重要な記事へのリンク一覧 

January 01 [Sat], 2011, 20:28
9月23日 イトーヨーカ堂さんの子ども図書館が全館閉鎖となりました

閉鎖となる子ども図書館を応援するブログへのリンクです。
子ども図書館応援ブログ(浜松)
郡山の 子ども図書館応援団の部屋
ぬまづ 子ども図書館 応援ブログ
さいたま子ども図書館応援団

加古川子ども図書館が再オープンしました。
加古川子ども図書館応援blog


9月のあったまるん 

October 01 [Fri], 2010, 10:45
                     

あったまるんのおはなし会 9月

たまるんおねえさんの出張により、一週のびたあったまるんです。

今回でここイトーヨーカドー7階でやるのはラストになります。

秋田ショッピングセンターのビルはありますが、ヨーカドーなくなっちゃうんですよね。

なんか、私が20年前秋田にきたときから、駅前って変わらないと思ってましたが…

そういえば鎌田会館とか、マルサンとか、いろいろなくなったものはあるんだなあ。

それはさておき、前回まで、どうやって陽射しを防ぐか、みたいなのが大課題だったのに、今日のこの涼しさというより、寒さ。
季節の変り方の激しいことです。


プログラム
 
 手遊び 1本と5本で
 絵本 おにぎり
 絵本 ピクニックに行こう
 ビッグブック へんしんトンネル
 絵本 おつきさまってどんなあじ?
 パネルシアター まりーのうちへ
 すばなし もちを食った仏様



1本と5本で  手遊び
 
1本と5本でたこ焼き食べて
 2本と5本でやきそば食べて
 3本と5本でケーキを食べて
 4本と5本でカレーを食べて
 5本と5本でおにぎり作って
 さあピクニック!

おにぎり   平山和子え 福音館書店
 
 おいしそうなおにぎり!
 あつあつごはんに梅干いれて、くるっくるっとまわして
 ぎゅっと握って、のりをまいて…
 あつあつおにぎり、ごはんの湯気がもわあっと絵本の中から立ってくるような、すてきな絵です。

ピクニックに行こう パット・ハッチンス  徳間書店

 お弁当を用意して、ピクニックにでかける鳥たち。
 木苺、りんご、洋梨とかごにつめて、でかけますが、なかなかお弁当を食べる場所がみつかりません。
 あちこち探すうちに、見たことある場所に…
 あれ、ここは家だよ。
 それにしては、かごが軽い…
 あれ、お弁当がない?

 お弁当の行方は?それからみんなはピクニックにいけたのかしら?

へんしんトンネル あきやまただし  金の星社

 おかしなトンネルがあります。
 入るときと、出るときが違ってしまうのです。
 例えば、ボタンボタン…と入っていったボタンがなんと田んぼになって出てきてしまいました!
 
お月さまってどんなあじ? ミヒャエル・グレイニェク作 セーラー出版 
 
 おつきさまってどんなあじかなあ?
 かじろうとしたカメ。でも届きません。
 そこで、ライオンに頼みます。
 ところが、おつきさまはすいっと空へあがってしまいました。
 そこでキリンを呼んできて…
 どんどんおつきさまを食べたい仲間は増えていきます。
 さて、おつきさまのあじ、味わうことができるのかな?

まりーのうちへ パネルシアター
 
 まりーがクッキーを焼いて、くまさんをまっていると…
 リスがやってきて、クッキーを一つもらいます。
 そしたら、次々お客さんがきて、そのうえ、一つじゃなくて、ぱくぱく食べるネコもいて…
 クッキーが、ぱくぱくぱくって食べられていくのが手品みたいで不思議!
 さて、クッキーがなくなって、まりーはどうしたかな?

もちをくった仏様

 もちが大好きな小僧さん。でも和尚様はいつもいつも、餅を独り占め。
 そこで、ある日、重箱にいっぱい入ったあんころ餅を、一つこっそり食べた小僧さん。
 ところが、そのあんころ餅のうめえことうめこと。
 ぱくぱく食べて、はっとしたら、餅は全部なくなってしまった。
 そこで頭をつかって、仏様が餅を食べたことに…
 小僧のたくらみ、成功するでしょうか?
 それにしても、
 和尚様も小僧も食いしん坊の上、仏様にあんこ塗ったり、ぼがーんと殴ったり。
 こんなにされても、怒ったりしないさすがは仏様!
 でも、仏の顔も3度までっていいますよね?
 大丈夫かしら…

まちの駅で2月からずっとつづいてきた、たまるさんのおはなし会。
これから1ヶ月半は、改装工事のため、この秋田ステーションビルは使えません。

そこで、今まちの駅の方たちが、場所を探しています。
ぽぽろーどか、秋田駅近辺になりそうです。

決まり次第、このブログにも書きますが、10月第三土曜日には、いつもどおりおはなし会をどこかでする予定ですので、皆様よろしくお願いしますね。

みなさまと来月またお会いできるのを、楽しみにしてます。



おまけ…

 たまるおねえさんは、明日から東京で図書館員講座に出席するため、ついこないだまで、山のような宿題と格闘してました。
 それもめでたくおわったらしく、今日は晴れ晴れと登場です。
「迎えに行く?」
「いえ、今日は荷物少ないですから大丈夫です。」

 で、会場へいってみると…おおきな荷物をしょった大黒様…じゃなくてたまるおねえさんがいました。
 パネルシアターのばかでかいパネルと、へんしんトンネルのばかでかい大型絵本かついで。

 しかも重い!
「今日からしばらくいないから、本返さなくちゃならなくて…」

 しかも、その荷物抱えて
「それから、本も借りなくちゃいけないんです、明日の図書館講座に持ってくので」

一回家かえって、車とってこようか?
「いえ、私も一回家かえらないと、本とってこないといけないんで…
あ、荷物もつくらなくちゃいけなくて…
あ、職場にも、今日中にちょっと顔ださなくちゃいけなくて…
あ、ビッグブックも返さないと…」

大丈夫?
「だいじょぶですよ、一回家かえって自転車できますから」

…でも、雨ふりそうだよ…
「え…」

大丈夫かたまるおねえさん、明日から東京暮らしだよ!


