消息不明な配偶者の印鑑を使って離婚届を提出するなどの行為

December 07 [Fri], 2012, 16:49
結婚により妻が夫の姓(氏)を名乗った場合、離婚した妻はもとの姓(氏)に戻るのが原則です(民法767条1項)。その後1950年前後(約1)および1984年(1.51)に二度の山を形成したが、1990年代から再び上昇し、2002年には2.30を記録した000。また、熟年結婚が熟年夫婦による離婚の数値を押し上げている。


あくまでその家庭の事情にあったケースバイケースで決めるしかないのです。理由2.結婚後にできた私の友達を、僕の会社の妻と知っているから友達になってくれているんだと。(離婚の過程モデル)離婚は単一の出来事ではなく、一連の過程(プロセス)であると主張する。


しかし、夫婦問題には、法律だけでは解決できない、というか、法律をもってすると、感情的にもつれにもつれて、かえってこじれてしまうケースが多々あります。中学校2年生息子、小学生5年生の娘、私と妻は36歳6月の新築の一戸建てを建てようと話も出ていました。民法上の離婚をして再婚をした場合は、教会法上の重婚状態とされ、その罪のため聖体拝領を受けることが出来ない。


消息不明な配偶者の印鑑を使って離婚届を提出するなどの行為を行なった場合、離婚の無効は勿論、文書偽造行使罪になりますので、手間は掛かりますが、裁判によって離婚してください。民法上の離婚をして再婚をした場合は、教会法上の重婚状態とされ、その罪のため聖体拝領を受けることが出来ない。判例によれば「民法は単に夫婦の一方が不治の精神病にかかつた一事をもつて直ちに離婚の訴訟を理由ありとするものと解すべきでなく、たとえかかる場合においても、諸般の事情を考慮し、病者の今後の療養、生活等についてできるかぎりの具体的方途を講じ、ある程度において、前途に、その方途の見込のついた上でなければ、ただちに婚姻関係を廃絶することは不相当と認めて、離婚の請求は許さない法意であると解すべき」とする(最判昭33・7・25民集12巻12号1823頁)。


また、姻族関係は離婚によって終了する(民法第728条1項)。自分で行う事に比べると料金がかかってしまうかもしれませんが、不要なトラブルを避けたり助言をもらったりできます。お互いにどんな人かがあらかじめわかっていれば、話をしやすいし先方も聞きやすいからです。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:みやの儷子
読者になる
2012年12月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/7riikx6s/index1_0.rdf