ブランドコピー 文芸常識:キリスト教の美術

August 29 [Mon], 2016, 18:41
版画聖堂教会p>と<,IWCスーパーコピー;キリスト教の信仰の内容や信仰生活関?の建築、雕刻や絵.それは、キリスト教のさまざまな流派(カトリック、プロテスタント、正教会といくつかの小教など)によって、或は時代(初期キリスト教、中世初期、ビザンティン、ローマ式、ゴシック式、ルネッサンス、バロック、現代など)や地域(南、北ヨーロッパ、東ヨーロッパ、アメリカ州、アジア)の変化で、明らかな多様性を持って.これらの多様性を生むの中心の問題は:許容出現イコンべきかどうか?許すなら、どう表現するべきですか?キリスト教はユダヤ教の伝統を継承、根本的に否定偶像崇拝.早期の神学者たちコ??良などもこの立場に立って、宗教のような否定.そこで、流行を象徴のイメージ(クロス、ラム、羊飼い)を飾る?所.この否定イコンの観点、東方社会のイコン破壊運動、クルッター-日、西方の西多会(12世紀)、キリスト教諸教会連絡がある、波及今日の抽象芸術家、例えばA.馬に西爾、J.R.巴?.一方、ローマ時代の人本主義もある程度で初期キリスト教美術に(特にイタリア早期の石棺レリーフ、半殿のモザイク画)が、ひいては、許容イコン芸術の観点(は文盲は視覚の教育の役割)普回受け.4世紀の後期、画像芸術て発展していく.教義に宣伝のキリストはが人の神の言っても、キリスト教の画像表現の一つに.しかし、キリストは実写ではなく、神.そこで、各時代や社会の美術課題は:どのように人のイメージを表現する神のイメージ,ルイヴィトンスーパーコピー.ビザンチン教会、カロリング朝とオットー王朝の教会は、宮廷装飾芸術を宗教美術.ローマ式の非現実主義傾向スタイル、ゴシック式の自然主義傾向スタイル、美術宗教化させる.ルネサンスと近代に入った後、宗教的意識が徐々に薄れ、それを追求ギリシャ美術、ローマ美術を手本に美のイメージ.バロック美術しようとする美術に回復する宗教色が、表現に当たるかどうかはこの問題を神聖なもの.近代社会では、アーティスト離脱宗教美術自体を求めるが、20世紀に目を再び現れるアーティストキリスト教美術の現象のようG.-H.ルオー.東方社会は、三次元立体彫刻イコン聖像実体のまで破壊運動後も許されない、イコンだけで絵画(壁画、礼拝的肖像画など、写本)に承認され(会う中世美術).キリスト教の美術の発展に分けることができます早期、盛期(つまり中世)、後期(ルネサンス以後)の3段階.


初期キリスト教画像や教会


キリスト教母体から――ユダヤ教に受けて堅持して一神教と禁止偶像崇拝の戒律、その初期、精神にまさる感性を重視し、言葉よりも視覚直観、教会で成立した当初、反対する一切の宗教に画像を利用して.しかし、西暦200年前の新進、信者間が現れた秘密の宗教の画像を公開、だんだん発展の美術活動,ブランドコピー.この過渡期は早期に基づく>

関連記事: