プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:a-little-cry
読者になる
2006年11月
« 前の月    |    次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
*10 / 2006年11月28日(火)
*********

大切にしているものは

目に見えなくて

失ってから 初めて目に見える

だから

いつも手探りで 探していて

そうすれば

失うことはない

そうしないと

飛んでっちゃうよ

そんで

消えちゃうよ

あなたの 目の前から

**********

 
   
Posted at 01:37 / words / この記事のURL
コメント(0)
*9 / 2006年11月28日(火)
**********

にげて にげて

にげて

たどり着いた先には

何もなかった

ただ時間だけが

過ぎ去ったようで

でも

すこし

気持ちは

違うきがする

自分ばかりに目を向けていたら

大切な人の事を粗末にしてしまって

でも

大切な人ばかりに目を向けていても

振り回される自分がいて

人は一人で生きて行く

しかし

人は一人では生きて行けない

あの人の気持ちは全然わからないけど

あの空気に私達が共に混ざりあったことは確か

心の所在

身体の所在

それはいつも

共に在るとは限らない

**********

 
   
Posted at 01:36 / words / この記事のURL
コメント(0)
*8 / 2006年11月28日(火)
***
違うもの同士があつまって同じ事をして
にんげんは生きているのだけれども
同じもの同士があつまっている場所は
安心で自由で居心地良くて
でも いつまでも そこにいられるのかな
いっぽ踏み出してみた自分は まだ
居心地のいいところに住み着いていたくて
でも 新しいところには それなりのものが
用意されているから
両方かじってみたりして でも
それが逆に 居心地悪い原因だったりもして
しばらくはこう うろうろしてしまう予感
***
 
   
Posted at 01:36 / words / この記事のURL
コメント(0)
*7 / 2006年11月28日(火)
******
人の気持ちとは
なんと素晴らしく
綺麗で もろくて
そしてまた
はかなく 残酷なのだろう

単純な行動が複雑な意味を持ち
複雑な行動がまた単純な意味を持つ
そんな矛盾に気付いても
自分では
どうしようもできず
ただ見ている事しかできない

まぁもうちょっと待てばいいじゃないか
熟れたりんごのほうがおいしいからね
まぁその前に木から落ちてしまうかもしれないし
私が食べられるとも限らないけれど
******
 
   
Posted at 01:35 / words / この記事のURL
コメント(0)
*6 / 2006年11月28日(火)
***
人間の歯車などうまく噛み合うことなんてめったになくて
そもそも人間は機械ではないから
ひとつ うまくいっても
ひとつ うまくいかない
そんなことの繰り返し
ひとつ うまくいかないと
もうひとつ うまくいかなくなる
そんなことも繰り返し
全てをリセットして
一からやり直してみたいけれど
そもそも人間はゲームじゃないから
ひとつ 消したら
全部 消えてしまうよ
そう考えると
全然噛み合ない歯車も 
受け入れられるような気がする
噛み合ないからこそ
自分で 回さなきゃいけない
自分で 回すことができる
ぐるぐる ぐるぐる ぐるぐる
***
 
   
Posted at 01:34 / words / この記事のURL
コメント(0)
*5 / 2006年11月28日(火)
***
真実とは
揺るぎなく
力強く
また
暖かいものだから
それに向かっていくことは
簡単じゃなくて
足を踏み出そうとしても
何度もその足をすくわれて
そんなことを繰り返してでも
たどりつく価値はあるから
それは分かるから
ただ 歩むしかないのです
***
 
   
Posted at 01:34 / words / この記事のURL
コメント(0)
*4 / 2006年11月28日(火)
***
答えとか正解とか 分からないけど 今は ただ 進み続けるしかない
一歩踏み出して 二歩 三歩 四歩
十歩目には 答えなど変わっているかもしれない

先のことなどわからないのならば
いっそ 先のことは考えないでおこうか
でも 目の前のことしか見えていなかったら
それは 自分のことしか見えていないということで 
もう一人の私を 消すことになってしまう   

あぁ 永遠に変わらないものを ください
そして 永遠に変わらないものを つかみにいこう
***
 
   
Posted at 01:32 / words / この記事のURL
コメント(0)
*3 / 2006年11月28日(火)
***

どうして そんなことを してくれるのですか
わたしは あたたかくて
甘くて 溶けてしまいそうです
外側には出てこないその甘さが
わたしにはつよいお酒のようです
ほんものだけど
いつわりであることは
わかっているけれど
ここちよくわたしを酔わせるのです
だから わたしは
ついついほんものを返してしまいそうになる
でもそれが
ここちいいのです
***
 
   
Posted at 01:32 / words / この記事のURL
コメント(0)
*2 / 2006年11月28日(火)
***
揺れるいすに座る私のはなを
なつかしい匂いが
通りがかったから
思わずあなたの姿を
探してしまいました
いるはずのない姿なのに

そして いたとしても
そ知らぬ顔をしてみせたでしょうに
***
 
   
Posted at 01:31 / words / この記事のURL
コメント(0)
*1 / 2006年11月28日(火)
***

まだまだ道の途中

ゴールは見えなくて

前にも進めなくても

道はかならず続いているから

いまは立ち止まっていてもいいさ

そこから見える景色はもう

他のどこからも見ることは出来ないのだから

充分に心に焼き付けて

...それから 歩き出せばいい

焦らず 恐がらずに

自分に素直に

果敢に挑戦していくのだ

まだ見えない世界へ

向こうの方へ

***
 
   
Posted at 01:28 / words / この記事のURL
コメント(0)
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
 
 
Powered by yaplog!