというのが高額の負担を強いる原因です。どんなに安い治療を選んでも十数万円、困難な治療が含まれるとその数倍の出費もあることを承知しておく必要があります。歯茎を切り開いて、あごの骨に穴を開けるといえばどんな痛い手術なのだろうと思うかもしれません。インプラント埋入手術を受けても、耐えられないほどの痛みを感じることはまずありません。手術部位には麻酔をしっかり効かせて手術するのが普通だからです。麻酔が切れれば、処置の仕方によって多少の痛みはあるかもしれませんが痛み止めの頓服薬を処方されることが多く、激しい痛みが長く続くことはあまりありません。せっかくインプラント治療を行ったのに、それから前はしなかった口臭がするようになったということもままあるようです。これはなぜでしょうか。一つには、歯茎に埋め込んだ土台と義歯の間などに、歯磨きで磨ききれない食べかすが残っていることもありますし、歯周病と似た病気である、インプラント周囲炎を発症しているケースもあり得るのです。そのようなケースでは、放っておかずに診察を受けてください。インプラントとクラウンの決定的な相違は、歯根が自分のものであるかどうかです。虫歯などが原因で、大きく歯を削った場合でも、歯根部を支えとして残すことができれば上から冠のような形のクラウンをかぶせる治療ができます。しかし、根から抜いた場合は入れ歯を避けたり、できなかったりすれば、義歯の土台として人工歯根をあごの骨に埋入するインプラント治療を検討することになります。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:蒼介
読者になる
2016年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/a0bzma8caknilg/index1_0.rdf