すりおろしきゅうりダイエットのやり方と効果

January 22 [Wed], 2014, 15:14

スポンサードリンク



すりおろしきゅうりダイエット〜酵素たっぷり&低カロリー!〜

テレビ番組で、山田花子さんが実践して、2週間で2.7キロのダイエットに成功した、すりおろしきゅうりダイエットが話題になっています。
テレビ放映後、スーパーでキュウリが在庫切れになる現象も起きました。
すりおろしきゅうりダイエットは、きゅうりに含まれる酵素に秘密があります。
酵素は人が生きるために必要な栄養素で、代謝に大きく関わっています。
体内でつくられる潜在酵素は、1日に作られる量が限られているので、食べ過ぎてその酵素を消化にばかり使うと、代謝に使う酵素が少なくなってしまい、太りやすくなってしまうのです。
少なくなった酵素を補うためには、食物から摂取する必要があります。
きゅうりには、消化に働く食物酵素が豊富に含まれているので、食べることで消化に使う酵素を補うことができるのです。
きゅうりは一年中通して手軽に手に入る食材です。
安価な野菜で実践しやすいのもポイントです。
すりおろしきゅうりはいろいろな料理にアレンジが簡単です。
きゅうりは、色つやがよく、水分を多く含んでイキイキしているものを選んでください。
表面のトゲがしっかりしているものが新鮮です。
ヘタに花がついているものもおすすめです。ぜひ、すりおろしきゅうりダイエットをお試しください。

きゅうりのやせパワー
@食物酵素が潜在酵素を助け、代謝アップにつながる
きゅうりには、脂肪分解酵素やたんぱく質分解酵素といった、消化を助ける食物酵素が豊富に含まれています。
きゅうりをとることで、潜在酵素が代謝に使われやすくなるため、太りにくくなります。

Aむくみを解消
きゅうりに含まれるシルトリン成分は、利尿作用や血管を広げて血流を増やす働きがあります。
むくみや冷えの改善につながり、やせやすい体になります。

B抗酸化力アップ
きゅうりに含まれるフィトケミカル成分は、強い抗酸化力があり血液をサラサラにします。
細胞を活性化させ、代謝を上げてくれます。

すりおろしきゅうりダイエットのやり方
@1日1〜2本を昼&夕食でとる
朝食では食物繊維豊富なフルーツを数種類とります。
そして昼食と夕食で、すりおろしきゅうりを1〜2本分を、他の食事にプラスしてとってください。
また、体のめぐりをよくするために、お水を1日1.5L程度とるようにしてください。

Aきゅうりは加熱せずおろし金ですりおろす
細胞膜を壊すことによって、酵素が活発には働きますので、そのまま食べるよりすりおろして食べましょう。
金属製のものがおすすめです。
加熱すると、酵素が失われるため生のままで食べましょう。
また、すりおろしてから時間がたつと、酸化して酵素が減るため、すりおろしたら早めに食べてください。

Bあえものやソース、ドレッシングにして食べる
すりおろしきゅうりは、ドレッシングにしてサラダにかけたり、ソースにして肉や魚などにかけたり、納豆などの食材にあえたりして食べましょう。
他の食材を食べないで、すりおろしきゅうりだけを食べるのはNGです。
腸の働きをよくする発酵食品や食物繊維も積極的に加えるとベストです。

すりおろしきゅうりのレシピ
※ポイント
きゅうりをすりおろすのが面倒な人は、すりおろして冷凍保存ができます。
酵素が冷凍状態になると休眠しますが、その後、常温で解凍すれば再び力を発揮します。
保存期間は7日間を目安にしてください。

<納豆きゅうり大根おろし>※1人分135kcal
■材料(2人分)
きゅうり・・・1本
大根・・・100g
A:納豆・・・2パック
めかぶ・・・1パック
ポン酢しょうゆ・・・大さじ2
白ゴマ・・・少々
■作り方
@きゅうりと皮をむいた大根は、それぞれおろし金ですりおろし、軽く水けを切ります。
A@とAを混ぜ合わせて器に盛り付け、白ゴマをふります。

<アボカドまぐろきゅうりおろし>※1人分188kcal
■材料(2人分)
きゅうり・・・2本
アボカド・・・1/2個
レモン汁・・・小さじ1
まぐろ・・・100g
A:オリーブ油・・・小さじ2
しょう油・・・大さじ1
練りワサビ・・・小さじ1
■作り方
@きゅうり1本は、おろし金ですりおろして軽く水気を切ります。
  残りの1本は、一口大に切って粗くたたきます。
Aアボカドは皮をむいて一口大に切り、レモン汁と和えます。まぐろは1cm幅の角切りにします。
BボウルにAを混ぜ合わせて、@、Aを加え和え、器に盛りつけます。

