断捨離ダイエットのやり方と効果

January 22 [Tue], 2013, 5:37

スポンサードリンク



断捨離ダイエット〜食べ過ぎ、余分な脂肪をスッキリ断捨離!〜
食べ過ぎだとわかっていても、ついつい必要以上に食べてしまうって経験は誰にでもあると思います。
必要な食べ物を見極められるようになるのが断捨離ダイエットです。
目の前にある食べ物が必要かどうかを自分に問いかけて、不要なら食べないという判断・行動ができるようにします。
必要な食べ物を絞り込む「断」、不要なものを無理なく出し切る「捨」を繰り返すことで、体の中が必要なものへの入れ替わり、代謝の良い体に変化して、太りにくくなります。

食事の断捨離で食べ過ぎクセをリセット!
お皿に残っているものがあったら、残すのがもったいないからと手が伸びていませんか。
食べる前に本当に食べたいのかと自分に問いかけましょう。
そして、もうおなかがいっぱいだからもう食べないという選択していくうちに、必要な食べ物を選び、適量を食べられるようになり、スルッとやせます。
たとえ食べ過ぎてしまっても、ポジティブに美味しかったと考えて、翌日の食事で調整しましょう。

ダイエットに関係する場所を断捨離!
食べ物と関係するキッチンを断捨離するとダイエット効果が上がります。
食器をキレイに整理すればもっと楽しく調理をしようと気になりますし、冷蔵庫の中をきちんと整理すると、中身がきちんと見えるようになって、自分が普段どれくらい食べているかわかります。
  @賞味期限切れ
  Aいつの冷凍かわからない
  Bおいしくなった調味料や市販品
  C欠けていたり、気に入らない食器
  D買ったことすら忘れているキッチングッズ
これらをチェックポイントとして、キッチン・冷蔵庫内を断捨離しましょう。

週末の断捨離式食事で腸をキレイにリセット!
クリスマス・忘年会・新年会で食べ過ぎてしまったものを、きちんとデトックスしましょう。
排泄するのは、腸の中に残った食べ物のカスだけではなく、毒素・汗・尿・涙のほか、食べ過ぎて太ってしまったという自己嫌悪のマイナス感情もまとめて捨てられます。
体にため込んだ老廃物や毒素を捨てることで、空腹になり、体が必要としているものを自然と選んで、適量食べられるようになります。
@食べ過ぎた翌日はリセットする
  食べ過ぎた翌日はプチ断食をして調整するのが断捨離式。
A出したら食べると習慣にして、体をリセット
  断捨離式ダイエットは、まず不要なものを出すことから始まります。
 毎朝、排便をして体をリセットしてから、固形物を口にします。
B時間でなく、体が欲したら食べる
 12時になったらランチではなく、本当に空腹になったときに必要なものを食べましょう。
 まずは自分に体に問いかけましょう。
C体に取り入れやすいように、よく噛んで味わって食べる
  よく噛みことで、消化や吸収がスムーズになります。また、毒素や脂肪がたまりにくくなります。

腸デトックスレシピ

体にたまった毒素がどんどん排出される、デトックスメニューです。からっぽの腸の気持ちよさを感じましょう。
【朝】デトックスドリンク
 ※午前中は排泄の時間です。固形物はとらずに、水分だけで過ごします。
  ★にんじん・りんごジュース ※1杯分105kcal
   ・材料(1杯分)
     にんじん・・・1本
     りんご・・・1/2個
    @にんじんはへたと取り小さめに切ります。りんごは芯と種を取り除き小さめに切ります。
    A@をミキサーにかけグラスに注ぎます。
  ★梅干しショウガ番茶 ※1杯分15kcal
   ・材料(1杯分)
     梅干し・・・1個
     番茶・・・コップ1杯
     ショウガのすりおろし・・・少々
     しょうゆ・・・少々
    @コップに種を取った梅干しをつぶして入れ、そこに熱い番茶を注ぎます。
    Aすりおろしたショウガを加えてよくかき混ぜます。お好みでしょうゆを少々たらします。

【昼】玄米菜食ごはん  ※1人分224kcal
  ・材料(1人分)
    玄米ごはん・・・・茶碗1/2杯
    [ほうれんそうとにんじんのおひたし]
    ほうれんそう・・・1/4束
    にんじん・・・10g
    
*A
     だし・・・大さじ3
     しょうゆ・・・大さじ1
     酒・・・大さじ1
    [豆腐とねぎの味噌汁]
    豆腐・・・1/4丁
    ねぎ・・・1/4本
    だし汁・・・200ml
    味噌・・・大さじ1
   @玄米ごはんを茶碗に盛り付ける
   [ほうれんそうとにんじんのおひたし]
   @ほうれんそうはざっと洗い、サッとゆでてよく水気を切り4cmくらいの長さに切っておきます。
    にんじんは1cm幅の短冊切りにしゆでておきます。
   AボウルにAを合わせます。
   BAににんじんとほうれんそうを再度水気をしぼって10分程度漬けます。
   CBの汁を軽くしぼり、盛り付けます
   [豆腐とねぎの味噌汁]
   @豆腐は食べやすい大きさに、ねぎは5mm幅に切ります。
   A鍋にだし汁を入れて強火にかけ、煮立ったら@を入れます。
   BAにみそを溶きいれて、ひと煮立ちさせ、火を止めて盛り付けます。

【夜】山菜きのこそば  ※1杯分410kcal
  ・材料(1人分)
    そば(生できれば前粒粉のもの)・・・1玉(130g)
    お好みのきのこ・・・約50g
    にんじん・・・3cm
    *A
     だし汁・・・300ml
     麺つゆ・・・大さじ1と1/2
     酒・・・大さじ1/2
    山菜ミックス(水煮)・・・30g
    長ねぎ(みじん切り)・・・大さじ1
   @そばは表示通りにゆで、ざるに上げておきます。
   Aきのこは食べやすい大きさに切って、にんじんは皮をむいて千切りにします。
   B鍋にAを入れて中火にかけます。煮立ったら山菜の水煮を入れ、中火で3〜4分煮ます。
CBにAを入れ、中火で約3〜4分煮ます。
    D器に湯を切ったそばを盛り、Cをかけて、最後に長ねぎをのせます。

スポンサードリンク

  • URL:http://yaplog.jp/87rosehip/archive/321
P R
リンク
カテゴリアーカイブ
FXをお探しなら