イタズラ。

2004年10月31日(日) 10時46分
最近のお留守番中のイタズラはかなりヒドイ。
犯人は間違いなく日暮。
八朔はひとりだった時からお留守番中にイタズラをしたことが1度もなかった。
なので、間違いなく日暮だと思われるのだが・・・
今日はスリッパ。
この無残な姿・・・(涙)


家に帰ると部屋中にタタミのようなものが散らかっていた。
よく見るとこのスリッパが・・・
100歩譲って、スリッパを噛んだことは許そう。
でもこれを誤食していたら・・・と思うと、ゾッとする。
幸い、その後も元気だし、
便からもスリッパのかけらやタタミみたいなものは出てきてはないのだが・・・

しかしそれだけではなかった。
なんとホットカーペットの上にオシッコが・・・
おいおい、まだトイレが覚えられないのか??
日暮には本当に困ったものだ。。。


お留守番中は
サークルの中に入れるようにしつけておけばよかったのだが、
八朔がフリーなお留守番でうまくいっていたので、
日暮も早いうちからフリーにしてしまった。
今さらサークルに入れるなんてとてもできそうにもない。
これも私が甘やかせてしまったせいなのだが。
ただこのイタズラは直ることがないような気がする。
やはりこれも性格の違いなのではないだろうか??
家に帰って部屋を覗くのがちょっと怖い今日この頃だ。。。

ほぼ完治。

2004年10月30日(土) 10時19分
今日は日暮の病院。
患部はかなり小さくなって、見た目にもいい感じだったので、
早く診てもらいたかった。(笑)
「ほぼ完治と思ってもらっていいでしょう」と言ってもらった。
ふぅ〜よかったぁ〜!!
でも念のためにあと1週間はこのまま薬を続ける。
その後もう一度チェックしてもらって、問題がなければ、
徐々に薬を減らしていく予定だそうだ。
やはり1ヶ月から2ヶ月近くは薬を飲みつづけることになりそうだ。
ガンバレ☆日暮。
でも日暮は本当によく頑張ってくれた。
毎日の薬も一切嫌がらず飲んでくれたし、下痢も嘔吐もなかった。
薬の効きもかなりよく、治りも早かった。
八朔の時は、
下痢をしたりフードを変えたりとなかなか大変だったのを思い出すと、
かなり助かった。
ありがとう☆日暮。


アカラスは順調なのだが、ひとつ気になることが・・・
先生に体重管理を気をつけるように言われた。
これ以上の体重増加は呼吸器官、足、心臓への負担など考えられるから、
食事管理や運動などできちんと管理をするようにとのこと。
八朔が小さかったせいか、日暮には大きくなって欲しいといつも思っていた。
まだパピーだから・・という気持ちもあったが、気がつけばもう8ヶ月だ。
私がしっかりと管理をしてやらねばと強く思った。
病気の次は体重管理だ。
頑張ろう☆日暮。


シワ。

2004年10月28日(木) 9時07分
八朔と日暮の頭のシワは全く違う。
なかなか上手に写真が撮れなくて、わかりづらいのだが・・・
八朔はまっすぐ縦に3本入る。


日暮はV字に大きく2本入る。


入る場所も違うのだ。
別にどうでもいいことなんだけど。。。(笑)
なぜかずっと気になっている。
これも顔の大きさの違いとかなのかな?
でも小さい頃からシワの入り方は違った。
不思議だねぇ〜。
皆さんのブヒちゃんはどんなシワの入り方ですか??

=========================
アカラス経過。
今日は赤みが全く消えていた。
患部も随分小さくなって、ジュクジュク感が消えてカラッとしてきた。
治ってる!!って感じが今日はした。
でも毎日、違うんだよねぇ〜。
アカラスってやっぱりコワイ。。。

その後。

2004年10月27日(水) 9時30分
その後、八朔は落ち着いている。
コタツの中にいることもあるけれど、外で遊んでいることも多い。
なので、日暮も一緒に外で遊んでいる。
特に問題は起きていない。


2ブヒは話せないけど、いつも敏感に色々なことを感じ取っているのだろう。
話せない分、敏感なのかもしれない。
そしてそれをちゃんと私たちに伝えているのだ。
もっとちゃんと受け止めてやらねば・・と反省。
八朔も日暮も私の大切な宝物だよとちゃんと伝わるように。。。
みんなでなかよく楽しく過ごせるように。。。


=================
アカラス経過
日暮のアカラスは小さくなっていると思うが、傷がなかなか消えない。
まだアカラスがいるのかもしれない。
他に傷が増えている様子はないが、少し痒がるようになった。
ちょっと不安だ。
このまま治ってくれますように。。。

噛まれた。

2004年10月25日(月) 10時09分
八朔はとてもビビリで敏感なコだ。
夜、日暮の爪切りをしていた。
いつもなら八朔はベッドの下に逃げ込むのだが、
今日はコタツの中に潜ったままだった。
日暮が終わって、次は八朔。
爪切りをしていることはわかっているだろうなぁ・・・と思いながら、
コタツの中を覗いた。
八朔はウーって唸りながら、小さく丸まっていた。
でもここで止めたら、八朔の思うツボだ・・・と思い、
ムリヤリ引っ張り出そうとしたら、私の手を噛もうとした。
マジで!!私にそんなことしたことないじゃん!!
なんて反抗的なんだ!!絶対に出してやる!!そう思い、
かなりムリヤリに出そうとした瞬間・・・
ガブっとやられた。
イタイ!!うそぉー!!マジぃ?!!!!
しかも本気噛みだよ。
どうした?八朔。
こんなこと1度もしたことなかったのに・・・
私はかなり凹んだ。


偶然。

2004年10月24日(日) 12時50分
夕方、広域公園へお散歩へ行った。
偶然、ぶるくんに出会えた。
ラッキー☆
ブルくんはとってもイイコだし、すごく上手に遊んでくれる。
我が家の2ブヒは大興奮。
あんな風に我が家も育ってくれたらいいのに・・・といつも思う。
ありがとう、ブルくん。

  
その後、ブルくんのお友達の大型犬がたくさんやってきた。
私たちも少し一緒に遊ばせてもらった。
みんなとってもイイコ。
いつものようにちょこまか動く八朔と
どこでも興味津々でボテボテと歩いていく日暮にみんな優しかった。
やっぱり大型犬ってスゴイな。。。
我が家の2ブヒが落ち着く日はいつかやってくるのだろうか??
来ない気がする・・・ヤバイ・・・よ・・・


今日は本当にありがとうございました。
またご一緒させてくださいね。

病院。

2004年10月23日(土) 10時37分
朝1番、日暮を連れて病院へ。
アカラスは広がっていないし、赤みもとれてきた。
でもアカラスはしつこい・・・
やはりもう1週間お薬が出た。
また来週、病院だ。
八朔のときも1ヶ月かかった。
間違いなく、1・2ヶ月は通院だろうな。
このまま日暮が調子を崩さず、
いつもどおりの生活を続けてくれますように。。。

八朔は変わらずコタツの中。
日暮が入ろうとすると中から威嚇。
どうしても許せないらしい。
このままではいけないなと思うが、
八朔にしてみれば隠れ場所みたいで落ち着くのだろう。
でもだからって日暮が八朔に威嚇される筋合はない。


もう少し様子を見るしかない。
どうしてもダメなら、こたつは撤去かもしれない。
頼むよ、八朔アニキ。


1週間。

2004年10月22日(金) 8時03分
日暮のアカラスが判明して明日で1週間。


患部はご覧の通り。
1週間前より明らかに小さく、そして赤みが引いているように思う。
ただ、カサブタができて痒いみたいだ。
掻こうとしたら、消毒!のくりかえしだ。
日暮は特に変化なく、いつもどおりの毎日を送ってくれている。
ありがとう。

八朔は変わらず、コタツの主となっている。


中にわざわざ大好きなゴルフボールを持って入って、
ひとりで噛んでいたりする。
そのそばに遠慮そうに入る日暮だが、
ちょっとでも近寄りすぎると“ワン”と一喝される。
お気の毒に・・・


もう少し心の広いアニキになってくれ。

主。

2004年10月21日(木) 10時19分
週末、コタツを出した。
八朔の大好きなコタツだ。
もちろん、大喜びでコタツに潜ったのは言うまでもない。
それからは暑くなって水を飲みに出てくるか、
トイレに出てくるか以外はほとんどコタツの中。
さすがだ。


日暮ははじめてのコタツ。
八朔がいないので、私たちにベッタリ。
抱っこしてもらったり、遊んでもらったり。
でもやっぱり気になるコタツ。
中に入ろうとしたら・・・
八朔が『ウー』ってうなった。
絶対にダメなんだって。
このコタツは八朔のモノなんだって。
ものすごい執着心。
ケチなアニキ。
でも実は私もコタツの主のいないところを探して、
足を曲げ遠慮しながら入れてもらっている。(笑)
日暮がコタツに入れる日はやってくるのだろうか??


============
アカラス経過。
他に増えているところはなし。
患部も広がっている様子はない。
赤みは引いたときと強くなるときがまだある。
まだもう少し時間がかかるのか??

最近。

2004年10月20日(水) 11時11分
今まで2ブヒは自分たちのベッドで眠っていた。
最近になって、ベッドにあげてあげたりしていたら、
いつの間にかベッドの上で眠りたい!!とワガママを言われるようになった。
これはもう自業自得・・・
でもひとつだけイイコトが!!
日暮に朝ごはんコールをされないことだ。
変わりに舐めて起こしてくれるが。(笑)


日暮のアカラスはあまり変化ない。
検査のために剃られた毛が生えてきて、ジョリジョリだけど。
この間、患部を足で掻いていたので、ヤバイ・・・と思い、洋服を作った。
とりあえず着れればいいか、と思い私のTシャツのリメイク。
でも首の部分を思いっきり勘違いをしてしまい、おかしなことになった。(爆)
直す気力を失いかけた私におっちゃんがタートルにすれば??
と天の声。
おー!なるほど。たまにはイイコト言うねぇ〜と思い、
クシュクシュのタートルにしてみたが・・・
首が太くあまりクシュクシュにならなかった。
しかも生地がたりなかったので、家にあった白い生地を使ったら・・・
なんか包帯してるみたい。
闘病中だけになんかリアル。(笑)


こんなに苦労した洋服だが、着せてもすぐに自分で脱いでしまう。。。
変なところで器用なんだよな・・・