                               
 

あったまるんのおはなし会 8月 

August 25 [Wed], 2010, 8:15

 あったまるんのおはなし会  8月

                     

あったまるんって、あったかすぎる!という、全国的な残暑の中、さわやかな白いブラウスと涼しげなブルー系のスカートのたまるおねえさんがあらわれました。

なんか、たまるさんのお顔見ると、心からすうっと涼風が吹くような、気持ちいい感じが…ふだんはするのですよね。

でも、この日の、舞台の仕込みをお手伝いした身としては、あんまり涼やかじゃなかったな。仕込み30分、上演3分の大掛かりな舞台ですよ、みなさまお楽しみに。

            
プログラム

詩     かっぱ

えほん  じゃぐちをあけると

えほん  だるまちゃんとかみなりちゃん

おおがたえほん   めっきらもっきらどおんどん

人形劇  こぐまちゃんのさかなつり



かっぱ  谷川俊太郎作  かっぱ朗読(…じゃなくて)歌

かっぱさんによる、詩の朗読、じゃなくて、歌、でした。
とっても上手でしたよ。
のりのりで2番まで熱唱でした。

じゃぐちをあけると  しんぐうすすむさく   福音館書店 

蛇口って、下から見たことありますか?
まず、見てください。へんな形…
さて、このえほんは、その蛇口から水が出て、それがどんなに変化するか、がページごとに現れます。
たとえば、スプーンを下においたら、どんな風に水のかたちは変わるでしょう。
上向きなら、平たくひろがって、下向きなら、エスキモーのおうちみたいな形に。
見てると、涼しい気持ちになる、暑い日にぴったりの一冊でした。


だるまちゃんとかみなりちゃん  かこさとし作  福音館書店

お空からおちてしまったかみなりちゃん。大切な、なんだかわからないワッカが木に引っかかってしまいました。
とりあえず、なんだかわからない、わっかを取ろうと、必死になる二人。
背伸びしても、だめ、はしごにのっても届かない。
じゃあ、とかさをびゅん、と投げて、とろう!と思ったのに、かさが丸いものにぶらーんとひっかかって、二人は呆然…

このあと、かみなりちゃんのおとうさんが来て、かみなりの国のプールに行ったり、かみなりちゃんのおうちへいったり。

かこさとしさんって、すごいですね。何十年たっても、ちっとも古くならないどころか、読むたびに、新しい友達とのわくわくが蘇ります。
いつもかわらないたまるおねえさんの、やさしいえほん読みにぴったり!


めっきらもっきらどおんどん   長谷川摂子さく  降矢なな絵  福音館書店

ひとりで遊んで退屈だったかんたが、叫んだでたらめの歌が、不思議の扉を開いた!
向こうでであった不思議な3人と夢中であそぶかんた。でもおなかいっぱいになって、しずかになったら、なんだか寂しくなって、大きな声で「おかあさん」と叫んでしまった…それっきり、向こうの世界にはもう、いかれない。
トトロの森みたいに、不思議でちょっとこわい、それでいて心ひかれる物語です。
大型絵本だと、また独特の迫力があります。かんたが吸い込まれていく風がみえる感じ。


こぐまくんのさかなつり
           

くまくんとお父さんが川に釣りにいきます。
ぴょーんと川から飛び上がる魚。
早くつろうと、一生懸命なくまくん。

ところがお父さんがまず吊り上げたのは、バケツ。
こぐまくんがちいさな魚を捕まえると、張り切ったお父さんの竿には麦藁帽子が。
またくまくんのさかなのあとに、おとうさんはかさを。
最後にくまくんが釣ったのは…

ちょっととぼけたおとうさんが、かわいいです。それにしても、川から次々いろんなものを釣り上げて、くまくんたち、大変大変。

おまけ…

今回は舞台の仕込みをお手伝い。

まだ見てない方たちのために、あまり詳しくはお教えできませんが、いやいや、大荷物で大変。

でもねえ、その大半はパッキング用のぽやぽやだったり、箱だったり。


箱、たたんじゃだめ?
「だめですよ、大事なしかけがつくんですから」


こっちの箱にそっちの箱収納しちゃだめ?
「入りませんよ」


あ、ほんとだ、あと5ミリ小さいのさがせば?
「ないんです、ちょうどいいのが」


この紙袋いるの?
「あ、大事なんです」


収納のもの、作ろうか?
「いいです、ずっとこれでやってきたし」


かなり微妙な装置で、一度仕込んだら、こわくて予行練習できずぶっつけ本番を迎えるしかないという年代もの。

で、道具類も、収納マニア主婦としては、もう少しなんとかしたいのですが…

みなさんにはわからない会話ですよね。でも、こうしてまた、たまるおねえさんは、大きなダンボールを抱えて退場したのでした。

ちなみにたまるおねえさんの夏の特技は、だれよりも早くカキ氷を食べることです。

             

あったまるん7月 

July 21 [Wed], 2010, 17:25

 あったまるんのおはなし会 7月

                      

 あったまるん、というより、暑い季節がやってきました。
 まちの駅は、広々として、日当たりもよくて気持ちいいのですが…この季節は、日当たりも考え物。

 土曜日、少し遅くなった私は、ぜいぜいと7階まで駆け上っておりました(といっても、エスカレーターだけどね)!
 ぽぽろーどや、アゴラ広場でにぎやかにお店が並んで、そこに熱気がうずまいているので、店内に入ったらさぞかし涼しい…と思ったら、そうでもない。冷房、ちょっと控えめだなあ、と思いながら、次々とエスカレーターを進むと、一つあがるたびに、どんどんあたたかくなっていく…

 ついに7階のたまるんの会場は…暑い!

