生還! 

January 21 [Mon], 2008, 1:59
いや、死んでたわけじゃないんだけどねw

BLもわんさか仕入れてるし、冬コミも参加したし、
某有名やおい評論家が大学に来て、飲み会も行ったとかいう
楽しい出来事もいっぱいあったんだけどね。

mixiばっかりになってしまってコッチを忘れてた・・・


最近はというと、

草間さかえさんや、京山あつきさんとか気に入っています。
西田東さんにも手を出しました。

あと、2.5次元にも手を出しつつあります。

また落ち着いたら、前みたいにお気に入りのマンガを紹介できたら思います。

ごぶさた 

September 21 [Fri], 2007, 0:55
ずっとさぼってた!

昨日中野にてBL大量に仕入れにいってきました。

男の子とすると無性にやおいが読みたくなりますwなんででしょう?

自分語りはほどほどにしてまたおすすめBL紹介できたらいいなと思います。

あつー 

August 18 [Sat], 2007, 2:02

夏コミ一日目参加です。戦力として派遣されました。

暑ーいっ!!

黒がすべてを吸収してしまいました。
日焼けがありえない…

ハルヒのすごい美人さんがいたの!もうすっごいキレイな顔立ちで!
数年前に見たド美人なニコ・ロビンなみの感動でした。

なんかディープな世界に憧れる〜
みんな好きなものがあっていいな。すっごい楽しそうだもん。

わたしもあの広場に飛び込みたい!
ダイエットがんばろう。。。といいつつこんな時間にアイスを頬張ってしまいましたw

失敬! 

August 13 [Mon], 2007, 0:06
あー、だいぶ更新してませんでした!反省!

近況報告です。

先日パレード参加してきました。来年はカップルで参加したいですw

・・・暑いです。
夏の間だけ冷凍保存しといてください。秋になったら解凍してください。

あ、四年ぶりに夏コミ行きますw

「おひっこし?」 

July 30 [Mon], 2007, 1:08

おひっこし?/山田ユギ/2007/白泉社

ストーリー★★★★☆
キャラクター★★★★☆
絵★★★★☆
H度☆☆☆☆☆
おすすめ度★★★★☆

山田ユギ先生の非BL作品です。BLじゃなくても、笑いと胸キュンの連続のラブコメディ(?)は健在です。心理描写もやっぱり上手いし、ドラマティックなストーリーです。

そして、ユギ先生が書く女の子は可愛いんです!憎めないし、人間的なとこが好きです。
この作品は特に女の子が独特のキャラクターでいいですねぇ。

…でもやっぱりBLのほうが胸キュンだなw

男同士のほうがユギ先生の良さが出てるなぁ、と思いました。
なんかこう・・・男女だとどうしても「対等な関係」とか「ライバル関係」みたいな友達の延長の恋愛って描きづらいと思うんです。
男女で不可能な恋愛関係が、BLでは(男同士)では可能だから憧れてしまうのかもなぁ。



さて、久しぶりすぎる投稿でしたw
やっと余裕ができまして、臨時収入も得まして、夏コミ前に池袋に行きたい気分です。

「あいしちゃったの」 

July 16 [Mon], 2007, 1:16

あいしちゃったの/星野リリィ/2002/光彩書房

ストーリー★★★★☆
キャラクター★★★☆☆
絵★★★★☆
H度★★★☆☆
おすすめ度★★★★☆

星野リリィさんの作品はとにかく可愛い。

こないだ友達と「萌えよりガチムチ!」って話してたんですよw
ガテン系が萌えるとか、むしろヤマジュン!みたいな濃い話をして楽しいひとときでした。わたしも最近、サラリーマン、オヤジ受け、受×受、攻×攻、ヘタレ攻、ガテン・・・とか邪道を走ってますw
王道も嫌いじゃないんだけど、物足りない・・・。

でも、そもそもショタからBLを読みはじめたわたしにとって星野リリィさんの作品は神ですね!みんな永遠の美少年で攻もゴツくなくて可愛いです。そして、登場人物がみんなメロメロですごいw
好きになる過程とかほとんど書いてなくて、究極のファンタジーなんですけど、不思議と物語に引き込まれていきます。「ありえない」展開でも全然イヤじゃないです。

ラブラブしてるBLが読みたい人は星野リリィさんです!
今回とりあげた作品はほとんど学園もので読み切りです。
可愛いの大好きな人はぜひ!あとショタもw

学園モノとか、ワンパターンな王道になってしまいがちですが、リリィさんの描く世界は独特です。学園が舞台なだけで、学校らしいとこ何にもなかったりw

少女マンガからBLに移行した人は、なかなかガチムチ系は受け入れづらいですよね?絵のタッチとかも青年マンガ風だから。きっと北斗の拳が読めないのと同じです。
わたしはあしたのジョーで萌えてしまうぐらい腐っているので・・・でも同時にライトノベル系のオタク的な作品たちも大好きなので・・・



萌えればすべてよし!



