離婚について

November 05 [Mon], 2012, 0:58
お互いに譲れない離婚条件もあるでしょうが、自分の要求のみをのんでもらい相手の要求をすべて拒否するような協議では、離婚がスムーズに進むわけはありません。自分の条件を飲んでもらう代わりに相手の条件も一つのむようにするなど、離婚とはいえ互いの意見を尊重することが大切になってきます。また、話し合いをスムーズに進めるためにお互いが感情的にならないようにしていくことも大切です。離婚をすることでより関係が悪化しては意味がありません。もしも、感情的になってしまいそうになった場合は第三者に間に入ってもらうなどして工夫をしていくことがポイントとなってきます。

先ほども述べたように、できる限りお互いの話し合いの元離婚協議を進めていくのが望ましいのですが、離婚の話が同じところで止まってしまったり、進まない場合は弁護士を立てるなり調停を申し立てたりと他の方法を利用して離婚協議を進めていきましょう。一般的には離婚調停を申し立てる際はすでに泥沼離婚化しているようですが、調停を立てるメリットは他にもたくさんあります。ただし、調停を立てるとなると時間も必要以上にかかってしまうこともありますので、それなりの覚悟を持って申し立てるようにした方が無難です。


悪徳の消費者金融を見分ける方法

キャッシングについて
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ささ
読者になる
2012年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/7758/index1_0.rdf