下痢 原因 

2010年10月28日(木) 13時18分
下痢 原因

液状、泥状の便ことで、水分量が80〜90%のときに下痢であると診断されます。

腹痛や食欲不振、体力の低下を伴います。

便に血が混じっていたり、発熱したり、吐き気があったりすることもあります。

体内の水分量が著しく低下するので、下痢になったときは水分をしっかりとるよう心がけるようにしましょう。

一般的に、お腹が冷えたとき、食べ過ぎたときなどに起こります。

液状、泥状の便が出ます。

腹痛や吐き気を伴う場合があります。

下痢によって脱水症状になる場合もあります。

冷え、暴飲暴食などによる消化不良、ストレス性、唐辛子などの刺激物、睡眠不足、アルコール、菌(食中毒)、薬の副作用、お腹のゆるくなる食品の摂取など、多岐にわたります。

また、最近急増中なのが、自律神経の乱れからくる下痢です。

生活習慣の乱れがちな現代人にとって、自律神経の乱れは切っても切り離せない関係にあります。

緊張や不安、ストレスなどによっても下痢になる場合があります。

これを過敏性腸症候群といいます。

多くは一時的なものですが、慢性的なものであれば医者に診てもらうなどして原因の特定をするべきです。

予防法として

・お腹を冷やさない

・よく噛んで食べる

・ストレスを溜めない、または発散させる

・刺激物はほどほどに

・睡眠をしっかりとる

などです。

慢性的な下痢であったり、異様な腹痛を伴ったり、血が混じっている場合は素直に病院にいきましょう。

内臓に何かしらかの疾患があるケースが考えられます。

強い心因性の下痢がある場合は、精神系薬物によって抑えるケースもあります。

▼病気総合情報サイト▼

下痢 原因

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:noname
読者になる
2010年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新記事
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる