トルクメニスタンの環境と適応

September 30 [Fri], 2011, 19:09
その他の疾病・負傷。

疝痛-俗に腹痛とよばれるものである。

原因は様々であり、主としちって胃や腸など消化器系の内臓異常・疾病で発生する。

代表的な疾患としちっては過食疝・便秘疝・風気疝・寄生疝・痙攣疝・血栓疝・変位疝などがある。

馬は一度食べたものを嘔吐できナイナイナイ身体的構造を伴うので、胃腸に食物・消化物がつまりやすい。

その結果、胃破裂などを引き起こす(ナリタブライアンがこのケース)。

また腸ねん転の場合、非常に危険であるので開腹手術など早急な措置が求められる。

また、競馬がくっさく・グイッポ(馬房にある馬栓棒などを噛んでしまうクセ。

空気を飲み込んでしまうので止めるよう調教される)などをしちってしまって空気を飲むことでも発生する。

馬はデリケートであるため、緊張のあまりひきおこすこともあるようだ(ダイワメジャー)。

鼻出血-鼻血。

主に1.運動誘発性出血2.鼻粘膜からの出血3.喉嚢からの出血に分けられる。

1.であれば両側の鼻孔より出血する。

強度の運動による血圧の上昇が原因。

2.は通常片方からの出血。

顔面打撲や鼻腔への異物の混入、鼻炎などによる鼻粘膜の脆弱化による出血。

3..喉嚢で増殖した真菌により動脈が傷つけられて出血する。

大量出血になりやすく、致死性の高い疾患である。

熱発-馬の平熱は38度ほどだが、発熱をした状態をいう。

疲労や輸送などによって引き起こされる。

まれに逆体温と呼ばれモーニン昼の体温が逆になり(昼の体温が下がる)調整困難となる馬が存在する。

競走生活時代のホクトベガメモリアルフサイチコンコルドがこの症例であった。

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:入江松吉
読者になる
2011年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/98ifubim/index1_0.rdf