・・・です。あー、今日の日記もまとまりないなぁ。
作品についてほとんど触れてないし…反省反省。

「ハニーベイビー」 

July 12 [Thu], 2007, 1:46

ハニーベイビー/やまがたさとみ/2004/ビブロス

ストーリー★★★★☆
キャラクター★★★★☆
絵★★★★☆
H度★★☆☆☆
おすすめ度★★★★★

表題作「ハニーベイビー」は14歳の相沢と先生の話。
他「S[エス]」、「それもまた恋の法則」、「ハイスタンダードインプレッション」

やまがたさとみ先生の作品は、BLが苦手な子にも読みやすいと思います。
ただ、哲学的(?)なところがあって内面をすごく丁寧に描いているので、じっくりゆっくり読まないと良さが分かりづらいと思います。

やまがたさとみ先生の作品に共通するテーマは「恋愛とは?」だと思います。
「男と女 イコール 恋愛・セックス」(それもまた恋の法則より)に対する異議申し立てです。
みんながいつのまにか当たり前に思っている「常識」に悩み、「常識」とは違う生き方を模索する・・・という筋が薄らと読み取れます。
何気ないセリフにちりばめられてるので伝わりにくいです。はっきりとは言わないの。

「ハニーベイビー」は、ほんと大好き。オトナとコドモの「あやうい境界線」です。作中に

「僕を適切に定義する言葉はもうない 僕は僕になる」

っていう言葉があるんですけど、この言葉いいです!スキです!
作中では、オトナでもコドモにも定義できない「僕」になったという、いわばアイデンティティが確立したという意味で使ってるのかもしれないけど、この言葉はやまがた先生のどのキャラクターにもあてはまる言葉だと思います。

うまく言えないんだけど、「人から定義されない自分」を探している気がする。
だからそれぞれの作品で多様なパーソナリティーをもったキャラクターたちが登場します。
でもみんななぜだか、必ず、すんごく悩んでます。ウザいくらいにw

葛藤を描くのが上手いんです。きっと。

あと、最後の「ハイスタンダードインプレッション」という作品は、たぶんFtM(女から男になりたい子)っぽい子がでてきます。これはやまがた先生が「BLを読む女の子たちへ向けて描いた」とあとがきで言ってました。

つまりは、BLも結局は「男」という性別を基に描かれてる恋愛なわけで、「男」でも「女」でもない性別は、無いことが前提となっています。そういう「常識」に対する問題提議な作品です。

あらゆる「お約束」な恋愛を打ちのめしてゆくので、非王道的かも。でも少女漫画的な描き方をするから、そこまで読みにくいわけではありません。

とにかくリアルです。マンガってわかってるんだけど、生きた人間をみている気がします。

一般的なBL、やおい作品にあきてしまった人におすすめです。あるいは、BLは苦手っていう人もやまがた先生の作品なら読みやすいと思います。


やまがたさとみ先生の作品については、難しくて上手く分析できないので誰かしてください!


「キビしいのである。」「HOLD ME」 

July 04 [Wed], 2007, 1:45

キビしいのである。/山田靫/1997/マガジン・マガジン

ストーリー★★★★★
キャラクター★★★★☆
絵★★★☆☆
H度★★☆☆☆
おススメ度★★★★☆

またまた山田ユギ先生の作品です。
表題作の他に「気管支炎」「チューズ・ミー」「タッチ・ミー」「秘密の花園」(高口組かきおろし)「俺の名は・・・!!」(あとがきまんが)など収録されています。

「キビしいのである。」はアニマル坂本wの話です。初期作品だけど、ユギ先生の原点って感じです。コメディ調だけど胸キュン多々ありですよ。山なシーンはキュンキュンでした!ページの使い方がホント上手い!坂本にもこんな時代があったとは!

「チューズ・ミー」「タッチ・ミー」は、双子シリーズです。一卵性の男女の双子で、お姉ちゃんの「みちる」は片割れの「ちから」に超ブラコン。たぶんじゃなくて絶対、恋愛感情持ってます。一方、「ちから」は高校の時からの友達の「黄島」(男)に片思い。なんと黄島はみちるが好きだったり。

設定が少女マンガ的だと思いました。三角関係だし。この双子シリーズは、内容的にいつものユギ先生の雰囲気からするとちょっと重めで深い!この作品を初めて読んだとき、ユギ先生はBLじゃなくてもやってけるなと思いました。BLじゃないとヤだけどww

双子シリーズの番外編「ホールド・ミー」(同人誌)↓


ストーリー★★★★★
キャラクター★★★★☆
H度★★★☆☆
絵★★★★☆
おすすめ度★★★★★

黄島×ちからの話より、みちる×ちからの話のほうがよかったです。みちるの気持ちがもうつらいです。ユギ先生の作品は「きょうだいを好きになっちゃった」みたいなキャラクターがときどき出てくるんですけど、これが作品を一層深めてます。本筋のBLカップルより応援したくなっちゃうときもあったりw


