月子小説 

2005年11月18日(金) 17時19分
月光蝶
「おじさま、空の下。 どうなってるの?」
「おじさま・・・・・?」
「──ッ おじさま!!」

**********************月光蝶**********************************
どうなってもいい。
空の下、往く(いく)

空の下、最低。
ゴチャゴチャで、四角い建物が沢山。
怖いッ
月の下で、ブランコに乗って遊んだ。
ヒソヒソヒソヒソヒソヒソヒソヒソヒソヒソヒソヒソヒソヒソヒソヒソ
「!!!!」
『あの子こわ〜い』
『地味な服きて・・・・、幽霊だったりして!』
『やだぁ こわ〜い』
なんで・・・・・・
「どうしたの?」
「あ・・・・いえ、別に」
「そっか、んじゃあ ばいばい」

<太>今年の初雪。
その時はじめて「恋」というものを知った。
キラキラと光る雪が貴方のような気がしたから・・・・・・・
つつ゛く
P R
2005年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
最新記事
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:856523
読者になる
Yapme!一覧
読者になる