元旦の青島はいつもと同じ

January 02 [Fri], 2015, 2:55
新年明けましておめでとうございます。
今年の正月は仕事の関係で青島で迎えることとなりました。
去年は元日フライトで中国に来ましたが、年越しはしていなかったので、どんなものかと思っていました。

しかし、中国で「正月」というと「春節」のこと。
元旦は祭日で休みですが、だからと言って何かするというわけでもなさそうです。
一部日本人向けの店は日本人が帰ってしまうので休んでいるとこともありますが、それ以外は普通に営業しています。
お店はニューイヤーセールをするので混んでいたりしますが、その他は普通の祭日と変わりません。

夜には盛大に花火が上がると思いきや、花火はほんのわずか、春節の1000分の1くらいでしょう。
気付くと、知らないうちに年が明けていました。




初日の出です。この日は天気も良く、空気もきれいでした。


マラソン大会をやっていました。
車がガンガン行き交う道路を走っています。



こんな日でも結婚する人はいます。
外国人っぽい名前ですが、新郎新婦とも中国人です。

年末は青島で

December 28 [Sun], 2014, 9:39
現在、関西空港にいます。
今日(12/28)から1/2まで青島に出張です。
出張なのでもちろん仕事です。

中国のお正月は春節なので、年末年始は通常通り仕事です。
ただ、元旦は祝日になっており、来年は1/4の日曜日を1/2に振り替え、1/1〜1/3が休みです。
12月は31日まで通常通り仕事です。

中国の会計年度は1月スタート12月終わりです。
12月31日は会計年度の最終日、うちの会社は工場なので、決算棚卸を行います。
例年であれば、この時期は日本人は帰国するのですが、去年の棚卸について日本の親会社が監査したところ、ダメ出しがあったので、今年の棚卸はしっかりと監視しなければなりません。
事情により次の総経理の赴任が遅れているので、自分が今回棚卸に立ち会うことになりました。
もっとも、監査ダメ出しされたところも把握しているので、その方が都合がいいと言えばいいのですが・・・。

ということで、今年の年越しは青島のホテルで迎えることになりました。
思えば、去年も元旦フライトだったので、年越しは関西空港近くのホテルでしたが。

考えてみれば昨日・今日は出国ラッシュの日。
関西空港には朝8時前に着いたのですが、とんでもない人混みでした。
手荷物を預けるのに20分。
事前にオンラインチェックインしていたのですが、それでも待たされました。
チェックインしていなければ、恐らく40分くらい待っていたでしょう。
そっちの方が長い行列ができていましたから。
その後、手荷物検査上に入るのに40分待ち。
「ここは○ィズニーリゾートか」と思わせるほどの行列でした。
出国審査が終わったのは9時過ぎ。
早く来てよかったです。
おかげでラウンジで少しゆっくりする時間が取れました。

ではこれから行ってきます。


見えにくいですが、左側のANA機に乗ります。

青島水族館(海底世界) (その3)

December 18 [Thu], 2014, 21:00
本当は最初に見るはずだった青島水族館に行きましょう。


結構立派な建物です。


入口です。
現在でも「青島水族館」の看板がありますが、展示物は昔とは変わっているようです。




「水母」というのはクラゲのことです。
この建物は今は「クラゲ館」になっています。


まずはミニ水槽があります。


クラゲの水槽がいくつかあります。




ライトを当てるとクラゲはいろいろな色に染まります。
クラゲは透明なはずなのですが、色が付いているように見えてしまいます。


まあ、クラゲは発光しますからね。


これは光も当たっていないのに真っ赤です。
元々こんな色なのでしょうか?


