スクランブル交差点の経済学

August 08 [Thu], 2013, 14:20
巷で言う「失われた10年」とは本来、その国であったりどこかの地域における経済が実に約10年以上の長きにわたる不況と経済停滞にぼろぼろにされた10年のことを指す語である。
ということは「重大な違反」なのかそうならないのかは、監督官庁である金融庁が判断を下すことであり、大方のケースでは、細かな違反がたぶんにあり、そのあおりで、「重大な違反」評価をされてしまう。
FX⇒要は外国の通貨を売買して証拠金の何倍もの利益を出す取引である。FXは外貨預金や外貨MMFよりも利回りが良く、また手数料等も安いというのがポイントである。はじめたい人は証券会社やFX会社を選ぶことからスタートしよう。
であるから「金融仲介機能」に加えて「信用創造機能」と「決済機能」、この3つの機能を銀行の3大機能と言い、これらは「預金」「融資」「為替」といった業務それに銀行自身が持つ信用力によってはじめて実現できていることを知っておいていただきたい。
西暦2000年7月、大蔵省(現在の財務省)より検査・監督に加えて金融制度の企画立案事務を移管させて1998年に発足した金融監督庁を新組織である金融庁に改編。翌年の平成13年1月、省庁再編に伴い金融再生委員会を廃止し、金融庁は内閣府直属の外局となったのです。
きちんと知っておきたい用語。ペイオフの意味は突然の金融機関の経営破綻が原因の倒産が起きた場合に、預金保険法で保護するべき預金者(自然人又は法人並びに権利能力なき社団・財団)の預金債権)について、預金保険機構が保険給付として預金者に直接支払を行う制度を指します。
知ってますか?外貨両替の内容⇒国外旅行であったり手元に外貨をおく必要がある際に利用する。ここ数年、日本円に不安を感じているのか、現金で外貨を保有する動きもある。手数料はFX会社と銀行で大きく異なるので気をつけよう。
知らないわけにはいかない、ペイオフってどういうこと?防ぐことができなかった金融機関の経営の破綻のとき、預金保険法に基づき保護の対象となった個人(貧乏日記)や法人等、預金者の預金債権(預金保険法の用語)につき、預金保険機構が法に基づく給付として預金者に直接支払を行う事である。
「はやぶさ」の帰還が話題になった2010年9月11日、日本振興銀行が前触れもなく破綻するのである。この件で、はじめてペイオフが発動した。これにより、日本振興銀行の全預金者の3%程度とはいえ数千人が、初適用の対象になったと想像される。
FX(外国為替証拠金取引)とは、証拠金をもとに外国の通貨を売買することで証拠金の何倍もの利益を出す取引のことである。外貨預金や外貨MMFなどと比較して利回りが高く、さらに手数料等も安いという特徴がある。はじめたいときは証券会社やFX会社へ。
平成10年12月に、当時の総理府の内部部局ではなく外局として大臣を長と定める新しい組織である金融再生委員会を設置し、現在の金融庁の前身である金融監督庁は平成13年1月に金融再生委員会が廃止されるまで、その管轄下に3年弱配されたのだ。
よく聞く「失われた10年」という言葉は本来、一つの国全体、もしくはどこかの地域における経済が10年以上の長い期間に及ぶ不況や停滞にぼろぼろにされた時代を語るときに使う言い回しである。
格付け(信用格付け)のすばらしい点は、難しい財務資料を読む時間が無くても格付けによって金融機関の経営の健全性が判断できるところにあります。ランキング表で2つ以上の金融機関同の健全性を比較することまで可能です。
15年近く昔の平成10年6月、大蔵省(現財務省)銀行局や証券局等が所掌していた事務のうち、民間金融機関等の検査・監督事務を分離することで、当時の総理府の新外局として金融監督庁(現金融庁)が設置されたのです。
一般的に自社株を公開している上場企業の場合であれば、事業運営のためには資金調達が必要なので、株式に加えて合わせて社債も発行するのが普通になっている。株式と社債の違いは、返済義務があるかないかなのである。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:TODAY's B
読者になる
2013年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/9jikara12ji/index1_0.rdf