ユギ先生が好きな人はぜひ読んでください。はじめてユギ本を読む人は他の作品からのほうが良いかもしれません。

余談ですけど、あとがきマンガで「そうちあき」さんていう高口組のアシスタントの方が書いてるんですけど、

そうちあきさん「あぁーん この受ステキ〜 今、わたしにち〇ち〇があったら大変なことに〜〜」とつぶやいたのに対し、

高口先生他「・・・ルル(ユギ先生のこと)さんの友達だねぇ」

と返したらしいですwこれだけで十分おもしろいんですが、そうさんがそれをユギ先生に話したら、

ユギ先生「俺の心の海綿体・・・」

と微笑みながら言ったそうです。あーもう大好きです!友達になりたいです、こういう人!
腐女子の人ならちょっとはわかると思うんですけど、読んでるうちに男性化しませんか?もしかしたら、自分が受に感情移入して攻と疑似恋愛っていうパターンの方が多数派なのかな?
そういう人はかろうじて自己の中に女性が残ってると思うわたしの勝手な解釈w

でもでも、実際分けられないよね!いろんな人になれるから楽しいんだし、むしろデバガメ的感覚の人がほとんどかな?

独り言が激しくなってきたところで終わりにしますw

「放浪息子」 

July 02 [Mon], 2007, 1:53

放浪息子A/志村貴子/2004/エンターブレイン

ストーリー★★★★★
キャラクター★★★★☆
絵★★★☆☆
おすすめ度★★★★★

女の子になりたい男の子と、男の子になりたい女の子の話。


非BLの作品をとりあげるのはもしや初!?
これは授業でとりあげられたマンガで最近知ったんですけど、名作ですね!
登場人物の心情が細かく描かれていました。ちょっと萌え系な絵のタッチとギャップを感じる内容の濃さでした。
エンターテイメントを追及している作品ではないと思います。どちらかというと社会派?そんな感じです。

連載は少女誌ではないみたいだけど、作風は少女漫画の流れをくんでいると思いました。ふつう少年向け、青年向けでは性別を越境する人はあんまり出てこないもんね。出てきてもお笑い担当だったり。

千葉さんっていう、主人公の男の子を女装させたい変わった女の子が登場します。
私はこの子がとっても気になります。なぜなら、彼女は腐女子の代表のように感じたからw
腐女子だけでなく、なんで女の子って可愛い男の子の女装がみたいんだろ?ジャニーズを女装させて喜ぶ女の子の心理ってなんだろ?
そういう女の欲望を分析したら、すごいおもしろいことがわかるかもしれないです。

それと、@巻に名台詞があります!

「いいな・・・女の子はどっちにもなれて」

そうです!女の子はどっちにもなれるのです。パンツスタイルの女の子とスカートはいた男の子のどちらが社会に受け入れやすいかを考えれば明らかです。
ボーイッシュな女の子=女としてみなされるけど、フェミニンな男の子=男とはみなされません。A巻でもそういうシーンがありましたが、「オカマ」と呼ばれてしまします。
この非対称も研究したらおもしろいだろうな。


キャラクターの顔がみんな似ていて読みにくいと感じたけど、きれいな絵で可愛いです。
説明が多すぎず、短い会話で淡々とすすんでゆくストーリーがいいです。
気持ちを言葉にしないところがいいです。

いろんなとこで高い評価を得ているマンガらしい。それは納得です。


今回もあいかわらず文にまとまりがないですね。
何も考えずに思いついたことをただ書き連ねているからです。読みにくくてごめんなさい。
いつもえらそうでごめんなさい。独り言だと思って付き合ってくださいw

家宝 

June 23 [Sat], 2007, 2:06


あの御方にサインしてもらった
家宝にします。本気で。

「腐女子坂は常にのぼり坂」

と書いてくださいました。意味深です。何でしょう?
道は険しいという意味ですか、それとも、今後発展してゆくという意味ですか。
それとも・・

これ今月のユリイカなんですけど、内容充実してておもしろいんでぜひ買って読んでください!
題名に怖気づいてレジで恥ずかしがらないように!いつももっと恥ずかしいマンガ買ってるでしょww

そのうち内容について詳しく触れたいです。九州男児先生の対談とかもあるんです。



今夜はこれを抱いて寝るとしようw


ちなみに、ゼミ論のテーマも腐女子がらみにしようかなって漠然と思ってます。
最初はまじめに、生殖医療技術とかにしようと思ってたんです。
でもやっぱり好きだからしょうがないです。自己分析だと思ってがんばります!
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ロゼ
読者になる
山田ユギ、紺野けい子、やまがたさとみ、京山あつき、草間さかえ・・・(敬称略)
などのBL漫画が大好き。

腐女子でロリィタでゲーマーな
おたくライフを満喫中。
2008年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像ロゼ
» 「ハニーベイビー」 (2007年07月13日)
アイコン画像まに仔
» 「ハニーベイビー」 (2007年07月13日)
アイコン画像あかね
» 「キビしいのである。」「HOLD ME」 (2007年07月09日)
アイコン画像前田
» 「働きません!」 (2007年06月16日)
Yapme!一覧
読者になる