 外は青い空までぎらぎら輝いて、発熱してるようなお天気。それが窓いっぱいのガラスに映って…
 夏はよしずがいるよなあ…


  プログラム

 ハンダのびっくりプレゼント   アイリーン・ブラウン割く 光村教育図書

 ふたりのあさごはん      出演 けんいち みけや

 ビッグブック ありとすいか    たむらしげる作  ポプラ社

 ふたりはふたご         田島征三 田島ゆきひこ作

 ターちゃんとペリカン      ドン・フリーマン作 
 
 秋田の昔話    頭の柿の木


ハンダのびっくりプレゼント 
          
 まず見開きにたくさんの果物。
 バナナ、オレンジなんかは知ってるけど、マンゴー、パッションフルーツになると、ちと上級者ですね。

 ハンダは、果物をたくさん持って、友達に届けにいきます。野原を越えて歩いていくと…途中で、サルやシマウマや、キリンなんかもやってきて、果物を一つずつ持ってってしまいます。
 なんにも気づかないハンダは、空っぽのかごを頭にのせてお友達の家に近づくと、なんとびっくり、からっぽのかごがみかんで満杯になります。さて、どうして、こんなにいいことがおこったか、見たことない人はどうぞ、読んでみてね。
 うしろの見開き(?もっと別の名前があるのかもしれない)には、くだもの持って行った動物たちが一列に並んでます。
 
 読み終わると、幸せになる本ですねえ。

ふたりのあさごはん   出演 けんいち  みけや
      
 けんいちが朝ごはんにいろんなものを食べてます。おいしそうなたまごや、イチゴ。その横でみけやくんは、いつもいつも、おかかごはんを食べます。おかかごはん、おいしそうだなあ。けんいちが寝坊したときは、みけやは、おかかごはんをあげました。二人で釣りをしたときは…

 けんいちと、みけや。とっても仲良しですね!

ありとすいか
       
 ビッグブックです。大きいです。ただでさえ大きなすいかは、ビッグ!
 ありが、すいかを見つけました。運ぼう、としても無理。じゃあ、仲間を呼んでこよう。みんなで運んでも…やっぱり無理!
 じゃあ、小さくして運ぼう。なんて賢いアリさんたち。
 
 でも、巣はたちまちすいかだらけ。じゃあ、残りは…食べちゃえ!当然当然。
 で、のこった大きな皮も、ありたちは、すごいことに使います。それは…
 
 すいかの季節ですねえ。そして、アリの季節。どこにでもいるアリ君たちも、大きなスイカを前に、とても働き者でけなげです。
 ものすごく 夏!!って感じのビッグブックです。

ふたりはふたご
   
 じごくのそうべい他で、大胆かつ抱腹絶倒の絵本をつくるたじまゆきひこさんと、はたけうたなど、個性豊かな絵本をつくる田島せいぞうさんは、ほんとに、双子の兄弟です。
 実際、お二人は、二人でたくさんの時間をすごして大人になったみたいですね。

 この絵本は、そんな、仲良しで、けんかばかりの二人のある日の物語。
 自分の子どもの頃が、ふと懐かしくなりました。

ターちゃんとペリカン
      
 海辺に住むターちゃんは、ある日、一人で釣りに行きます。新しい長靴はいて、おお張り切り。
 なかよしのペリカンに会って、釣りを始めます。

 邪魔になる長靴は海辺においておきました。ところがだんだん潮が満ちて…
 大事な長靴が海に沈んでしまいました。

 それを助けたのは、意外にも…
 
 ラストに、ちゃんと家について、お父さんお母さんと食卓をかこんでうれしそうなターちゃん。
 くまのコールテンくん、くまのビーディーくん、など、読み手が心からほっとする物語をたくさん作った、フリーマン。このターちゃんも、結末のページが一番好きかも。安心絵本の作り手として、フリーマンはほんとに名手ですね。

頭の柿の木
     
 これは、ほんとに奇妙キテレツ。あるおじいさんが柿のタネをひろって、植える土地もないからと、頭の上に植えました。そしたら、頭に柿の木が生えて、そこに柿の実がたわわになって、食べてみたらめちゃくちゃ、甘かった…
 そこで、みんなに売ってお金儲けしたら、柿売りたちがおこって柿の木を切り倒してしまいました。

 ところが、その根っこに、きのこが生えてきます。きのこって秋のものかと思ってたら、春、夏、秋、冬それぞれにおいしいきのこがあるんだそうで。で、そのきのこを売ったらまた大もうけ。でも、きのこ売りたちが怒って、根っこを掘ってしまいました。

 するとそこに穴ができて、大雨ふったら、水がたまります。
 そこに、鮭、マス、いろんな魚がやってきて、それを売って、おじいさん、今度こそ幸せに、裕福にくらしたということです。

 頭に水がたまってて、どうやって寝るんだろう…いや、それ以前に疑問百出ですけど、なあんとなく、納得してしまうのが、昔話のすごいところ。おじいさん、いろいろ大変だったけど、よかったね。

おまけ…          

 日本中、ところどころ大雨の影響で土砂崩れや洪水があるようですが…
 まちの駅でも大洪水が発生しました。

 ところは、たまるまち、場所は手提げ袋。
 氾濫した川は、お茶入りボトル川。

 かわいいキャラのボトルにはいってた緑茶が、たまる地方の手提げ町にめいっぱい氾濫しました。
 そこで被害にあったのは、けいたい夫婦。ふたりとも、水につかっているところを発見され、すぐに手当をうけましたが…
 D氏はどうやらもちなおしましたが、S子夫人は、未だ、意識が戻らないようです。

 たいへんだあ。

 ということで、たまるおねえさんの片方のケータイ使えません。
 緊急に御用の方は、D氏の方に切り替えてくださいませ。
 では、みなさま、8月は夏休みだし、普段お会いできないお友達にも会えるかなあと楽しみにしております。

 8月のたまるんは、21日土曜日11時からの予定です。では、みなさん、よい夏休みを!

      

あったまるん6月 

June 25 [Fri], 2010, 22:38

 あったまるんのおはなし会 6月
 
               
 
 6月の19日、たまるおねえさんのおはなし会がまちの駅で行われました。
 もう4回目になりますね。
 

 あまりにお天気がよすぎて、遠出したお友達も多かったのか、こみっとしたお話会でした。
 でも、あんまり大ホールでやるような催しではありませんから、一人一人がたまるおねえさんとつながれるおはなし会、とても楽しかったですよ。


 でも、たくさんの人がいても、たまるおねえさんは、みんなお一人お一人を大切におはなしでおもてなしくださるので、もっともっとたくさんお客さんがいらしても、全然大丈夫。
 7月、たくさんのお客様のおいでをお待ちしてますよ。


 さて、6月のおはなし会報告です。

プログラム

詩  あいさつ
絵本 ぴょーん
組み木 ぞうくんのさんぽ
絵本  ぞうくんのおおかぜさんぽ
絵本  きゃべつくん
秋田のおはなし  かえる女房


         

あいさつは、工藤直子さんの「のはらうた」から、みどりいろもりりしい「へびいちのすけ」くんが、しっぽに元気にご挨拶。
「元気!ぴんぴん!」
て言いながら、へびくんのしっぽが、すりすりすりって草むらに消えていくのがかわいかった。
ちなみに、くさむらは、たまるおねえさんの作品。うらから見ると、割り箸が3本。

                    

大型絵本のぴょーん、は、児童文学評論家赤木かんjこさんが、自らポプラ社に「つくって」と言っただけのことはある、大きくなって一層キュートになった大型絵本です。最後まで読んでると、つい、大人でも、ぴょーんって飛びたくなりますね。
たしか、おととし、私もマザーズタッチ文庫に紹介して、さきがけ新聞に絵本の記事を書きました。
その時と、同じ質問。
「ぴょーん」で一番最後に飛んだのはだあれ?

                      

組み木のぞうくんのさんぽ、は、芸、の域に達してる感じがありますね。
ぞうくん、うんうん、重いぞ、といいながら、みんなをがんばって運んでます。
かめくんは、ちっともぞうくんに上れません。のぼったと思ったら、すべってます。おいおい。

それから、おまけで「ぞうくんのおおかぜさんぽ」
これは絵本でやりましたが、たまるおねえさんは練習して、次回は組み木でやってくれるそうですよ。
ぞうくんが、かばくんやわにくんを押すところなんて、組み木の方がすごくはらはらしそうですよね。

                    

きゃべつくん、これは、前にいた男の子が「知ってる」ととても楽しみにしてました。
なんともとぼけた話です。
きゃべつくんの「こうなる!」という自信に満ちた答え、ほんとに、びっくりですよね。
まあ、ほんとに「こうなる」のは難しいんじゃないか、と思うのもいっぱいありますけど。

え?どんな風になるかって?それは図書館で見てください。
ちょっとぞうなんて、びっくりするようなきゃべつぞう、になってますから。

          

さて、ラストの「かえる女房」ですが、秋田のおはなしだそうです。
ちょっとくわず女房に似てるけど、あれはやまんばに食われそうになって、男もかわいそう、な気がするけど、かえる女房はかえるがかわいそう。せっかく一生懸命働いて、いいお嫁さんになったのに、里帰りした先が池の底で、相手がかえるだと知った男に石投げ込まれて怪我するんだよ。
里帰りじゃまするなんて、だんなとして、どうよ!と、大昔のことに、腹をたてるとぴぱらでした。


                    

よく晴れた日で、晴れすぎたのか、全体に駅前が静かな感じでしたが、6組の親子連れと、大人の方とで、楽しい雰囲気で、いいおはなし会でした。

来月は、7月17日、皆様のお越しを心からお待ちしております。


おまけ

 今日はなんのお手伝いかな、と思ってたら、へびいちのすけくんの草むらももう、完成し、万全の体制でたまるおねえさんがまってました。
 で、自信満々で「今回はおまけになるようなネタ、ないでしょ?」

 ちょっと油断してたなあ。まさか対策してくると思わなかった。今回、ええ、たまるおねえさん、完璧でしたとも。
 でもね、次回は…
 たまるおねえさんは、一週間、修行の旅をされます。
 児童図書館員としての、資質向上のため、うんとこさ宿題をかかえ、うんとこさ勉強してくることになりました。
 ずうっと宿題宿題…と呪文のように繰り返していましたが、おはなし会の日はそれも一段落して晴れ晴れと。
 それで調子よかったのかな。

 でも、来月は、その修行が終わってしばらくするとはいえ、毎日毎日くたくたにお勉強したあと。きっと、おまけのタネをたくさんたくさん蒔いてくれるんじゃないかなあ。

 まず、おまけを楽しみにしてくださってるみなさん、来月をお待ちくださいませ。

 ちなみに、秋田でおはなし、児童文学のお勉強をしたい人のために、豆情報!

 6月26日、27日  秋田市河辺図書館に瀬田貞二さんの編集者だった荒木田隆子さんの講演会
 7月25日      秋田市明徳館で「精霊の守人」シリーズ作者 上橋菜穂子さんの講演会

 詳細は図書館にお問い合わせください。こんなに児童文学関係の講演が秋田であるのは珍しいかも!

とぴぱらの森のおはなし会報告 

May 30 [Sun], 2010, 12:22

森のおはなし会(ただしおうちの中で)

ご無沙汰しております。
こないだ、あったまるんのお話会に出られなかったので、記事かいてなかったら、一ヶ月たったそうで、トップ記事が広告にのっとられてました!

まず、たまるんは来月また、ということで、今しばらく、とぴぱらのおはなし会報告で。

5月28日に雄和のプラザクリプトンの森で、森のようちえんのみなさまとお散歩しました。
いつもなら、森の中でおはなし会なんですが、あまり珍しくもないことですが、雨、だったので、おうちの中でになりました。

外だと絵本は小さくて使えないのですけど、中ですので、いくつか絵本も混ぜて、やってみました。

森(おへや)のおはなし会
                    

プログラム

 おてぶし(手遊び)
 たんぽぽ(手遊び)
 あんたがたどこさ(手遊び)

 おはなし  ヤギのライオン(トリニダードトバゴの昔話)

 トマトさん(絵本)
 まるまる(絵本)

 たまごをぽん(手遊び)
 あ〜らってあらって(わらべうた)


      
おてぶし
 おてぶしてぶし  てぶしのなかには へびのなまやけ かえるのさしみ
 いっちょうばこやるから まるめておくれ  いーや!


 森でひろった石をつかって、やってみました。
 蛇の死がいを見たあとだけに、「へびのなまやけ、かえるのさしみ」のところ、妙に神妙なお顔できいてる子がたくさん。
 やっぱり、実感、って大事。

     
たんぽぽ
 たん ぽぽ たん ぽぽ たんたんたん
 ぽぽ たん ぽぽ たん ぽっぽっぽ
 咲いたかな? ふうーーっ


 お手手とほっぺで遊びます。一人でやっても、お子さんと二人でやっても、楽しいです。
 ラスト、ふうってお子さんのお顔に風を送ってあげると、みなさん、笑顔です。

            
おはなし  ヤギとライオン
 
 こんなにちいさいと、意味わからないかなあ、と思いつつ、結構笑っててきいてるので、きっとわかってくれたんだと思います。
 ヤギがライオンの家に招かれて、自分がライオンのおいしいお肉なんだ!とわかるところが一番のサスペンスなんですけど、前に幼稚園で「おいしいお肉ってなんのことかわかりますか?」ってせりふに大きな声で「わかんない、ぼくんち、ホルモンばっかだもん」と元気に応えてくれたお子さんがいましたっけ…

 お子さんたちは、自分でしゃべれなくても、相手の言ってることは、よくわかるので、こちらが思ってるより、ずっといろんなこと知ってるんだと思います。
 そう、私も秋田弁は全然はなせないけど、聞くのは、結構わかる。
 言葉ってみんなそうだよね。

トマトさん  田中清代さく 福音館書店   
ぷらぷら  ももさく     岩崎書店


 夏らしい本、と思ったけど、寒いくらいの気候で、ちょっと先のお楽しみって感じだったかな。

             
たまごをぽん
 
 たまごをぽんっとわりまして 
          そのままのんだら なまたまご
 たまごをぽんっ もひとつぽんっとわりまして
          じゅうじゅう焼いたらめだまやき
 たまごをぽんっ もひとつぽんっ 
 もひとつぽんっとわりまして
          くるくるまいたらたまごやき
 たまごを× もひとつ× もひとつ×
 もひとつ× とわらないで
          おなべでぐらぐらゆでたまご
 たまごをぽん、もひとつぽん もひとつぽん
 もひとつぽん もひとつぽんとわりまして
          まあるい大きなホットケーキ
         ふんわりふわふわホットケーキ

         
あらってあらって
 
 あ〜らってあっらって くるりとせ
 ゆ〜すいでゆすいで くるりとせ
 し〜ぼってしぼって  くるりとせ
 ほ〜してほして    くるりとせ
 た〜たんでたたんで くるりとせ
 たんすにしまって   ぎゅう!


あらってあらって、は、立って動くので、雨の日、家の中でも遊べます。
干すとこで、お子さんを、抱き上げるので、結構ママの運動にもいいかも。

           

こんなのをいっしょにやってもらいました。
6月は、お外でやれるかなあ。
だれか、いっぱいてるてる坊主つくってください。
とぴぱらは、小さい頃から、てるてる坊主作ると雨が降るので、「ふりふり坊主」っていわれてました。
  

お知らせ 

April 21 [Wed], 2010, 10:24
 
 告 知      おはなし会

  これからの、たまるおねえさんのおはなし会とついでに、とぴぱらのおはなし会のお知らせです。

  4月26日(月)  むかしむかしの会 春の巻
             アトリオン7階 ハーモニープラザ研修室
             10時30分から12時
 

  プログラム    雄大な計画(星新一作品より)
             タニシ長者(日本の昔話)
             与次郎稲荷(秋田の伝説)
             五月の夜(リンドグレーン作)
  
