どんな時に”やりがい”を感じるか

August 14 [Wed], 2013, 7:21
エステティシャンの使命は、ずばり「お客さまを綺麗にしているということ」ですね。







一言に「綺麗にしている」といっても、外見ばかりを磨いても真の美しさを手に入れるということは出来ません。







内面からあふれ出すような美しさを表現しているのけど、エステティシャンの業務なのですね。







お客さまを、要望通りに綺麗にしている為に、エステティシャンとしてどういうということを身につけておけばいいのですか?







これにはまず、美容全般に関してのノウハウが必要になるでしょう。







ダイエットに関しての心あるノウハウや、フェイス手入れ・ボディ手入れをしている際の利き目的な手順、食暮らしの意見等、それの分野は無限といっていいほど幅広くあるのはご存知ですか。







それに、エステティシャンは現実的にお客さまの肌に触れて施術を行っていくので、フェイシャルヘアトリートメントやボディヘアトリートメントの手順をマスターしている必要があるのはご存知ですか。







それに、ヘアトリートメントの際に利用している化粧品に関してのノウハウもなくては成りません。







こうしたということは、日本エステティック協会等のエステティックコミュニケーションの協会集団が特許する専門学校や、大手のサロンが併設する美容学校等で学ぶということが出来ます。男だってキレイがいい!







現実的に場面で働いてみて、身体で習得しているノウハウもあるですね。







エステティシャンになりたいと教育を最初た時点から、エステティシャンとしての滑り出しははじまっていますのですね。







「お客さまを綺麗にしている」というような使命を忘れずに毎日本人自分を切磋琢磨していくということで多くのお客さまに安心されるエステティシャンに成るということが出来るのですね。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:haru
読者になる
2013年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/958jw4ek/index1_0.rdf