<塩麹ときのこのマリネ>※1人分81kcal
■材料(2人分)
きゅうり・・・1本
きくらげ・・・4g
しめじ・・・1パック
生しいたけ・・・2枚
玉ねぎ・・・1/4個
オリーブ油・・・小さじ2
A:塩麹・・・大さじ1
黒コショウ・・・少々
レタス・・・4枚
■作り方
@きゅうりはおろし金ですりおろします。きくらげは水で戻し一口大に切ります。
Aしいたけは石づきを取ってせん切り、しめじは小房に分けます。玉ねぎはスライスします。
B耐熱皿にAを均等に広げ、オリーブ油を加え和えて、軽くラップして電子レンジ(600w)で3分半加熱します。
CBの粗熱がとれたら、そこに@とAの材料を加え混ぜ、冷蔵庫で15分ほどなじませます。
  器に7mm幅の細切りをしたレタスを敷き、その上から盛りつけます。

<きゅうり&しょうがおろしの燃焼系湯豆腐>※1人分173kcal
■材料(2人分)
木綿豆腐・・・1丁
長ネギ・・・1本
生しいたけ・・・2枚
水菜・・・3/4束
にんじん(3mm幅の輪切り)・・・2枚
きゅうり・・・1本
昆布(10cm角)・・・1枚
A:おろししょうが・・・大さじ1
赤唐辛子(小口切り)・・・1本
ポン酢しょうゆ・・・大さじ2
■作り方
@木綿豆腐は一口大に切ります。
  長ネギは3mm幅の斜め切り、生しいたけは石づきをとって3mm幅のそぎ切りにします。
  水菜は3〜4cm長さに切ります。
Aきゅうりはおろし金ですりおろし、軽く水気を切ります。
B鍋にたっぷりの水とコンブを入れて火にかけます。
  沸騰直前にコンブを取り出し、@とにんじんを加えて煮込み、具材に火が通ったら、器に盛りつけます。
CAとAを混ぜ合わせて、Bをかけます。

<きゅうりおろしの魚介系サラダ>※1人分144kcal
■材料(2人分)
海藻ミックス・・・8g
シーフードミックス・・・100g
セロリ・・・1/2本
かぼちゃ・・・100g
きゅうり・・・1本
A:和風ドレッシング・・・大さじ2
白すりごま・・・大さじ1
ラー油・・・少々
■作り方
@海藻ミックスは水で戻したら、水気を切っておきます。
  シーフードミックスは熱湯でさっとゆでてザルに上げます。
Aセロリはすじを取って3mm幅の斜め切りにします。
  かぼちゃは種とワタを取って一口大に切り、電子レンジ(600W)で4分加熱し、3mm幅の千切りにします。
Bきゅうりはおろし金ですりおろし、軽く水気を切ります。
CボウルにBとAを混ぜ合わせたら、@とAを加え和えて、器に盛りつけます。

<きゅうりおろし豆乳ドリンク>※1人分112kcal
■材料(2人分)
きゅうり・・・1本
レモン汁・・・小さじ2
豆乳・・・300ml
はちみつ・・・大さじ1
■作り方
@きゅうりはおろし金ですりおろします。残りすべての材料を加え混ぜ、グラスに注ぎます。

●すりおろしきゅうりのドレッシングレシピ
<きゅうり梅ポン酢>
■材料(つくりやすい分量)
すりおろしきゅうり・・・1本分
小梅・・・4個
ポン酢しょうゆ・・・大さじ1
■作り方
@器に、軽く水気を切ったすりおろしきゅうり、細かく刻んだ小梅、ポン酢しょうゆを加え、混ぜ合わせます。

<きゅうりとりんごのすりおろしドレッシング>
■材料(つくりやすい分量)
すりおろしきゅうり・・・1本分
りんご・・・1/2個
りんご酢・・・大さじ1
オリーブ油・・・小さじ2
砂糖・・・小さじ1
塩・こしょう・・・各少々
■作り方
@すりおろしきゅうりは軽く水気を切ります。リンゴは皮をむいてすりおろします。
A器に、@と残りの材料をすべて加え、混ぜ合わせます。

<トマトとしそのきゅうりソース>
■材料(つくりやすい分量)
すりおろしきゅうり・・・1本分
トマト・・・1/2個
しょうが・・・10g
しそ・・・2〜3枚
めんつゆ・・・大さじ1
一味トウガラシ・・・少々
■作り方
@すりおろしきゅうりは軽く水気を切ります。
 トマトはヘタを取って粗く刻みます。ショウガはみじん切り、しそは手で細かくちぎります。
A器に、@と残りの材料をすべて加え、混ぜ合わせます。

<きゅうりと塩麹のドレッシング>
■材料(つくりやすい分量)
すりおろしきゅうり・・・1本分
A:塩麹・・・大さじ1
甘酒・・・大さじ1
白こしょう・・・少々
■作り方
@器に、軽く水気を切ったすりおろしきゅうりとAを加え、混ぜ合わせます。

<きゅうりのおかかみそダレ>
■材料(つくりやすい分量)
すりおろしきゅうり・・・1本分
A:みそ・・・大さじ2
砂糖・・・小さじ2
かつおぶし・・・少々
しょうゆ・・・小さじ1/2
■作り方
@器に、軽く水気を切ったすりおろしきゅうりとAを加え、混ぜ合わせます。


スポンサードリンク

  • URL:http://yaplog.jp/87rosehip/archive/420
P R
リンク
カテゴリアーカイブ
FXをお探しなら