続いて「海獣館」に行きます。


アザラシが泳いでいます。
こういった類の動物がいます。


一部は水槽の中を覗けるのですが・・・。


ステージのある大きなプールですが、水が汚すぎて何がいるのかさっぱりわかりません。
動物はいました。
かなり大型のやつが。
でも水が汚いのであまり姿が見えません。


亀です。
この水族館、あちこちに亀がいるような気がします。
でも、この水槽はきれいなので、亀が泳ぐ姿をはっきり見ることができます。




結構迫力のある泳ぎをしていました。


ペンギンもいます。
ガラスが汚れていてよく見えません。


八大関にもいた偽ミッキーマウスです。
例によって、一緒に写真を撮ろうと寄ってきます。
最初は愛想がいいのですが、別れようとするとチップを要求してきます。
いくらでもいいのですが、だいたい10元くらいが相場です。
お金を払いたくない人は近付かないように、遠くから写真を撮りましょう。


【交通:バス】
イオン(遠洋広場)から304路、316路、または321路→魯迅公園下車徒歩5分

【入場料】
海底世界以外の施設
 繁盛期(4/1〜10/31) 40元
 閑散期(11/1〜3/31) 20元
海底世界を含むすべての施設
 繁盛期(4/1〜10/31) 130元
 閑散期(11/1〜3/31) 110元
(2014年11月現在)

青島水族館(海底世界) (その2)

December 14 [Sun], 2014, 21:00
続いて「海底世界」に入ります。


何だか・・・なオブジェがお出迎えです。
写真を撮っている人も多かったですが・・・。


入口でセキュリティチェック。
かばんをX線検査機に通します。


最初の水槽には小さいサメがいました。


小さな魚の水槽です。


面白い魚もいます。


海底世界の目玉の一つはこの海底トンネルです。
結構な長さがあります。


基本はベルトコンベアに乗って流れて行くのですが、空いていたので横の通路に降りてゆっくりと写真撮影ができました。
混んでいるときは下りることができず、ただ流れて行くだけです。


エイを真下から見るとこんな感じ。


カメです。


人が潜って何かをしていました。


海底トンネルを抜けると船の窓に見立てた鏡が並んでいます。


2つ目の目玉は大水槽。


2階から見るとこんな感じ。
結構大きな水槽です。


最後の目玉は円筒水槽。


一つの円筒水槽としては世界最大らしいですよ。


たくさんの魚がいました。


円筒水槽の後は幻想的な空間へ。


面白い生物もいます。


タツノオトシゴ。
中国語では「海馬」です。


最後はお土産コーナー。
ぬいぐるみや海産物を売っていました。


記念にトランプを買いました。
1つ3元でした。


【交通:バス】
イオン(遠洋広場)から304路、316路、または321路→魯迅公園下車徒歩5分

【入場料】
海底世界以外の施設
 繁盛期(4/1〜10/31) 40元
 閑散期(11/1〜3/31) 20元
海底世界を含むすべての施設
 繁盛期(4/1〜10/31) 130元
 閑散期(11/1〜3/31) 110元
(2014年11月現在)

青島水族館(海底世界) (その1)

December 12 [Fri], 2014, 21:00
以前、「極地海洋世界」という水族館に行きましたが、旧市街地の方にもう一つ水族館があります。
帰国直前の休日に行ってみました。


チケット売り場です。


ここは5つの建物に分かれています。
@青島水族館 A海獣館 B海洋博物館 C鯨館 D海底世界です。
閑散期に行きましたが、「海底世界」以外の4つのみ見る場合は20元、「海底世界」を含めてすべて見る場合は110元です。
ということは「海底世界」は90元ということでしょうか。
というのも、水族館は市の施設、海底世界は水族館と民間会社が共同で運営しているので値段が違うのです。


最初にネタばらしですが、見る順番を間違えました。
本当は@→A→B→C→Dの順に見るのですが、B→C→D→@→Aの順番で行ってしまいました。
どの建物から見てもいいのですが、順番に見た方が最後に盛り上がります。
間違えたものは仕方ありません。
行った順番に紹介します。


これがチケットです。1人1枚です。
一緒にオレンジの飴をくれました。
なぜ雨をくれたのかは全く分かりません。


最初は「海洋博物館」です。
貴重な標本がたくさん展示されている博物館です。


入ってすぐのところに展示されているのはクジラの骨です。
カメラに収まりきらないくらい大きいです。


青島水族館は中国で最初に作られた水族館らしいです。
「淡水生物館」があると書いてありますが、現在工事中で見ることはできませんでした。


少し前に話題になった赤サンゴです。
これだけ大きなものはとても高いでしょうね。


展示物がたくさんあります。


ここは標本の数も中国有数とのこと。貴重なものがたくさんあるようです。


魚のはく製?
作りもの?


