無題 

July 13 [Sun], 2008, 15:24
膣鏡(ちつきょう、英:Speculum)は、産科学で、女性の膣腔内に挿入し開大して、膣腔を検診するため、また、膣、子宮内の医療措置、膣式手術に使われる医療用具である。一般的には、「膣鏡」という名前よりも、「クスコ」の名前で知られているが、正確には「クスコ」は膣鏡の1種類の名称であるに過ぎない。
張形(はりがた)とは人体の性器を擬したもののこと。現代の性具としてはディルド(ー)(Dildo)またはコケシと呼ばれ、勃起した陰茎と同じか少し大きめの大きさの形をしたいわゆる大人のおもちゃである。電動モータを内蔵し振動するものを「バイブレーター」(略して「バイブ」)、または「電動こけし」と呼ぶ。
バイブレータとは、振動により快感を得られる性具のこと。女性の膣に挿入できるようになっており、性器や性感帯をその振動や動きで刺激し性的快楽を得ることができる。主にディルド型とカプセル型に分かれる。
Gスポット(Grafenberg spot ; G-spot)は、ドイツのエルンスト・グレフェンベルク(Ernst Grafenberg)にちなんで命名された、恥骨の下にある膣壁前方上部の小さな領域である。
処女膜(しょじょまく、Hymen)とは、哺乳類の雌の膣口に見られる襞状の器官。ここでは、主に人間の女性に見られる物について解説する。
陰核 - そのまま、あるいは「クリトリス」「クリ」「まめ」「おまめちゃん」「クリット」「花芯」「さね」「クリちゃん」
膣 - そのまま、あるいは「ヴァギナ」「ワギナ」「アナ」
小陰唇 - そのまま、あるいは「ビラビラ」「ビロビロ」「ピロンちゃん」
大陰唇 - そのまま、あるいは「われめ(割れ目・ワレメ)」「ペコちゃん」「プッシー」「カント」「まんじゅう」
バルトリン腺(―せん)は、大前庭腺とも呼ばれ、女性の膣口の左右に一対存在する分泌腺である。粘液(バルトリン腺液)を分泌し、膣分泌液と混ざり、性交時の潤滑さを促進する。
スキーン腺(または小前庭腺、傍尿道腺)は、膣の上壁に位置していて、尿道の下流の末端近くにある分泌線である。スキーン腺は尿道または尿道口付近で分泌液を流出する。スキーン腺の位置は、グレフェンベルグ・スポット(Gスポット)として知られている。スキーン腺は、男性の前立腺に相同である。スケネー腺とも呼ばれる。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:95688585686884
読者になる
2008年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる