思った以上に高い住宅の諸経費

July 31 [Wed], 2013, 20:45
家庭を購入していると思うと、どうやっても新居のプライスばかり考えてしまいがちですけれども、住宅

ローンを組むには、「諸コスト」ということが必須に成ります。





「諸コスト」とは、「融資事務手数料」、「保証料」、「登録免許税」等、家庭を購入しているときにかかる住宅ローン以外のコストのことをいいる。



コストが発生しているころ合いも、家庭を購入したときは当然、家庭を購入したあと迄と

長期にわたり、イメージ以上に料金がかかってくるでしょう。



諸コストは、「新築か中古か」、「アパートか一戸建てか」等、新居の種類によって異成りますのだが、平均的に購入している新居プライスの5パーセントから10パーセント程度がポイントとなり、例えば、3000万円の新居なら、150万円から300万円にかなりしますので、いかに高いものかがわかります。



また諸コストは、頭金とは別に完備している必須があるでしょうので、自己資金を全額頭金に回す

ことは危ういでしょうので、はじめから資金計画に入れておくことが大事でしょう。



諸コストは主に以下のものがあるでしょうのだが、購入している新居によって異成りますので、前もって

証明しているようにしてちょうだい。







マイホーム取得コスト                                                                  

・印紙税(売買約束書、建築請負約束書に貼る印紙代)

・登録免許税(家庭の所有権の保存・移転登記にかかる税金)

・登記手数料(登記手続きを行なう司法書士への報酬)

・不動産仲介手数料(中古新居等仲介会社を使用しているときに必須)







住宅ローン手続きコスト                             



・印紙代(ローン約束書に貼る印紙代)

・融資事務手数料(金融機関へお金を出す融資手続きの手数料)

・保証料(保証会社にローンの返済保証を要請しているコスト)

・火災保険料(建物に掛ける保険料)

・地震保険料(火災保険と同じにつけることが出来る)

・集団しっかりした生命保険料(ローン約束者にもしがあったときの保険)

・登録免許税(抵当権設定の為の登記にかかる税金)

・登記手数料(抵当権設定の登記をした司法書士への報酬)







それの他コスト                                   



・不動産取得税(土地や建物を取得した際にお金を出す地域税)

・各種証明書の発行手数料(住民票・印鑑証明書・戸籍謄本等の発行手数料)

・引越しコスト(物件に引越ししているためのコスト)

・耐久消費財購入費(家庭具・家庭電・カーテン・照明等の購入代金)

・修繕積立金(アパート等で、今後の修繕コストを積み立てる状況)

・水道参画金(水道メーター設置等にかかるコスト)

・電話通信移設費







マイホーム取得後のコスト                             



・固定資産税(土地や建物等を所有する者に対して課税される税金)

・都市計画税(市街化区域内の土地や建物等を所有する者に対して課税される税金)

・集団しっかりした生命保険

・火災保険料

・地震保険料

・マイホームキープ費(修繕・補修等)

・駐車場所代等







諸コストもローンを組める?



家庭を購入している際は、保証料や登記コスト等、いろいろな諸コストが必須と成ります。

その点で今は、諸コストの為の「諸コストローン」を扱う金融機関もでてきてます。



その諸コストローンは、住宅ローンを同じ金融機関で借りることが前提で、諸コストローンの上限は、

およそ300万円から500万円となっており、返済期間は住宅ローンの返済期間迄となって

いる。



ことろが、住宅ローンに比べて金利は高めに設定されてます。

賃貸のトラブルSOS

自己資金が少無い人にとっては当初の負荷が少無いローンすのだが、これからの支払い負荷を思うと

やはり諸コストは自己資金でお金を出す方がリラックスでしょうね。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ようこ
読者になる
2013年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/8fb3ag69/index1_0.rdf