解毒中 

April 04 [Wed], 2007, 15:49
目に見えるモノに絶望感じたら

目に見えないモノに頼るしかない。


奇跡だとか、異常な事が起きなければ現状は好転しない。


運命だとか絆だとか愛情だとか氣だとか霊だとか宇宙だとか

何でもいい。力を貸してください。



努力や実力やお金じゃ手に入らないたくさんの欲しいモノ。

わがままで欲張りで自分さえ良ければいい私は絶対欲しいと思ってしまう。

手に入ると思ったのに入らなかった。

これから先の計画たくさん立てたのに全てナシになった。



無になった。





我に返って回りを見渡すと何も残ってなかった。

私の脳の中だけの事です。 

April 04 [Wed], 2007, 14:09
昨日まで幸せでみんなにも幸せ振りまいてたのに、

今日は不幸でみんなの笑顔がのう天気に見えます。

この感情は何?

幸せを知らなければ今日だって普通に笑えたのに。

不幸の中に居たら不幸に気付かなかったのに・・・・



いい物見つけて喜んで、いい物なくして悲しんだ。

最初からなければ悲しまなくて済んだのに。



悲しい時は一人にならない方がいい。

どんな人だっていい。

努めて笑ってたくさん話しをするといい。

悲しい理由を知らない人と関係ない話しをするといい。


でも、必ず1日に何回か、一人になる時がある。

そんな時は悲しみの大海原に飲み込まれて溺れています。


その回避方法はまだ見つかりません。



悲しみが鼻から口から入って来て、息が出来なくて、むせて、気が遠くなって、

このまま溺れて死ねればいいのに、

永遠に続くかのような悲しみに溺れ続けて、

そしていつか慣れて悲しみの中で呼吸が出来るようになるんです。






もう終わっていいかな・・・・ 

April 04 [Wed], 2007, 12:09
今日はこんな日
明日もきっとこんな日

私は強い

壊れない。


昔から壊れなかった。

そして、誰も守ってくれなかった。


大きな声で笑えるよ。

おもしろい冗談言えるよ。

強い口調で人を威圧出来るよ。

みんなに好かれるよ。

やさしい人だって言われるよ。



それでいいんでしょ?



例えば 

April 04 [Wed], 2007, 11:31
出来るのなら生まれ変わりたい。

情がないかも知れないけど、
もっと知的で裕福の親の元に。
兄弟も少なく親の愛情をたっぷり受けて
目鼻立ちの整った、自分の顔のパーツなんか
これっぽっちも気にかけた事がないくらい問題のない容姿で
自然に勉強や習い事をする姿勢を物心つく前から身に付けた形で
回りの人に対して依存心がなく、全てを自分の確かな意志で決める。

パートナーがいようがいまいが構わない。
大切なのは自分が自分の思うように生きているか。
自分を装ったり、抑えたりしなければ繋ぎ止めておけない人はいらない。
その人がいなければ生きていけないような人もいらない。

自分をしっかり築き上げていけば、
土台も枠も自分であれば、
どんな事があっても崩れる事はないでしょう。



そんな人に生まれ変わりたい

まったく逆の自分に。





現実逃避・・・ではなく現実直視 

April 04 [Wed], 2007, 10:17
どうしていいかわかりません。

心が破裂しそうです。
でも誰にも助けを求めません。

助けて欲しい人がいないからです。
じっと耐える事しか出来ません。

視界の隅にぶよぶよに太った芋虫が居て、たまにこっち見てます。
気持ち悪いので私は何も出来ません。
気持ち悪がられてるのを気付かない芋虫はオペラ歌手のような高音を上げて
自由に振舞ってますが、動くたんびに背筋がゾッとします。 

たまに若いカマキリが若いというだけの自信に満ち溢れた顔で
気取りながら通り過ぎていきます。
魅力もないくせにただ若いだけの、なんの根拠もない自信なのに。
大きくて茶色の毛深い蜘蛛も視界の中に入ってきました。
茶色のうねった長い毛が自慢らしく、長い手足を大きく広げてるけど、
おぞましいとしか思えない。
黒く艶光りしたダンゴ虫も体伸ばしてます。ここがすごく居心地いいんだね。
無邪気な虫達は私に気持ち悪がられてるのも気付かずに自由に動き回ってます。

私は我慢出来なくて目をつぶって下向いてます。
いつまでこんな日々が続くんですか?

その他にもナマズ、ゴキブリ、その他いろいろな虫が居て、
今日は新しくおおきな薄茶色のナナフシが仲間入りしました。
ここの緑は若葉色ではなく、グンジョウイロ。日の当らないジメジメした場所が多い。
みんな湿った落ち葉の下でジッとしています。


なんで私はここに居るの?キレイな美しい色が見当たらない。

最近よく私の前を飛んでいたシャープなラインのツバメは故郷に帰ってしまったみたい。
もっと仲良くなりたかったな。

ずっと前にここで見つけた汚れたビー球は、
ビー球だと思ってセッセと磨いたら泥で出来た玉だった。
水で洗ったら形がいびつになったので捨てちゃった。


頭がおかしくなりそうなこの世界で一番気に食わないのは

このモノ達がみんな、自分の事を ”人間” だと思っている事。









P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:777qp
読者になる
2007年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる