閉鎖のお知らせ 

2007年03月19日(月) 10時56分
かねてから思っておりましたが、こちらのブログは拡張性がないばかりでなく、基本的な操作性に於いても多々不都合な点があるため移転することに致しました。

これからは「不幸な日本の常識」でお楽しみください。
なお、古い記事についても追々移行し、閉鎖する予定ですのであらかじめご了承ください。

隠蔽工作 

2007年03月16日(金) 9時52分
今週、2つの隠蔽工作があったことが発覚しました。
1つは「プロ野球裏金問題」ですし、もう1つは「原発事故」です。

その2つを同じ次元で捉えることはできませんが、世界で1週間に2つもの隠蔽工作が発覚する国など他にないでしょう。

美しい日本ならぬ、小ずるい国日本の面目躍如(めんもくやくじょ)といった感じではないでしょうか。

これの防止策は簡単です。
隠蔽工作した場合の罰則を厳しくするだけでいいのです。
つまり、隠蔽工作することのリスクを大きくすればいいのです。
特に原発の場合、管理元の大臣まで辞職に追い込まれるようなものにするだけで100%防ぐことができます。

そしてこの両方に共通して言えることが、依然として改善されていないことで第3者による完全なる再発防止策が必要であると言えます。

日本には「司法取引」という制度はありませんが、本当のことを言った早大の清水選手には正直者がバカを見ることのないよう暖かく迎えてあげたいものです。

BSEの時はアメリカに絶対できないことを承知で100%の検査を求めるくせに、いざ自国の問題となると急に物わかりが良くなってしまうという絶対に友達にはなりたくないタイプの国、日本なのです。


「FC2ブログランキング」へご協力ください。

被害者面(づら) (その参) 

2007年03月16日(金) 9時25分
日本では「私は繊細だから」とか「傷つきやすいから」とかいうのをよく耳にします。
このように言われてしまうと、日本では「繊細で、よく人に気遣いをして、良い人」とのイメージがセットで思い浮かびます。
これも日本では被害者面すると好意的に見られてもらえるという悪しき慣例です。
実際は繊細な人が、人によく気遣いをするか、そして良い人なのかは基本的に別の問題であると考えられます。

そもそも「自分が繊細だ」と公言することは、結果的に自分に気遣いすることを強要していることになり、もし本当に少しでも気遣いができる人であれば、そのようなことを声高らかに公言できるはずがありません。

もし、そのことに気づいていない人であれば単に無神経な人ですし、もし気づいていて言っているのであれば厚かましい人か小ずるい人になるわけです。

そして、大人の責務として少々のことには傷つかない強さを身につけていなければいけません。

結局、傷つきやすい人は小ずるいだけの人と思っても間違いはなさそうです。

くれぐれも、傷つきやすいかどうかは公言する事ではないので、すべて自己責任でお願いします。


「FC2ブログランキング」へご協力ください。

被害者面(づら) (その弐) 

2007年03月15日(木) 10時36分
前回「被害者面」について書きましたが、これは一般の家庭でも同様なことが起きています。

家庭内でのけんかの場合「あなたがこうだから、私が不幸になった」的なものがほとんどです。
つまり被害者面をして、自分が不幸になったのを自分以外の人に責任転嫁しているのです。

これも自立できない大人の日本人ならではの発想なのですが、自分の幸せを自分で掴めない人が楽に生きていけるほど世の中は甘くはありません。

これも潜在意識として自分が不幸であれば、その分他の人が幸せになっているという間違った幸福論(ひがみ論)があるからですが、そうやって家庭にどんどん不幸な要素を取り入れて文句を言って不幸を楽しむしか他に生き方を知らないのです。

日本の無意味な不幸はまだまだ続きます。


「FC2ブログランキング」へご協力ください。

被害者面(づら) (その壱) 

2007年03月15日(木) 10時01分
最近の報道は被害者面したものが目立つようになってしまいました。

確かに加害者側の意見は、ありきたりのものでおもしろさに欠けるのは理解できます。
対照的に加害者側は感情的で喜怒哀楽をあらわにするため、報道としては格好の餌食となります。

そこまでは我慢するしかないとしても、最近ではマスコミがさも被害者面をして加害者に立ち向かう姿が伺えます。

いい例が、あの「雪印事件」で被害者面したマスコミに向かって言った「こっちだって寝ていないんだから」という言葉がマスコミの手によってすり替えられ、被害者に言ったかのように伝えられたのです。
このようなごく少数のマスコミの手によって雪印社員などは、大きく人生を変えられてしまったのでしょう。
「ペンの暴力」などという生やさしいものではなく、明らかに犯罪であると思われます。

最近の朝のワイドショーなどでも、被害者面をすればどんな意見でも正当化されてしまいます。
報道は本来「公正・中立」でなければいけないはずですが、残念ながら今の日本では被害者面して感情的な意見で被害者の代弁をする人こそが立派な人との考えが定着してしまいました。

被害者が感情論を言うのは理解できますが、それに便乗して報道側までもが感情論でわめき散らす姿は恥ずかしいばかりでは済まなく、加害者はもちろん被害者にとっても不幸な結果となってしまいます。
所詮、感情論は感情論で一時的に盛り上げる役には立ちますが、問題解決には何ら役立たないからです。

拉致問題も同様ですが、日本は依然として感情論で盛り上げようとしています。
そして被害者自身も含めすべての日本国民は拉致問題が解決するとは絶対に誰も思っていません。

このような幼稚なやり方が、残念ながら日本の大人の考えなのです。


「FC2ブログランキング」へご協力ください。

風評被害 

2007年03月01日(木) 13時44分
「風評被害」という言葉があります。
先進国など情報が発達した国では、ほとんどあり得ませんが、後進国の日本では常にこの被害にさらされています。

最近、東国原知事が鳥インフルエンザの風評被害を防ごうと鶏肉をおいしそうに食べたりしていました。
東国原知事のしていることにとやかく言うつもりはありませんが、このようにマスコミの人気取りをしないと風評被害を防げないと言うのは、正しい報道をする国ではあり得ません。

風評被害とは、科学的論理的でなく感情的な人が騒がないことには絶対に起こり得ないからです。
しかし、日本ではマスコミが「風評被害が広まっています」と事を大きくするためにわざと騒いでいるのです。

お前ら、バカだろう。


「FC2ブログランキング」へご協力ください。

公園デビュー 

2007年03月01日(木) 12時47分
一時期「公園デビュー」という言葉が流行りました。
実際にそんなバカなことがあったとは信じがたいのですが実際に無くとも、まことしやかにその言葉が定着したこと自体、まともな国ならばあり得ないことと言えるでしょう。

なぜ公園でいい大人がたわいもない世間話をするのにいがみ合ったりしなければいけないのでしょう。
知らない人だからとなぜ仲間はずれにするのでしょう。

単に愚かで心が貧しい人だからでは無いでしょうか。
そうでないと説明が付きません。

これだけ物が豊かにあり、食べ物に困ることが無くなった時代になぜここまで余裕がないのか理解に苦しむばかりです。
もしかしたら「公園デビュー」などと無かったのかも知れません。
しかし、それを真(ま)に受けて実践した人は多くいたのではないでしょうか。

たぶん、こんなのは日本だけでしょう。
もちろんそれが日本だけでなかったとしても、心が貧しいことに代わりはないのです。


「FC2ブログランキング」へご協力ください。

46/100 

2007年02月26日(月) 11時39分
昨日、ある番組で「○○○○議員は未だに悪い人だ」というのをスタジオにいる100人から聞く企画がありました。

これがその時の結果です。
番組の冒頭でまだ押すのに慣れておらず、そして「未だに」と限定している状態。
しかもほぼ全員が女性であり、感情に流されやすい人たちばかり。
この状況で46人も○○○○議員は未だに悪い人だと思っている人がいたのです。


本人は「もっといると思った」と負け惜しみを言っていましたが「この後、番組しにくい」といった発言がすべてを物語っていたような気がします。

"未だに"というのが過去の罪を認めたと、とれなくもないですが少しでも良心があるのならば過去の罪は素直に認め、償うのが当然の義務です。

一昔前ならばすべてがイメージ優先でとらえられ、自分の娘しか理解者がいないような人でも、にこやかにさえしていれば「これだけ余裕があるのだから、悪い人であるはずがない」と勝手に思い込んでもらえたものです。

そう考えると(特に都会の女性は)少しは論理的に考えているのではないでしょうか。

それよりも心配なのは、もし島田紳助氏がどこかの知事に立候補した際この議員が応援に来ても断れなくなったことです。

芸能人はクリーンなことが前提なので、特に大阪府は某○ック氏があんなやめ方をしただけにマイナスポイントになりやすいことをお忘れになっているような。


「FC2ブログランキング」へご協力ください。

遠回しとウソと駆け引きと 

2007年02月16日(金) 9時52分
日本人はよく遠回しな意見が多いと海外の人から言われています。

遠回しに言うことは一概に悪いことだとは言えませんが、それがかけ離れていればいるほど相手に伝わりにくいというのは知っておかなければいけません。
また相手が遠回しの趣旨を理解した上でそれを拒否する場合もあることをわかっているべきで、気づかなかったからといって、それをすぐに鈍感だと決めつけるのは単に自分の行動を正当化したいだけにすぎません。

