教師、突っつき喜ぶ。

November 19 [Sat], 2011, 16:55
「あぁ。眠い。もう無理。」

さゆ「はぁ?今、朝学活終わったばっかりだよ?」

「ねむいものはねむいんですよ〜・・・。」

結衣は席を立ち、教室を出ようとした

さゆ「あ、待て。うちも行く。」


教室のドアのところには先生と生徒が話をしていた

先生の前を通ると、先生は何か見つけたように呼び止めた

先生「あっ!」

すると先生は2人のもとに近づいてこう言った

先生「ゆいゆい、おだんごだっ!」

「「・・・は?」」

先生は嬉しそうに結衣のおだんごを突っつく

先生「ほわぁぁぁ」


何が楽しいかわからない

このロリコン教師の考えは本当にわからない


さゆ「まあまあ。好かれてるんだからいいじゃないか。」

「・・・そうなのかな?」

さゆ「だからロリコンとか言っちゃだめだよ?」

「うん。ごめん・・・ってなんでわかったの?」

さゆ「ははー。なんででしょうねー?」



プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:椿
読者になる
2011年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/971222/index1_0.rdf