サメの模型。
この辺りになると「如何にも作りもの」感が出てきます。
作りが雑になっています。


次は「鯨館」です。


これまた大きな鯨の作りものです。


クジラの骨もあります。
やっぱり大きいです。


角がある鯨。
後ろに説明書きがあるのですが、模型の影になって見えません。


「世界の貴重な貝の展示」がありました。
たくさんありましたが、同じようなものばかりでよくわかりませんでした。


この辺りは海の水がきれいです。


【交通:バス】
イオン(遠洋広場)から304路、316路、または321路→魯迅公園下車徒歩5分

【入場料】
海底世界以外の施設
 繁盛期(4/1〜10/31) 40元
 閑散期(11/1〜3/31) 20元
海底世界を含むすべての施設
 繁盛期(4/1〜10/31) 130元
 閑散期(11/1〜3/31) 110元
(2014年11月現在)

日本に帰ってきました

December 08 [Mon], 2014, 20:51
12/6に日本へ帰ってきました。
帰りはビジネスクラスに乗りました。

同じビジネスクラスでも東京便と関西便では使っている機材が違うようです。
リクライニングシートが東京便の方がゆったりしていましたね。


まずは食事前の飲み物。
シャンパンをお願いしました。


食事です。
今回は和食にしました。
飲み物は赤ワイン。






コーヒーも紙コップではなく、カップで出てきます。
お茶もそうでした。
やっぱりゆったりしていていいですね。

さて、帰りに預け荷物で事件がありました。
一つ目は、荷物を預けるとき。
今回はとても荷物が多かったので、重量オーバーは覚悟していました。
でも、ビジネスクラスなので32kgまでOK。
測ったら、1個は34kgありました。
「超過料金がかかりますがいいですか?」
「はい」
「超過料金は200ドルですけど」
「ちょっと待ってください。」

確認すると、エコノミーの23kgを超えて32kgまでは40ドルなのですが、32kgを超えると200ドルなんだそうです。
慌てて2kg取りだすと、荷物は2個あったのですがどちらもセーフ。
無料で預けることができました。

出発までラウンジでのんびりしていました。
ビジネスクラス専用ラウンジで、ビールも無料。
食べ物もあります。
すると、「○○様いらっしゃいますか?」と自分の名前を呼んでいる人がいました。
何かと聞くと、預けた荷物が保安検査で引っ掛かったとか。
中身を確認してほしいので一緒に来てくださいと。
せっかくのんびりしていたのに、ゆったりタイムは終わってしまいました。

手荷物の検査場に行くと、「充電器と携帯電話が入っていませんか?」とのこと。
全く心当たりがありません。
スーツケースを開けて、中に入れていた箱を開けると、充電式乾電池約10本とその充電器が。
これは入れていてもOKとのこと。
次に、先のとがったものが入っていると。
ワインの栓でした。金属製で、先がとがっています。
これもOK。
更に携帯電話があると。
これは全く心当たりがなく、いろんな箱を開けると、ニンテンドーDSが出てきました。
これでした。リチウム電池が入っています。
DSは預け荷物に入れられないので、手持ちで入ってくださいとのこと。
ようやく終了です。

もう一度保安検査を通ると、既に搭乗時間を過ぎていて、待合場には誰もいませんでした。
すぐに飛行機に乗り込み・・・。でも、他にも引っかかっている人が数人いました。

成田空港に着いて、宅急便で荷物を送り、Arrival Loungeへ。
これはビジネスクラスで到着した人が使えるラウンジです。
青島のラウンジでゆっくりできなかったので、ここでのんびりしました。
30分くらいすると、他のお客さんは誰もいなくなっていました。

さようなら、青島

December 06 [Sat], 2014, 10:35
いよいよ帰国です。
今まで本当にいろいろな人にお世話になりました。

昨日は休みをもらって帰国準備をしていたのですが、最後の最後に仕事の契約があり、夕食はその業者の人たちと食べに行きました。
中国の東北地方では、遠くに旅立つ人に餃子を食べてもらうという習慣があるそうです。
昨日の夕食は餃子でした。
実は、その前日も中国の友達と餃子を食べに行きました。
もちろん、餃子だけではなく他の料理も注文するのですが、最後にいろいろな人たちにごちそうになって、いい思い出になりました。

今日のフライトで帰国します。
最後は自分へのご褒美にビジネスクラスにアップグレードしました。
もちろん、自分のマイルを使っています。

もうすぐ出発の時間です。

さようなら、青島。
さようなら、青島のみなさん。
本当にお世話になりました。

再見!

音楽広場と海風園

December 02 [Tue], 2014, 21:00
海沿いに音楽広場という場所があります。
何か音楽に関係あるのかと思って行ってみました。


音楽広場の図です。


公園に入ってすぐのところに鳩の小屋があります。
看板には「あなたが持ち込んだえさはあげるな、2元で餌を買え」と訳のわからないことを書いています。


なぜこんなところに鳩の小屋があるのかはわかりません。


鳩です。レース用ではないようですが・・・。


気を取り直して、これが音楽広場の本体です。






周りには有名な音楽家の彫刻が置いてあります。


本体の建物から何やら音楽が聞こえています。


行ってみると、どこかのおっさんがカラオケをやっていました。
カラオケカーまであります。


モニュメントがあります。


日本と中国と韓国の観光関係のえらいさんが会議をした際、記念に建てたもののようです。


大きなピアノがあります。


このピアノ、実際に弾くことができるらしいです。
カバーがかかっていたので弾くことはできませんでしたが。


すぐ近くに「海風園」という彫刻がある公園があります。


@孟子


A韓非子


前がB孔子と顔回、子路、後ろがD諸子百家図


C孫武


E鼎、灿烂文明
灿烂は「光り輝く」という意味です。


【交通:バス】
イオン(遠洋広場)から31路、104路、225路、232路、304路、316路、321路または501路→市政府下車徒歩15分

海趣園(東海路彫塑園)

November 28 [Fri], 2014, 21:00
以前、彫塑公園を紹介しましたが、東海路には他にもたくさんの彫刻があります。


例えばこんなやつ。
大きいので、香港路をバスで通る時にも見えます。


海岸沿いに遊歩道があるのですが、そのうちの15kmくらいの範囲にいくつか彫刻の公園があるようです。
そのうちの「海趣園」に行ってきました。
14種類の彫刻があって、それぞれに名前が付いています。


@乗風破浪


A約定


B童眼看世界


C孔融譲梨


D伯楽相馬


E岳母刺字


F猴子撈月
「猿の子供が月をすくい取る」という意味です。


G曹沖称象


H磨扞成針
「串を磨くと針になる」という意味でしょうか。


I司馬光砸缸
「砸」は打ち壊す、「缸」はかめ、「司馬光がかめを打ち壊す」でしょうか。


J対弈
「囲碁を打つ」という意味です。


K聞鶏起舞


L亀兔赛跑
いわゆる「ウサギとカメ」ですね。


こっちがカメ。


こっちがウサギです。


M螃蟹上岸
蟹が上陸してくるというものです。




【交通:バス】
イオン(遠洋広場)から31路、104路、225路、232路、304路、316路、321路または501路→湛山下車徒歩10分

館陶路(旧金融街)

