マンションでのピアノの演奏時間について 

August 21 [Sun], 2016, 8:31


 今回はピアノの演奏時間についてお話します。皆さんのマンションではピアノの演奏時間についてどのように定められていますか?私のマンションは使用細則で夜8時から翌朝9時まで演奏を禁止しています。

 原始管理規約および使用細則には元々何の規定もなかったのですが、入居早々に区分所有者から問題提議があり、当初は住民同士の申し合わせとして出発しました。その後、正式に管理組合が発足してから使用規則に明文化したという経過があります。

 入居開始当時、各戸の家族構成は子供といっても小学校の低学年が最も年長で、乳幼児が圧倒的に多い状態でした。ですから夜8時以降演奏禁止というのは生活実態に適合していたと思います。

 ところが3年ぐらい経過すると「演奏禁止はせめて夜9時以降にしてほしい」との要望が出てきました。最初は1戸だけだったのが5戸まで増えてきたのです。その理由は「子供が小学校の高学年になって塾や稽古事に行くようになると帰宅して食事を終えるとすぐに8時になってしまうので、ピアノの練習ができない」というものでした。

 当時の私はこの意見に反対しました。確かに要望する方の生活実態は否定しませんが、他の住戸に現に乳幼児がいましたし、子供も次々と誕生していましたので、夜9時以降に変更するのは問題が多いと思ったからです。

 要するに、当初の演奏禁止時間の設定を自分の子供の成長に合わせて変更してほしい、との意見にしか受け取れませんでした。そして、「あと何年か経過して子供が高校受験・大学受験の時期を迎えたときに、本当にピアノ練習をするのですか?そのときに他の住戸のピアノ音が迷惑と感じませんか?」と述べました。

 私はルール崇拝で言ったのではありません。当初、乳幼児の生活実態を基準にルール設定したのですから、その部分を論議せずに自分の家庭の生活実態を理由に改正を求めた点に反対の意見を述べたのです。

 結果は「これまでみんなで遵守してきたルールだから、これからも遵守していこう」という意見が出され、それに多くの人が賛同しました。

 しかし、私はこの意見に対して、結論は同じでも考え方には大きな開きがあると今でも思っています。マンション自治の観点からいえば、区分所有者の総意によってルールを変更することは何の問題もないと考えます。問題はルール変更の理由がどれだけ説得力があるか、ということです。この論議は「乳幼児の生活実態」という点を外しているから問題なのです。

 このピアノ演奏の時間を巡る議論も今はまったく沈静化しています。サイレントピアノの登場と子供の成長が原因です。今ではピアノの音を聞くこともなくなりました。

 私には「光陰矢のごとし」を感じさせる話題です。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:うぞふこたつがぼ
読者になる
2016年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる