依存症 

June 23 [Fri], 2006, 0:55
なみだが止まらない ただあなたを想うだけなのに

咽が上手く開かないから嗚咽しか出てくれない

笑う練習を始めたはずなのに、いつまでたってもそれすら出来ない

息の吸い方も忘れてしまった

それは、何故?

生きることに絶望するほど 私の中心があなただった


きっとそれが、いけなかった

Sマテリアル 

June 17 [Sat], 2006, 4:10
頭を遣えど姿は見得ず忘却の彼方に忘れられじは星の心
咽の奥から湧き上がる欠乏は底知れぬ闇を伴い襲い繰る
舌を痺れさせる甘い毒の香りに諍えもせず蛇に飲み込まる
目玉を焦がす深紅の光に喰われるは月の涙を知るも知らず
耳に妬きつく金色の調べは絶えもせず白い闇に囚われる
鼻を衝く焦げた肉の薫りは太陽の哀愁を誘い架の想いを誘う

嘘を吐く真っ赤な唇は十字に絡みつく毒蛇に微笑みかけ
蠍の快楽を知る誰ぞ宝石の輝きに惑わされる



呑まれる前に剣で刺せ   摸索の草原   トキの顔を塗る紅

紫陽花 

June 14 [Wed], 2006, 16:21
薄紫の花煙

さらさらさらと降る雨に

君の涙も埋もれて

何を想うか花煙

たれぞ想わん仔の悲しさよ

柔き紫輝きて

静かに想い涙を流す

灰色空気立ち込めて

重厚な色を優しく染める

さらさらさらとしっとり落ちる雨の粒に

紫ビロード僅かに頬を染めあげる

根から命を吸い上げて

大地の想いを空に伝う

優しく深い紫は

あなたの深い悲しみさえも

そっと含んでくれるでしょう

そっと寄り添い癒すのでしょう

さらさらさらと雨が降り

薄紫の花煙

発情 

June 14 [Wed], 2006, 4:30
熱い舌
意思を持つ粘膜
伸縮する穴
蠢く筒
滴る唾液
零れる吐息
火照ったカラダ
艶かしく光る液
濡れた瞳

いいから黙ってわたしを汚して


そしたら最後は御褒美に、頭の先から食べてあげる

恋心 

June 14 [Wed], 2006, 3:48
冷たい雨にうたれたい  あなたを忘れられるなら

深い眠りについていたい  あなたを忘れられるなら

どこか遠くへ旅に出たい  あなたを忘れられるなら

激しい音に抱かれたい  あなたを忘れられるなら

知らない街を歩きたい  あなたを忘れられるなら

暗闇に身を潜めていたい  あなたを忘れられるなら

熱いシャワーにうたれたい  あなたを忘れられるなら

違う男と寝ていたい  あなたを忘れられるなら


心の底ではわかっているの
あなたを決して消せないことは


冷たい雨にうたれると  傘を手に迎えに来てくれたあなたを期待してしまうから

深い眠りについていると  必ずあなたの夢をみてしまうから

どこか遠くへ旅に出ると  あなたと行った海へ行ってしまうから

激しい音に抱かれていると  あなたに抱かれているようだから

知らない街を歩いていると  似ている人を目で追ってしまうから

暗闇に身を潜めていると  あの停電の夜のことを思い出してしまうから

熱いシャワーにうたれていると  背中にあなたの気配を探してしまうから

違う男と寝ていても  あなたと比べてしまうから


どれほど私を捕まえていれば、あなたの気持ちは済むのでしょう

私のことなど好きではないくせに
私のことなど好きではないくせに
私のことなど小指の先ほども好きではないくせに


それでも私を捕まえて放さないあなたは

世界で一番の極悪人ね




そんなあなたを、
世界で一番愛してる

枯れた花に想う 

June 14 [Wed], 2006, 3:34
 夢と現で漂うのはあなたの頭の中。

 存在価値というものを誰に求めればいいのかもわからずに、今日も私は独り彷徨うのだろう。
 少し身体が浮くような浮遊感は私特有の持ち物であり、地の底まで落ちていきそうな感覚は、また私特有の持ち物である。
 歩くことで示せるのか、食べることで示せるのか、眠ることで示せるのか、話すことで示せるのか、排泄することで示せるのか、話すことで示せるのか、そんな答えなど求めてはいないのに。そんなことなど本当は何も考えていないくせに。
 それでも、今日も私の脳はその伝達を止めようとはしないのだから、人間というのは不器用なのか器用なのか、分からない物体だ。或いはこのような問答さえもくだらない。
 私は人間として欠陥だらけだが、それを汚く隠そうとして生きている。欠陥はきっと、とても根強い。何に対しても執着はしておらず、愛など感じたのはいつ以来かだろうか。
 唾液が湧き上がるように、爪の先が痺れるように、執着という名の愛が込み上げてくればいいのに。
 そうすれば、たった今目の前で泣いている恋人に、わずかばかりの同情を抱くこともできるのに。

猫の詩 

June 14 [Wed], 2006, 3:22
猫になりたい

猫になりたい

猫になりたい

あなたが飼ってくれるなら

背伸びをしてもきっと意味はないけれど、

少しだけ大人ぶってみてもいいでしょう?

だから、お願い、私を見て、

あなたの望む女にはなれないけれど、せめて隣で眠っているわ

従順な犬にはなれないけれど、

私はあなたの猫になりたいの
2006年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
アイコン画像つばさ
» 恋心 (2006年06月18日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:a0414431682000
読者になる
Yapme!一覧
読者になる