ゴルフの素振りでいうバットとは

August 26 [Mon], 2013, 0:58
ゴルフの素振り道具といえば、やっぱりバット。

当然野球用のものでも本当アリですから、ゴルフをしている身としては、一度くらい専用のものも使用してそうです。

ここんとこじゃあ、高性能かつ持ち運びに役に立つなものが続々と発明され、需要も増えてきている。

だからあの機会にぜひ一度、ショップでバットを物色してみては如何ですね。







人気があるゴルフ練習用バット



氏名は当然、長さや重みに至るまでもが多種多様なバット型の用具。

そのなかで不動の話題を誇っているものに、Azas Golfの「ドライバット」があるでしょう。

みなさん、練習場でビタミンカラーの細いバットを振っている人を見かけたことはあるでしょう。

あれのだが、こちらで伝授しているドライバットでした。

あの品は大勢のプロが愛用していることでもメジャーで、今や大抵のゴルフショップで目にしていることが可能だ。







なお、ドライバットにはツアープロロング(50センチ)・ツアープロ(45センチ)・アスリート(45センチ)・スタンダード(45センチ)と言う4つのような人があり、重さや特色も各個によって異なりますから、まずは本人に合ったものを探すことから始めませんか。

資料までに各個の利点を挙げるとすると、ツアープロロングはバランス重要視、ツアープロは筋力や飛距離を上げたい人用、アスリートはトレーニングに適していて、スタンダードはヘッドスピードを上げたい人用、というような感じでした。

ちなみに、プロの利用率が大幅に高いのはツアープロロング、アマチュアに多くの人に支持されるなのはアスリート、女の人やシニアにはツアープロロングかスタンダードがいいとのこと。

以上に加え、購入の際には使用しているシャフトの固さや腕の力等も配慮して選択すると、練習効率が上がります。







筋力UPにオススメの練習用バットは



ここんとこ発売されたものでわたしが気になっているのは、ABUトレーナーZ SSS(アブトレーナーゼットスリーエス)

こういうのは、振るたびに重みが増してくると言う不思議な用具で「50回の素振りで200回分の疲れ感」と言うフレーズがニュアンス的でした。

形はバットに似ているのだが、芯のゾーンはどうやらスチール。

筋力UPにそちらの点はかとない力添えをしてくれそうなあの品、ドライバットよりもお料金はお高めですが検証してみたい気はしていきましょう。ゴルフスクール通い







バット型の道具で素振りをしている良い点には、ヘッドスピード及び飛距離がUPしているといったことが挙げられている。

しかし、デ良い点にはスイングが早くなりますと言うものがあるから、しなり戻りの遅いシャフト(柔らかいシャフト)を利用している方はお気をつけくださいね。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:yuki
読者になる
2013年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/7zj2d96t/index1_0.rdf