               
   
   とぴぱらの所属してるすばなしのグループ「おはなしの扉」の春のおはなし会です。
   去年、童話屋の田中社長の絵本講座をやった子どもサロンの一つ上の階です。
   参加無料、事前申し込み不要です。どなたでも遊びにきてください。

  5月15日(土)  第4回 心がほっこりなごむおはなしの会 
             たまるおねえさんのおはなし会
      
             まちの駅あきた
             11時から11時30分
 

            
    たまるおねえさんのお話会です。まちの駅あきた、一回あそびにきてくださいね。
    お茶も飲めるし、いいところですよ。

  5月20日(木)  アトリオン子どもサロンのおはなし会
             10時30分から
 
 
            とぴぱらが、アトリオン子どもサロンで、赤ちゃんとおかあさんに絵本やおはなしをします。
            手遊びやわらべうたも、ちょっとやろうと思ってます。みなさん、是非どうぞ。

  秋田近代美術館のおはなし会
             毎週土曜日に、たまるおねえさんのおはなし会があります。
             まちの駅あきたでやる日以外はそちらになるみたいです。
             また日時確認してお伝えしますね


  春になると、あちこちイベントも行われるみたい。どうぞ、お花見かたがた、みなさんお外にでてみましょうね。
                  

  

第3回 たまるさんのおはなし会 

April 21 [Wed], 2010, 9:25
 第3回 心がほっこりなごむおはなしの会

           
 お待たせしました。
 たまるさんのおはなし会のご報告です。

 毎月第3土曜日に、イトーヨーカドー7階のまちの駅で、たまるさんのおはなし会が行われています。

 みなさんが、無料でお茶を飲める場所の端っこに、舞台をしつらえて、とてもかわいいおはなし会です。
 そう、大きさとしては、ほんとに、ヨーカドー子ども図書館でやってたくらいのスペースという感じです。

 毎月の恒例になりそうですので、みなさん、是非一回、遊びにきてくださいね。


 内緒ですが、毎回、ヨーカドーからおみやげが付くんですよ。お弁当箱とか、おもちゃのバケツとか。

 それに、まちの駅のスタッフのお姉さんの超芸術的な折り紙のプレゼントもあります。


 さて、お話会のご報告。

          

 心がほっこりなごむ おはなしの会
  イトーヨーカドー7階 まちの駅あきた
  11時から11時半


 こと 

  たまるおねえさんのおはなし会

 プログラム
「なのはなとちょう」 まどみちお作
「とぶ」         谷川俊太郎作 和田誠絵  福音館書店 
「密林一きれいなひょうの話」 工藤直子作 
「やまんばと子スズメ」


            

「なのはなとちょう」  

 なのはなと、ちょう、はとってもやさしい詩でした。
 たまるおねえさん作のチョウチョが、私もてつだった菜の花畑を飛び回るのが、なかなかすてき。

 あ、寄り道ですが「蝶々」の歌で「なのはにとまれ」という歌詞がありますが、あれは、「はな」ではなくてあくまでも「は」なんだそうです。チョウチョは、蜜を吸うためじゃなくて、産卵のために、はっぱにとまるんだそうです。豆知識でした。

 「とぶ」 
 
 とぶ夢、見る人は多いみたいですね。だけど、ほんとに飛んだら?
 道具もたけこぷたーさえも使わず、飛んでます。
 すごいすごい。ほんとに、そうだろうなあ、と思う展開と、絵がまた、リアルな感じで、実際飛んでる気分を十分味わいました。

「密林一きれいなひょうの話」  

 工藤直子さんの、どうにもとぼけた筋と、また、緊張感のない、ジャングルの仲間たちの会話が絶妙。
 大事なものだから、あげない!というわりには、すぐあきらめて「あーあ、ぼくのはんてん、○個になっちゃった」となげくひょう。
 ひょうが自分の体にいるのは幸せじゃなかったかもしれない、と気づいて、ちょっと泣きそうになる顔が好きです。
 いいひょうですよね。はんてん達ったら、ひょうをみる目がないんだから…

「やまんばと子スズメ」 

 どっかできいたような話がでてくるのが、日本昔話のいいところ。
 かにむかし、の展開にすごく似てますが、子スズメの見方をして、いろんな仲間があつまって、最後にはやまんばに、悪いことはしない、と約束させるところが、かにむかしより、やさしいかも。
 

 たまるおねえさんの秋田弁は、やわらかくて、リズムがあって、歌ってるみたいに、耳に快く響きます。
 ヨーカドー時代は、ほとんど、秋田弁のお話してないみたいですが、やっぱり、方言使える人って、うらやましいなあ。
 ゆったりしたお話会に、よりゆったりした流れが加わったみたいで、すごく心がのびのびします。これからも、もっと聞きたいです。

来月も第三土曜日、午前11時から、おはなし会です。
どうぞ、遊びにきてくださいね。


こないだは、まだ外は冬景色、といってもいいくらい、曇り空で暗かったですが、次回はきっと、あかるい陽射しがさんさんと降り注ぐことでしょう。みなさまとお会いできたら、うれしいです。
 では、また次回を楽しみに。

おまけ…
 その日、いつもより遅く到着してあせった私は、したでビラまきしてた、まちの駅のKさんのお手伝いもせず、とりあえず、7階へ駆け上がりました。
 すると…

 そこには、たまるおねえさんが、なにやらこしらえてる真っ最中。
 何やってるのかな?

「実はですね。きのう、D店にいって、菜の花買ったんですよ。」
はいはい、今度は菜の花ね。3月は、たんぽぽ探して、始まる前にいなかったよね。
「のこってた5本を全部買い占めて、やった、と思って帰ったんです」
そりゃよかったね。

「そして、さあ、明日の準備しよう、と思ったら、ないんです、菜の花が」
え?買ったんでしょ?
「包みごと、お店に忘れたかなと思って、いったんですよ、Dまで。」
ちょっとまって。それって、何時?
「夜中、12時近くに」
おいおい、危ないではありませんか。
「でもなかったんです」
うーん、電話できけば…
「で、今、チョウチョ作ってて。」
お手伝いしましょうか?
「あ、じゃあ、菜の花作ってくれますか?」

というわけで、私も菜の花作りに参加。っても、あと5分でおはなし会だよ。
なんか、デジャブというか、いつかもこんなことがあったような…
というか、毎回、こんなことがあるような。

でも、菜の花って意外と簡単。無事、始まりには、菜の花畑ができてましたよ。

                      

こころがほっこりなごむ おはなしの会 第二弾 

March 21 [Sun], 2010, 15:53
たまるおねえさんのおはなし会 まちの駅編第二弾
たまるおねえさんのおはなし会が、先月に引き続きまして、ヨーカドー7階の「まちの駅」で開催されました。

                    
「心がほっこりなごむ おはなしの会」
3月20日 (土)11時から

プログラム
 1、お知らせ(のはらうた 工藤直子作 より)
 2、ぼくにげちゃうよ (マーガレット・ワイズ・ブラウン作)
 3、こすずめのぼうけん(ルース・エインズワース作)
 4、ぼくはあるいた まっすぐまっすぐ(マーガレット・ワイズ・ブラウン作 林明子絵)
 5、秋田の昔っこ つぶひめこ
 


                    

先月に引き続いて、おはなし会です。

 さて、今回は、たあいへんなことが…
 同じ階には、イベント広場やカルチャーセンターが入り、前回も、八郎のバックに楽しいピアノの伴奏が入ったりして大変だったのですけれど、今回は、もっともっとたあいへん。

 小学生が、何百人も列をなして押しかけたのです。
 残念ながら、おはなし会、のほうじゃなくて、横の「サン宝石」というイベントに。

 なんでも、かわいいデコグッズやスイーツのパーツやシュシュなんかを大量に販売してて(ここまでで、カタカナの言語の意味がわかんなかった人、今月のセブンティーンかピチレかってみてください。時代はどんどん進んでる…らしい)、それを買いにくる人があとからあとから…駐車場もいつになくいっぱいだという話でした。

 かわいい小学生が手持ち無沙汰なので、いっぱいチラシ渡すのですが、「今、並んでますから」って親御さんが断ってくるケースが多いです。そうねえ、デコパーツ好きな子と、本の好きな子ってちょっとタイプが違うかもねえ。

 でも、何人か、ピンクの袋(サン宝石のらしい)を持った子も、ちょっと立ち寄ってくれたりして、お客さんは前回くらい集まってます。
 たまるおねえさんがんばれ!

1、おしらせ  出演 ふたごのウサギさん       
  
 ふたごのウサギさんが、春のおしらせを、ふわふわとささやいてくれました。ほんと、もうすぐ春だなあ。

2、ぼくにげちゃうよ  出演 うさぎの坊やとそのママ 
 
 指人形のうさぎさん親子が出てきて、子ウサギが逃げちゃおう、というと、ママはかならず、そばまでいきますよ、と応えます。子ウサギが小鳥になるなら、ままは木になるし、子ウサギが岩になるなら、ママは登山家に。結局、子ウサギは今のまんまで満足満足。

3、こすずめのぼうけん  大型絵本      

  春に逃げ出すのは、ウサギさんだけではないようです。跳び方を覚えたばかりの子スズメも、どんどん先へと飛んでいってしまって…

4、ぼくはあるいた まっすぐまっすぐ  絵本  
  
おばあちゃんから、一人で遊びにおいで、といわれたぼくは、まっすぐだから、という言葉通り、川があろうと、小屋があろうと、とにかくまっすぐまっすぐ歩いていくと…

5、つぶひめこ  出演 たまるおねえさん  
  
  珍しく、秋田の昔っこです。私もたまるおねえさんの昔っこを聞くのは初めてかも。
  おばあさんのなんと、指から生まれたツブの姫っこ。塩を買いに行って、さて、荷物をどうやって持っていこう、と思っていると、若者がもってやる、と親切に申し出ます。ところが、この若者、実は思うことがあって、ツブ姫っこを亡き者にしようと…若者がじゃっと足をあげてツブを踏み潰そうとしたとたん…危うしツブ、しかし、このツブは負けてなかった!

          
 

 たまるおねえさんの昔っこ語り、これは、珍しい。おねえさんも、小さい子にはあんまりしなかった、そうですが、このおはなしの会は、大人の聞き手の方もおいでのことから、秋田弁のお話もプログラム入りしたそうです。

 前半、はつらつとした小さいウサギやスズメもよかったし、絵本もとてもおもしろかったです。この子、絶対、まっすぐに歩いてない、というのが、聞き手の一致した意見でした。行ってみたいものに向かって、まっすぐ歩いてるだけじゃないかと。ほんとは、川をわったったり、森をぬけたりしなくても、よかったんじゃないかなあ。
 
 というわけで、とても楽しいおはなしの会です。みなさま、来月も第3土曜日にやると思いますので、どうぞおいでください。
 まちの駅あきたは、いつでも、椅子でくつろげるし、お茶も用意されてます。まだ行ったことない、という方、是非遊びに来てください。

おまけ…
 たまるおねえさんは、寒いのが苦手で、おはなし会の間寒くなってしまうと困るとおもって、大きなカイロを背中に貼ってました。
 それをすっかり忘れて、おはなし終わってから、なんか喉がかわいたなと思って、つめたーい、フラペチーノを飲みました。
 それから、お昼を食べることになって、稲庭うどんのお店に行ったとき、稲庭うどんは、冷たいのが本物、という意地で、また冷たいうどんを食べました。
 そしたらそしたら、すごく寒くなって、でも、カイロの周りだけはすごく熱くて、とても困ったそうです。

 冷たい飲み物と冷たい麺が食べたかったのは、ホカロンのせいだったのね…
 

                      

こころがほっこりなごむおはなしの会 

February 21 [Sun], 2010, 20:18

たまるおねえさんのおはなし会だより
正式名称は…

心がほっこりなごむおはなしの会

                    

   とき 2月20日(土)11時から11時30分
   
   ところ まちの駅あきた(イトーヨーカドー7階)

ということで、本日、おはなし会がありました。
告知らしい告知ができなかったので、どのくらい集まってくれるかやや不安。

そこで旧応援団メンバーに声をかけて、お手伝いを募ります。
あと、みなさんのブログ等でも宣伝をお願い。

さて、当日、たまるおねえさんはたんぽぽ摘みに行ってしまいました。
そこで、とぴぱらと、Nさんでヨーカドーの入り口でチラシを配ります。

お子様連れだけでなく、なんとなく、ゆったりと時間に余裕のありそうな大人の方にも、お誘いをしてみます。
入り口の寒い椅子のあるところにおいでの方たちも、まちの駅なら暖かいですし、お茶も飲めます、とご案内。

児童会館でよく見る親子さんや、うれしそうに走ってくるお子さんたちに、チラシを配りました。
それにしても、子連れが少ない…ような気がします。やっぱり、駅前には子連れで来にくいものがあるのかしら。

チラシをもらったお子さんの中には、行って見たい、と親御さんに言ってくれる方もいて、何人かは会場にお運びいただきました。

さて、今日のプログラムです。

詩 くまさん
絵本 ランドセルがやってきた
歌 ころころたまご
大型絵本 ゆうたとともだち
絵本 八郎


くまさんが、自分は誰か一生懸命考えてます。そうか、ここでたんぽぽ、咲いてるんだ。それでたまるおねえさんは、摘みに行ったのか。
ランドセルは、もうすぐ一年生のお友達も、もう1年生のお友達も、ずうっと昔1年生のお友達(私も!)もみんな楽しく聞きました。
ころころたまご、はなかなかたまごって気づかない形でしたが、始まると、アラ不思議。たまごがひよこ、ひよこはニワトリ、そして、ニワトリがなんと!
大型絵本は、ゆうたくんといぬ。「おまえすぐ聞く、おれ、考える」なんて言われてしまうと、人間って犬に比べると頼りないよね、なんてひそかに反省。
八郎は、秋田のお話です。結構長いですが、これが好き、というお友達、いましたよ。

すごく楽しいおはなし会でした。
すぐ隣が、カルチャーセンターなので、途中から元気な「ぶんぶんぶんハチがとぶ」が、なんと八郎のバックグランドミュージックで聞こえてきたのは、ちょっとびっくりですが、かえっておもしろかったかもしれませんよ。他では、めったにない組み合わせですよね。八郎とハチ。

来月も、また第3土曜日に、たまるおねえさんのおはなし会が同じ場所であります。
今月これなかった方、どうぞ来月お待ちしますね。
たまるおねえさんの、えり抜きの絵本、そして、かわいい歌や詩、ほんとに楽しいですよ。


では、来月もお会いできたらうれしいです。

                     


おまけ…

 たまるおねえさんの特技。あの、メダルを期待されて、だめだった競技です。マイボード持ってるそうですよ。もっとも、あのハーフパイプとかをやってたのではなく、ゲレンデですべるほうだったそうですが。今一番ほしいのは、ショーン・ホワイトのDVDだって。ちょっと意外…
最新コメント
アイコン画像おはなしのとぴぱら
» もう一つの絵本の時間 ペーパーさん (2013年07月16日)
アイコン画像
» もう一つの絵本の時間 ペーパーさん (2013年07月15日)
アイコン画像おはなしのとぴぱら
» もう一つの絵本の時間 ペーパーさん (2013年07月12日)
アイコン画像
» もう一つの絵本の時間 ペーパーさん (2013年07月07日)
アイコン画像おはなしのとぴぱら
» 9月のあったまるん (2010年10月11日)
アイコン画像いづばさみ
» 9月のあったまるん (2010年10月06日)
アイコン画像おはなしのとぴぱら
» あったまるん7月 (2010年07月22日)
アイコン画像いづばさみ
» あったまるん7月 (2010年07月22日)
アイコン画像おはなしのとぴぱら
» あったまるん6月 (2010年07月05日)
アイコン画像いづばさみ
» あったまるん6月 (2010年07月04日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:      祥 −sachi−
読者になる
28年間 親子連れに親しまれてきたイトーヨーカドー子ども図書館が2008年10月26日に 閉館しました。

2009年4月23日 秋田県立図書館にイトーヨーカドー子ども図書館の蔵書が寄贈されました!

司書さんも県立図書館の職員となり、イトーヨーカドーの子ども図書館の機能の一部はこれからも続いていきます。

このブログは、「祥」と「おはなしのとぴぱら」の共同管理ブログです。
2011年01月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
メールフォーム

TITLE


MESSAGE