遠回しもウソも、まとめて言えば日本人の大好きな「駆け引き」と言えます。
そして、遠回しの最たるものがウソであると私は考えます。

しかし、遠回しとウソとは相反するものです。

つまり、遠回しは相手にその真意が伝わらないと意味がありませんし、逆にウソはバレてしまっては意味をなさないものになってしまいます。
バレた場合には逆に騙されることを相手に強要することになり、相手を傷つけないという目的が裏目になってしまいます。

このように相反するものであるにも関わらず、遠回しを多用する人はウソも多用する傾向にあります。
そしてウソは往々にしてその時は騙せても、後から考えればウソだと気づくものがほとんどなのです。

そして遠回しやウソのすべてが相手のことを思いやってであることは少なく、時には自分の意見を通すためにも使い、その場合には自分勝手と思われているのです。

これらの弊害を考えると、遠回しやウソの多い人が信用される確率は限りなく少なく、多用している人は常に自分が悪者になるリスクがあることを念頭におかなければいけないですし、それが大人として立派な行為とはとても言えないのです。


「FC2ブログランキング」へご協力ください。

不幸な真実(1) 

2007年02月07日(水) 9時13分
予めお断りしておきますが、以下の内容は映画「不都合な真実」とは無関係です。

日本にはまだ「反対するための反対」が数多く存在します。
かつての野党は批判政党と言われ、まさに「反対するための反対」を繰り返していました。

普通の国であれば常に反対するだけでは、相手が良い意見であるほど間の抜けた反対になり世論から批判を浴びることになります。
しかし、残念ながら日本ではなかなかそうなりません。
「なぜ」なのでしょうか?

日本には「プラス・マイナス・ゼロ」的な考えが定着しています。
「一方が幸せになれば、一方が不幸になる」という考えです。
そして結果的に自分が幸せになろうと努力するよりも、相手を不幸にする方が簡単なために人の足ばかり引っ張っている人間が多いのです。

前述の野党もその論理だと思います。

ところで話は変わりますが、以前に「女性はバカだ」的なことを書きました。
今もその考えは変わっていませんが、客観的に見て子供の頃は女性の方が頭がいいのも事実です。

女性の場合、子供の頃に頭が良かったがゆえに「心情(感情)」的な面でのみ考える力がついてしまったのだと思います。
女性の方が細かなことに気がつくというのも、相手の心情を読み取るのが上手いからだと思います。
(このあたりの話は別途あとで書きたいと思います)

以前も書きましたが、日本には「客観性」と言うものがありません。

わかりやすく(極端に)書けば、「殺人をしてもいい」と言う人も「殺人をしてはいけない」と言う人も言論の自由があるから、どちらも間違いではないというのが"客観性のない"考え方です。
最近の話題で言えば「産む機械発言」で野田議員が「閣僚には言論の自由はない」と言っていましたが、これこそまさに客観性がないことを証明しているものです。(ちなみに野田議員は男性の方です)
「言論の自由」とは何を言ってもいいと言うのではありません。

この野田議員の理論で言えば「言論の自由があれば"殺人をしてもいい"と言ってもいい」ことになりますし、逆にそれを批難することは「言論の自由」がないことになってしまいます。
もちろんこれは誤りで、言論の自由とは常に考えた上での「発言の自由」であり、思いついたことを何でも言っていいというのではないのです。

これもひとえに「客観性の無さ」のなせる技なのです。

そしてやっと本題ですが、客観性とは「プラスマイナスゼロ」的な発想ではなく「みんながプラス」になるように考えることが「客観性」なのです。

人間なのですから、みんなが幸せになる方法は考えられる筈ですし、現に昔の人たちより現代の方が幸せな筈です。(病気になっても科学的な治療が受けられますし)

そして「客観性」は残念ながら「心情論や感情論」からは決して生まれないですし、論理的に考えられるようになって初めて何が「客観性」かを考えられるようになるのです。

その意味で子供の頃に「心情的に、感情的に考えて」すべてうまくいってた女性には、大人になってから、論理的に考えることはもはやできなくなってしまったのでしょう。

日本には「プラスマイナスゼロ」の考え方ではなく「みんなが幸せになる方法」を考えることが今一番必要なことなのです。


「FC2ブログランキング」へご協力ください。
2007年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像DustRiverDragon
» 日本を悪くしているのは誰か?(2) (2007年01月03日)
アイコン画像管理人
» 耐震偽装について (2005年12月02日)
アイコン画像U-2
» 耐震偽装について (2005年11月29日)
アイコン画像管理人
» 100%の安全性 (2005年11月03日)
アイコン画像管理人
» 100%の安全性 (2005年11月03日)
アイコン画像ちょっと違うかと
» 100%の安全性 (2005年11月02日)
アイコン画像shika
» 大人の発言(堀江氏、立候補) (2005年08月24日)
アイコン画像管理人
» 戦争を語り継ぐとは?(3) (2005年08月18日)
Yapme!一覧
読者になる