test 

November 22 [Sun], 2009, 14:17

コロコロ変える 

January 14 [Wed], 2009, 4:27
何回目かわからないけれど、
新年なので変えました。
http://773-1214.blogspot.com/

プライドとか 

December 06 [Sat], 2008, 0:30
みじん切りにして、細切りにして、駒沢通りらへんに捨てておけば次の朝山の手通りあたりでキャッチして帰れたんだろうね。不器用先生ばんざーい


アートな感じ@Beijing

798 Spaceっていう、たくさんのアーティストのアトリエが集結している場所があります@北京
http://www.798space.com/index_en.asp


アートすべてを理解することができない私は、とりあえず変なものにすぐ興味を示すw

これ大好き↓有名らしいです。

これも好き。わかりやすくて、綺麗なものが好きです。


元々798号工場だったところに、内装だけ変えて建ててある。
だから元工場内の壁には未だ「毛沢東万歳」の赤文字が消えていなかったりする。
これはその一部。


中国人アーティストのお披露目の場でありながら、いろんな国からのアーティストが同様に集結している場所でもある。
好きなことをして貧乏生活を覚悟するか、我慢して就職するかはトレードオフなのかもね。って、そこで出会ったアーティストが言っていました。
どんなに有名でも、収入はイマイチらしい。どのレベルで言っているのかはわかりませんでしたが。

この場所も商業化してずいぶん経つみたい。
特にNIKEのコーナーからはビジネスの嫌な臭いがこれでもかってくらいに漂っていたような。。。





これは実際の工場で働く人たちの生活。
分業ってほんとに良いことなの?
なんだか不器用でも何もないところから最後まで何か一つのものを作れた方が素敵だなって思う。

クリスマス関連市場 

December 02 [Tue], 2008, 11:11
不景気だけど、やっぱりクリスマス関連市場はでかい。
特にアメリカ人は謎に大量購買するよね。
マスマーケティングが成功しすぎるのも末恐ろしいことだと実感した。

つい先週あたりがthanks-givingだったみたいなんだけど、
私の思い出はウォルマート前に早朝5時から並んだことw
おばちゃんたちのバーゲンパワーは日本もアメリカも変わらないらしい。
たまたまルームメイトのホストファミリーの家で過ごさせてもらっていたから、
そこのママと、そのママの友達(フルハウスのキミー並に急に朝家にいた)とルームメイト、4人で早起きでした。
まずその日までに届いたチラシを目にしながら、大売り出しになっている品物だけをピックアップして、
だいたい5、6件くらい回るルートを考える感じ。
今は亡きサーキットシティ(好きだったのに)とか、ベストバイとか。

ウォルマートの開店まで30分くらいも外で待たされて、寒い寒い。
キミー的なママ友にそのとき、「こんなんで弱音吐いたらバーゲンキングにはなれないのよ。」的なことを言われた気がする。

まぁとにかくその日一日は大変だったわけです。
で、thanks-givingは一日中ひたすら食べるというexcuseが持てる日でもある。
本質は一体どこへいったんだろうか。

で、クリスマスの話だ。そうそう。
ヨーロッパを回って出会った人に何かを送ろうと思って、
めんどくさがりな私が年賀状も書かずにクリスマスカードとか書いているわけなんだけど。
ギフトを選ぼうとしてるとやっぱり完全にその市場に巻き込まれている自分に気づく。
日本だと精々恋人に上げる程度でしょ。(これがまためんどう)あるいは年齢的に家族からもらうかもらわないかって感じか。
なんかよくわかんないけど、外人て友達とかにめっちゃ配るもんね。
もういいよってくらいw
しかも一個っていうより、細々したものを何個もあげている気がするのは気のせい?
質より量?
確かにいっぱいあるとうれしいけどね。
もらうなら、ブランドとか宝石とかよりキディランドの1階にあるおもちゃ全部くれた方がいいなw

