美容室なのに

September 17 [Tue], 2013, 17:47
美容院なのに理容室に間違えられるワケは何と言えますか?
サインポールも無く、美容院と看板に書いてあり、店舗もスケルトン天井や、たくさんガラスウインドーで、お洒落な作りにしたのに、理容室と間違えられます。

サロンや美容室でのメイク

来店した、お客さまがスマートホン電会話で「今、散髪屋にいるから・・」と会話していたり「通行人も散髪屋さんだ〜」と会会話している。客層は9割メンズですけれども、インターネットを見て来店される、お客さまは、ほぼ参加者みんな「スタイリストさんは・・」等とスタイリストと呼ばれるのですけれども、通りがかりに来店された、お客さまにはだいたい「散髪屋は・・」という。又、女の、お客さまの客層も何故か外国人や水商売風の人が大勢、OLや女性大生は殆ど来られないでしょう。男の、お客さまもインターネットを見て来店される方の方は、ヘア冊子に載ってる様な今風の、お客さまが多いですけれども、通りがかりで来られる、お客さまは忙しなかったり威圧的で怖い感じですね。何で散髪屋っぽく成るのだと感じますか?!幾度も、すみません・・

理容と美容の違いの分らないお客さまもう。

とりわけ昔は理容室ではなんでもやっていましたから、サインポールがあって理容と看板に書いてあっても、
女の方が新規形の美容院かと感じて見えられました。

今は美容院でもなんでもやりますから、美容院に理容室かと感じて見えられる方もいると言えるでしょう。

補足に:
はなはだ迷惑そのためすけれども、
今は1000円カット等の低お金店=散髪屋的な印象のそうですね。
もけどて低お金を売りにしていますのでは有りませんか。

よくよく前の理容室の店舗の印象が残っていますのですね。
居抜きで借りると良くあるということだと言えるでしょう。
口コミが悪くて潰れた店の後で同業の店をやったケースはとりわけとってもなそうですね。


以下はホームページからのコピーですけれども、
居抜き物件はインテリアがあのまま残されていますため、得だと思う方も多いそうですけれども、言うまでもなく良いところもあればデ良いところもあるでしょう。
あの主な良いところ・デ良いところ下記に記載してみました。

売主の良いところ
・原状回復コストを免れる
・収入が入る見込み
・引渡し直前まで経営ができる
・解約予告家賃を免れる

買主の良いところ
・初期投資(リニューアル費、設備機器等)を低く抑制しるということができます。
・初期投資が低く抑制しられるというようなことは、損益分岐点も必然的に低くなます。
・短期間で開店できます。
・業界によっては、昔のお店の客も取り込める見込みがあます。

売主のデ良いところ
・閉店が周知される見込み
・赤字店舗のケースいつ売れるか未確定の為、退去予告を出していないケース、赤字が増大している見込み
・移転のケース、お客さまが譲渡先に流れてしまう見込み

買主のデ良いところ
・店内のレイアウトが決まっています。
・構造的な制限を受けます。
・建物や設備の老朽化で問題が起こる見込み
◎前の店舗の口コミや印象を引きずる可能

そのように創業、撤退される方によっては、良いところのほうが多かったり、デ良いところが多かったりしてきます。
又、居抜きで創業しているにあたってはコストが節約できた分、策略を考え努力しなくては「居抜き」を生かすということは難しいように言えるでしょう。

居抜き物件のたくさんは「経営不振」によって撤退していますのと言えますから・・・

安いからではなく、どう再生しているのかが居抜き物件の目安だと言えるでしょう。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:さゆき
読者になる
2013年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/852g9wur/index1_0.rdf