聖ブリギッド

June 10 [Wed], 2015, 11:00

ある伝説によると、キリスト教がアイルランドに入る以前から、今に至るまで、インボルクには、ブリギッドのベッド作りが続けられている。家庭や町村の、若くて未婚の少女や女性が、ブリギッドを表す人形(ブリデオグBrideog、小さなブリギッドもしくは若いブリギッドの意味)をトウモロコシで作り、リボンや、ぴかぴかした石や貝で飾る。その人形を、聖ブリギッドの日の前夜(1月31日)にそのベッドに寝かせる。ベッドは暖炉のそばに置かれ、牛乳やバターやバノックが供えられる。

インボルクの前夜、ブリギッドは地上を歩くと言う,ヴィクトリア。寝る前に、家族はそれぞれ服を一点か、細長い布切れを外にささげて置く。家長は、暖炉の火をかき消し、灰を平らにならしておく。朝になって、灰の表面に何かの跡が付いていたら、ブリジッドが夜の間、または朝にそこを通ったしるしといわれる。服や布切れは家の中にしまわれる、癒しまたは保護の力が与えられていると信じられる。

インボルク当日、少女たちは「ブリデオグ」を持って、町や隣近所を家から家へとめぐり歩く。この聖人と女神が合体した人形は、大きな敬意を以て迎えられる。大人の女性(結婚していて家庭を持っている女性)は家にいて、ブリデオグがやってくるのを迎え、そして恐らくは、硬貨やお菓子を与える。ブリギッドが、一年の半分を占める、光の季節の存在を表すもので、その力が、冬の暗い時期から春へと人々を導くものであるため、この時期の彼女の存在は非常に大事である。ブリデオグはその後1年間、暖炉のそばに置いたり、壁につるしたりして保存される。

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:鈴木
読者になる
2015年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる