製法によってグレードがあります

February 27 [Wed], 2013, 21:17
結婚相手が料理人

日本酒は同じ蔵の飲み物でも、製法によってグレードがあるのはご存知ですか。表の上にいくほど、高価な飲み物になるでしょう。吟醸、大吟醸と進むと、お米の表面を削るボリュームが増えて、雑味がなくなっていき、飲み易い飲み物になるでしょう。大吟醸になりますと、お米の体積の半分以上を削ります。



では大吟醸が最もおいしいか?というようなと、そうとは言い切れないでしょう。雑味がなくなりますことは、個性も消えていくる。わたしは純米酒か純米吟醸くらいが飲み物の個性を楽しめて、おいしいと感じてください。



同じ吟醸酒でも、純米吟醸酒とアル添(アルコール添加)した吟醸酒があるのはご存知ですか。先に述べたように、生産経費を下げるためと言えます。風味を変化している目標 ・ 到達もあるそうと言えます(下記コメント資料)。無論、アル添の方が安価と言えます。現実的に飲み比べてみると、酔っています未経験者には区別出来ない水準と言えますけど、丁寧に飲み比べしていると、アル添酒は飲んだ後に舌に抵抗が残ります。



純米酒を選んだほうが無難と言えます。旅先の呑み屋で飲む時には「純米の地酒はあるのはご存知ですかか?」と聞いてみましょう。店にない際でも、気にせず飲んでもトラブルはないと言えます。アル添酒が全ておいしくないわけではない。とくに地酒の際、アル添ボリュームは少ボリュームと言えますので、気にせずおいしく飲みませんか。

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:8haeb549
読者になる
2013年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/8haeb549/index1_0.rdf