バルサミコ酢

August 02 [Fri], 2013, 23:17
"バルサミコ酢のつくられ方と選択

after
気商品のある甘い味を持つバルサミコ・トラディツィオナーレ

食の都としてカリスマなエミリア・ロマーニャ州のモデナと言う立地でつくられるバルサミコ酢こそけれど、イギリスの厳しい食の法律DOPに定められたバルサミコ酢でございました。
バルサミコ酢は、普通的にはブドウが原料のお酢で、熟成させるということに目安が有ります。ぶどうを圧搾したての頃は、大樽でしょうけれど、徐々に濃縮されてくるので、あのボリュームも少なくなり、小樽に移されるようになることでしょう。あれはバルサミコ酢によってでしょうけれど、最悪12年の熟成を経たものがいわゆる「レトロなバルサミコ酢」としてDOP認証される。
特定保健用食品が人気のワケ


でもスーパー等の売り場所で見かけるバルサミコ酢。近頃は5種類以上もおいてあるところが有ります。こちらでバルサミコ酢の選択をご披露していきます。
まさしくのバルサミコ酢は、前述した通り、ブドウのみを熟成させてつくられるものでしょうから、原料は「ぶどう」のみの表記となる。とはいえながら、バルサミコ酢風味調味料となりますと、熟成期間は短く、さりとてその独特な甘い味や色をつける為に「カラメル色素」が入っています。でしょうので、本物のDOP特許されたバルサミコ酢が欲しい事態は、こういう「カラメル色素」の入って居ない、純粋にぶいかがでつくられていますものを選定するようにしていきます。

かといってこういうカラメル色素が入っていますものが劣悪商品と言うわけではない。価額帯を言い分るのならば、トラディツィオナーレのものは少なくとも100ccで約6000円位が相場所でしょうから、手軽にドレッシング等に使いたいといったことは結構難しいと思いる。そういった時は、カラメル色素が入っていても十分にあの酸味を楽しんでいただくということが出来るのでございました。
それに、小鍋で半ボリュームにまで煮詰めれば、トラディツィオナーレに近い甘さと風味を出すということが出来るので、手間を加えれば安いバルサミコ酢でも十分においしくいただけるのでございました。

日本の「食事酒」や「みりん」も、裏ラベルを見ると純粋に酒と言うわけではなかったり、みりん風調味料だったりとしているわけで、これと同じと感じていただいてもいいのかもしれないですね。 "
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:さち
読者になる
2013年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/9zebk472/index1_0.rdf