November 25 [Tue], 2014, 21:00
日本が占領していた当時、ドイツが作った建物を利用して金融関係の会社が集まって金融街を作っていました。
数百メートルの道路に当時の面影が残っています。

旅順
スタートは青島人ならだれもが知ってる即墨路市場。
怪しい物の宝庫です。


韓国商品の卸売市場がある方向へ。


階段を下りて行きます。


出たところは「市場三路」、ここを道なりに歩きます。


道なりに歩いているうち、いつのまにか「旅順路」になります。
縦の道と横の道の名前が異なるのはよくあることなので気にせずあるきます。


すると、「市場二路」に入ります。
市場三路と平行な道です。
「最初から市場二路を行けばいいじゃん。」
そこはご愛嬌ということで。


突き当りまで行くと「堂邑路」になります。ここを右に曲がって。


この建物の当たりで二股に分かれていますので、右側に進みます。
ここからが「館陶路」です。


この建物のあたりに出てくる道が「市場一路」、市場二路と平行な道です。
「最初から市場一路を行けばよかったじゃん。」
...知らなかったんだから、仕方ないでしょ!




ここから昔の建物が出てきます。
看板を見ればだいたいわかりますよね。
現在はいろいろな会社が使っています。
旧横浜正金銀行青島支店、ここは現在は青島銀行になっています。




次は三菱洋行址。


ここは現在絹織物関係の会社ですね。




旧朝鮮銀行青島支店、朝鮮も当時は日本が併合していましたからね。
現在は中国工商銀行、銀行の建物はそのまま銀行として使われているようですね。




青島取引所址。
証券、ガーゼ、特産物、硬貨紙幣の4種類の取引をしていたとあります。
ここは今、建物内部の取り壊しをしていました。
何かに使うんでしょうかね?




旧大連汽船青島支店。
今はホテルになっています。


出口のところに「ドイツ風情街」のモニュメントがありました。
本当はこちらが入口?

金融関係以外の建物にも、昔のドイツを思わせる建物がたくさんあります。


レストランの壁です。
「1917」年にオープンしたんでしょうかね?


これは楽器屋さんでした。


これは薬関係の会社のようです。


壁に囲まれたところの上の方の建物です。


壁に取り付けられたまーく、いろいろな種類がありました。
ドイツの鉄鋼会社だったのでしょうか?


現在は「軍事管理区」になっています。
早々に立ち去りましょう。
壁にへんなセンサーがたくさんついているし・・・。


車が多いのは仕方ありません。
でも、落ち着いたところでしたね。


【交通:バス】
(即墨路市場まで)
イオン(遠洋広場)から228路または231路→中山路下車徒歩5分
※ 最寄りのバス停は市場三路
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:よし
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 誕生日:12月15日
  • アイコン画像 現住所:国外
  • アイコン画像 職業:会社員
読者になる
仕事で中国の青島へ単身赴任しています。日々の仕事や生活で発生するエピソードを紹介します。日本では考えられない事件もたくさんあります。

2015年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像マロ
» 元旦の青島はいつもと同じ (2015年01月13日)
アイコン画像
» 就業証と居留証を更新しました (2015年01月13日)
アイコン画像よし
» 元旦の青島はいつもと同じ (2015年01月03日)
アイコン画像マユゴン
» 元旦の青島はいつもと同じ (2015年01月02日)
アイコン画像よし
» さようなら、青島 (2014年12月08日)
アイコン画像フタゴノチチ
» さようなら、青島 (2014年12月07日)
アイコン画像よし
» 観象山公園 (2014年11月23日)
アイコン画像マユゴン
» 観象山公園 (2014年11月23日)
アイコン画像よし
» 2015年の年賀カードを購入しました (2014年11月12日)
アイコン画像Kinako
» 2015年の年賀カードを購入しました (2014年11月11日)
最新トラックバック
ヤプミー!一覧
読者になる