start!!
2010.04.26 [Mon] 05:15

25日夜、17時上がりだったが、我慢できず
お昼休みにKと4階でご飯食べている時に、飲みの誘い。

SもOKというので、1人ブクロやミロードで買い物して時間を潰し、
20時にMHL裏口で合流。

「泡盛が飲みたい」とワガママを言い、
「お金ない」というKに「飲ませてあげなよ」とSが言ってくれ3人でとりきちへ。

手前の椅子席に着席。

「さ、話したい事があるんでしょ?」のKの声に対し
「うん」と私。

「もう…限界」

20時で帰ればなんでもいいのか?
Yoさんの考えが分からない。
分からなくもないが、言い方ってもんがある。
Yaに対し。
Iiさんに対し。
不満が爆発…etc
汚い言葉が止まらない。

「うん、頑張ってるのは分かってるよ」のSの一言に、思わず涙。
不意打ち過ぎて堪えられなかった。

Kちに3人で止まった時の話になり。
Sと2人で朝方まで話していた内容に触れるが「覚えてない…」と。
「Kにも言ってなかった事(引きこもりの話)まで話したのに」と言うと
頭を抱え「最低だ…」と。でも思い出せず。
「私も知らなかった事話してたんだ」とKまで涙。

終電が近づき、西部新宿へ送る。

JR終電まであと15分。改札の中へ。
「覚えてないのか」と意地悪じみて言ってみる私。
「まだ時間あるよね。コーヒーでも?」と誘うS。
「あと15分だけど?」
「責任は取る」
「言ったな?」
「取るよ」
改札外へ。

お決まりのぱいかじへ。

「時間少しあければ車で送れるから」と。
しかし時刻は閉店の朝方へ。

泡盛でふらつく私。
「帰れるの?大丈夫?どうする?」
「いい、大丈夫、帰れる」
「大丈夫じゃないじゃん」
「大丈夫だから、迷惑かけれないから、帰れるから」
「ダメじゃん。どうする?決めて?」
「や、大丈夫」
「…決めていい?決めるよ?」
「…うん」

ホテルへ。

ソファーへ。
「最悪だ。ほんとごめん」

話すうちに、くすぐりっこへ。
S側へなだれ込む。

「特技出していい?」
「なに?」
「ホック外し」
「やってみれば?」
「いいの?やるよ?」
「…あ、本気で外した?」
「わかんないの?」
止まらない2人。
「ベッド行く?」
「ん…」
「お姫様だっこする?」
「絶対イヤ」

「奥行って」

横たわる2人。
胸触るS。

「待って。その前にあるでしょ?」
「ん…迷ってる」
「迷ってんだ?」
「迷ってる…」
「迷うのか…迷うならいいよ」
「や…好きだよ」

Sからキス。

ブラを取られ、キスキスキス…。

「下脱がしていい?」
「生理…」
「そっか…」

「したくなっちゃった…」
「ん…」

アラーム。

ベッドに座る私。
膝の間にS。両手は私の太もも。
「大丈夫?帰れる?」
「大丈夫」

身支度を済ませ、立ち上がり
「充電…」
ぎゅ。

「今日どうしよう?」
「いいよ休んで」
「でも…」
「いいよ」

南口?改札で別れ。
ホームで電話、病欠。