ドッグブレスダイエットのやり方と効果

June 19 [Wed], 2013, 12:48

スポンサードリンク



ドッグブレス〜すばやい呼吸で代謝アップ!燃焼系ボディになる!〜
運動後の犬のように短い呼吸を素早く行うのが、ドッグブレスです。
ダイエットに効果的な呼吸として、注目を浴びています。
自律神経の不調など訴える患者さんに共通しているのが、弱く浅い呼吸だそうです。
弱く浅い呼吸は、血中の酸素量が減り、体も酸欠状態になります。
そのため、必要な酸素を全身に運ぼうとして交感神経が優位にたってしまい、心身の緊張状態が続いてしまいます。
自律神経のバランスを崩し、疲労や不眠、冷え、内臓機能や代謝の低下などを引き起こします。

今、現代の女性の間でも、弱く浅い呼吸の人が増えています。
そこで、ドッグブレスで体の緊張をほぐしてリラックスモードにすることで、代謝アップできます。
ドッグブレスを行うと、酸素を素早く体内に取り込めますので、全身の血流がよくなります。
すると、内臓機能や活性化し、老廃物の排出も大変スムーズに行うことができます。
その結果、代謝が上がってやせ体質になるのです。
ぐっすりと眠ることができるようになりますので、イライラなどの不調がなくなります。
毎日の呼吸を意識するだけで、体の根本から立て直して、めぐりのいい燃焼系ボディになれますよ。
皆さんも、24時間代謝のよい体をつくりましょう。

ドッグブレスのやり方
<基本のドッグブレス>
 ※口で吸って口で吐く
 ※速めの腹式呼吸をイメージ
 ※最初は連続して30回行うことを目安に
@風船を膨らませるように口をすぼませます。
 口元をすぼめたら、ちょうど風船を膨らませるような感じでフッと口から強く息を吐き出します。
 そのまま、口から息を吸い込みます。
A強く速く息吐いて吸います。
 吐いたときにおなかが凹み、吸ったときに膨らむ腹式呼吸で、同時に横隔膜が動くのを意識しながら、
 連続して30回行うことを目安に続けます。

■朝:目覚めスッキリ!ドッグブレス
 @ひざを立てた状態で、数を数えながら呼吸をします。
  布団の中にあお向けに横たわったまま、ひざを立てます。
  両手をお腹の上に置き、口をすぼめて基本のドッグブレスを、回数を数えながら行います。
 A30回を2セット行います。

■外出時:有酸素運動の効果UP!ドッグブレスウォーク
 @ひざを少し緩めて立ちます。
  ピンと伸ばしてひざにロックがかかったような状態で歩くと、
  ひざと腰に全体重がかかってしまい、痛める原因になります。
  わずかにひざを緩めて立つことで、足裏全体で体重を分散できます。
 A足裏全体で着地するように歩きます。
  背筋を伸ばして、少しひざを緩めたまま脚を踏み出し、足裏全体で着地するようにします。
  両腕は自然に振ります。
  同時に基本のドッグブレスを、数を数えながら行います。
 B30回を2セット行います。

■お風呂:温め&むくみ取りに効果!三角座りドッグブレス
 @体を温めることで燃焼効果アップ
  湯船につかった状態で、軽くひざを曲げて座り、上半身は真っ直ぐに伸ばします。
  腹式呼吸を意識し、基本のドッグブレスを、数を数えながら行います。
 A30回を2セット行います。

■部屋:筋肉の緊張を即解消!ストレッチをしながら
 @背筋を伸ばして座り両足を大きく開きます。
  骨盤と股関節のバランスを整えるストレッチです。
  両脚を開けるところまで開いて座り、基本のドッグブレスを行います。
 A上半身をできるところまで前に倒します。
  両足を開いたまま、ドッグブレスをしながら上半身をゆっくり倒します。
  難しい場合は、両ひじが床につくくらいを目安に行いましょう。
 B30回を2セット行います。

 @正座の状態から上半身をゆっくり後ろに
  間違った歩き方などで筋肉がついて太くなったももの前傾を柔軟にします。
  背すじを伸ばして正座をして、基本のドッグブレスを行います。
 Aひざを曲げたままあお向けに横たわります。
  ひざを崩さずにゆっくりと上半身を後ろに倒して寝た状態でドッグブレスを行います。
  もものハリがなくなるまで繰り返し行うと効果的です。
 B30回を2セット行います。

■夜:ぐっすり快眠に導く!寝る前に
 @あお向けに寝てベッドのふちにひざ下をのせます。
  あお向けに横たわり、ベッドのふち、またはたたんだ布団の上にひざをのせます。
  目を閉じて数を数えながら、ドッグブレスを行います。
 B30回を2セット行います。

スポンサードリンク

  • URL:http://yaplog.jp/87rosehip/archive/382
P R
リンク
カテゴリアーカイブ
FXをお探しなら