アトピーのかゆみの原因とかゆみが収まる生活習慣のコツとは?

February 05 [Thu], 2015, 10:14
子供がアトピー性皮膚炎でいつもかゆくて
肌を掻いている光景は本当にかわいそうで、

「何でもいいからかゆみを抑えてあげたい!」

いつもそう思って、何か良さそうなものがあれば
いろいろ試しているのではないでしょうか?



私自身もアトピーで子供の頃から母親が一生懸命私を
皮膚科に連れたり、いろんなお茶を飲ませたりしてくれました。

アトピーというのは体内に入ったアレルゲン(アレルギー原因物質)
にアレルギー反応を起こし、皮膚が炎症してかゆくなります。

アレルゲンは人により違い、口から入ったり皮膚から入り込んだり
完全に排除することはほとんど不可能なので、
なるべく気をつけて上手く付き合うのがコツでしょうか。

アトピーで一番辛いのは「かゆみがひどい」ということ。

アトピーと上手く付き合うには、この”かゆみ”を
コントロールすることが重要なんです。


私はいまでも時々かゆくなりますが、上手く付き合うコツを
掴んだことでストレスも少なく過ごせています。

アトピーはよく
「掻くとよけいにかゆくなるから掻いちゃダメ!」と言われますが、
ほぼ無理です。逆にストレスになり、かゆみも酷くなります。

しかし「掻きむしらない」というのはアトピーの
かゆみ改善にはとても重要なことです。

掻いてばかりいると、肌のバリア機能が失われ
肌からどんどんアレルゲンが入るようになり
さらなるアレルギー反応が出てしまうからです


しかし、”掻かないこと”はとても大切ですが
痒いのを「掻くな!」と言われても幼い子供は我慢できませんし、
それ自体がストレスになっちゃい可愛そうです。

だから本当にかゆみを抑えるためには、
”かゆくなりにくい”肌の状態を毎日の生活習慣で作っていく
ということが実はコツなんですよ。

『痒くなりにくい』習慣づくりは以下の5つのポイントとなります。

@油物はなるべく控える、塩分を取り過ぎない食事にする

A寝具の素材を綿にして羽毛はさける

B肌着は綿にする

Cお風呂で身体を洗う時は手に石鹸を付けて手だけで洗う

D入浴剤にこだわる

これで私はアトピーのかゆみをかなり抑えることができ、
夜もぐっすりと眠れるようになりました。

5つめのポイントにある「入浴剤」は、いろいろ試しましたが
やはりカモミールの入浴剤が一番かゆみを抑えてくれます。

カモミールには保湿はもちろん、炎症を鎮めてくれて、
アレルギー症状も抑える働きがある
んです。

カモミールの入浴剤の中でも一番良かったのは、
100%カモミールエキスのみで作られた、
発売から30年売れ続けているこちらです。

▼お子さんのアトピーの痒みが収まる!▼
子ども用

一日でも早くかゆみが収まるといいですね。