言葉とか 

November 30 [Sun], 2008, 22:30
初日は北京市内をうろうろ。
ここは中心街って感じ。
道路広い。



神龍!!!!!!!!!!
ドラゴンレーダーなかったんで会えませんでしたが。



基本的に天安門広場のあたりって、中国の地方から来た人たちが観光をしているので、
外国人はあまりいませんでした。
まぁ時期も時期だし。



私はもちろん中国語が謝謝とか、ニーハオしか言えないんだけど、
友達に通訳してもらったりしていたときに、いろいろ発見したことがありました。
なんか具体的なんです。言い方とか。
「レストランに行く」って言っても、そこに行くだけの意味であって、
ご飯を食べる意味合いを含まないらしい。
「カフェに行こう」とは言わず、「コーヒー飲みに行こう」っていうんだって。
何かで見たことがあるのは、「政治」って言葉も今だから日本と中国とで同じ概念を持っているけれど、
それはもともとそうなのではなくて、日本の高度経済成長の時期に中国人がその概念を逆輸入したとか。
何となく似ているところもあるのかもしれないけれど、アメリカより精神的な距離が遠いなと思いました。
中国のことがよくわからないし、似ていると思っていたからこそ、余計にその文化とか人の考え方の違いとかにギャップを感じたような気がする。

前もルームメイトに聞いたのは、ある人が良い成績をとっても、頭いいねってその人に言っちゃダメなんだって。
とっても努力したのねって。言わなきゃいけないらしいw
どうなんだろ。。。
私はすっごく努力しても、何もやらずにできたフリもしたくなるし、かといって、努力したことも知ってほしいような、そうじゃないような感じ。
どちらにしろ結果を出さないと人には認められないと思うけど。
それはどんなにそばにいて自分のやっていることを知っている人がいたとしても、そう。私の中で。
プロセスは、結果を出さないと語れないと思う。
結果を出して初めてそれを語れる権限が得られる気がする。
だからそう。そこで私は努力したといっても、そうじゃないといっても良いわけで。
結果は変わらないけど、プロセスは自分で操れる。真実でなくても事実にはできるから。
今嫌なのはそういう面で、就職活動のアドバイスとかどうやったかを語ること。
結果と言えば結果だけれど、失敗したわけでも成功したわけでもないし、
私の話が何かしらの形で人の役には立つだろうけど、私自己中だから自分でしたくないことはしたくないな。。。
ゼミで強制されるのとかやだったな。
人に使われる身になるための活動って、Mすぎるし、私そうじゃないから耐えられなかったなー
早くemployeeの最後のeがrになるようにがんばろ。


北京的生活 

November 27 [Thu], 2008, 10:03

エスカレーターで座る人がいるらしい。


いっぱい禁止なのはわかるんだけど、たまに何の絵かわからない。。。
特に一番左の下から二番目。


カラオケはKTVって呼ばれます。


スタバは「星巴克」になるらしい。コーヒー豆が違うらしく味が日本より薄いような。
不味くはなくて、単純に違うって感じ。


中国では並ばないって聞くけど、観察する限り何かの暗黙のルールがあります。
並んでいるシチュエーションとそうじゃないパターンがあるので。
(解明できなかったけれど)
ちなみにここではみんな並ばなかったので結果として改札で人が詰まってます。
右の女性はそれを整備してる人






中国人と楽しむ北京の生活。感想。

中国って楽しい楽しい楽しい!
北京しか行っていないんだけど、人は温和で食べ物はおいしいし。
(老舗のご飯がおいしすぎてデパートのレストランはガラ空き)
タイムスリップしたみたいな感覚に陥る公園。
本で読んだ江戸の世界みたいだったり。
ほんとに同じ時代に生きてる人?って触りたくなる感じ(笑)
現代アートもさかんで、いくつかのアトリエを運良く見学させてもらったりしました。

社会主義とか資本主義って何か、とか。毛沢東って何者、とか。文化大革命で何が起きたのか、とか。
なんかよくわからん。いろいろ考えました。
6日間しかいなかったけど、友達のお陰で中国人の生活に少し触れらてたような感じ。
怒っているように聞こえても、実はものすごく愛想の良いおっさんが話してくれていたり、
やっぱり言葉を知らないとそういうことってわからないよね。

とりあえず少しずつ毎日の様子を思い出しながら書くことにします

ちょいっと行ってきます 

November 20 [Thu], 2008, 0:29
今度は中国。
北京に友達が帰っているので、
約一週間だけ行ってきます。
結局中国史がちゃんとわかっていないのと、
論文が完璧になっていないのが気がかりだけれど。。。。。。。。。

テーマはクリエイティブ産業の見学と、歴史と、中国の日常。
中国ビギナーなんで、とりあえず観光はあまりせずに生活してくるのが目標。

気温5度くらいらしいっす。
ミシガンで鍛えたあの日々から考えると楽勝だと思いたい。な。

とりあえず楽しんできます
あと、12月から急に暇になるので誰か遊ぼ(まぁ常に暇だけど)

国際人 

November 18 [Tue], 2008, 0:51
あんまり国際人になろうとか、そういうことを思ったことはないんだけれど。
私はこの言葉には2パターンあると思った。
一つは国境を意識した国際人。
もう一つは国境なしの国際人。
国際って言葉自体が前者しか表すことができないだろうけど、便宜上。ね。
どちらかを目指すとしたら後者を選びたい。
でもそれはめちゃくちゃ難しいことでもある。
外国から帰ってきて、正直、真っ先に思ったことは2つ。
日本が好きだからもっと良い国にしたいな。っていうのと、
なんとなく私は他のドメドメな日本人と比べれば、なんかよくわからない苦しみを味わったんだし。ちょっと特別な気分でいたい。だってこの価値観は誰に言ったって大抵は共有できないんだし。
これってなんだか矛盾しているんだけど、同時にこう思ったんだ。そういえば。
そのときにある私の方向性はたぶん国境ありきの人。
無理に線を引いてみる感じ。
他の国との線と、周りの私の言っていることに共感してくれない人たちとの線。
でも今は変わりつつあるかもなぁと。
人は恐らくバイアスがかかってるくらいが幸せになるにはちょうど良いんだろうけど、
やっぱりそれを取り払える人の方が苦労してる分だけ素敵だと思う。
インターン先は、日本を引っ張っていける人を育てたいみたいなことを言うけど、
あーなんかそれも違う気がしてきた。
数少ないけれど、海外に散らばってるいろんな国籍を持つ友達のことを考えたりすると、
そんな小さな国のヒーローでいいのかって思う。
それは世界のヒーローを目指すべきって意味じゃなくて。
慈善的な意味でもなくて。
なんだかそれ以前の問題。

恋愛事情 

November 06 [Thu], 2008, 22:20
学校に住んでます。
卒論が煮詰まってきたので、全く関係ない話を書くことにします。
ヨーロッパでどんな恋愛をしたかについて。
いや、私は全然してないんだけど。
どんな駆け引きがあったか、みたいな話。

前書いたココ、ハーティ、リサと私の4人の行動だったんだけど、
私たちがまずやったことは、談合。
夜な夜なワインを飲みながらマジみんな真剣。
今いるバスの男たちを公平に、平等に、恨みっこなしで、分配するわけです。
「私はAくんと、Bくんを取るから、あなたはCくんでいい?」とか、
「Bはリサのことが好きっぽいから譲る。その代わりDくんちょーだい。」とか。
こんな調子。
ほんとほんと。
Sex and the Cityですよ。(見たことないけどイメージ)

だから大体は4人のシナリオ通り。
女の方が勘も鋭いので、相手の動きなんて簡単に読めちゃう。
恋愛をチェスみたいに駒で操っていくのが爽快でした。
日本はよく考えると如何に鈍感になるかが重要だけど、
euroにいたときはそうじゃなかったような。。。
あ、これは日本の話じゃないのでビビった人、ご安心を。たぶん。
私よく考えると女友達とあんっまり恋愛話したことないのでわかりませんが。

とりあえず平和が一番。2006年の私みたいに。

フランスと香水の話 

November 03 [Mon], 2008, 14:27
ニースから少し離れた町に、だいたい世界の有名ブランドのレーベルが貼られている香水を約60%くらい生産している工場が立ち並ぶ地域があります。
シャネルだとかグッチ、ディオールあたり。
工場の見学に行ったとき、まだレーベルの付いていないno brandな香水を買ったんですが、
来年あたり香水売り場で並んだときに初めてどのブランドになるかがわかるらしい。
ジバンシーかもしれないし、フェラガモかもしれない。
つまり、製品ありきのブランド作りなわけで。
香水のデザイナーっていうのは結局何をしているかっていうと、できあがった香水の香りが自社ブランドのイメージとマッチしているかを嗅ぎ分け、選んでいるだけだそうです。
いや、もちろんとても大変な作業なんだろうけれど。



なんか香水ってどれも同じにおいだと思っていたらやっぱり作ってるところがものすごく限られてるんだね。
ラグジュアリーブランドはまだ今は違うかもしれないけれど、ブランドの力とか、個性みたいなものが薄れていくのはどんどん進む。
安いPBが売上を伸ばしていたり、Time誌のperson of the yearがYouだったり、
なんか今は主役がもやもやした世界なのかなーって思えてくる。
P R
2009年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:nanami
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 誕生日:1985年
  • アイコン画像 血液型:AB型
  • アイコン画像 現住所:国外
  • アイコン画像 職業:大学生・大学院生
  • アイコン画像 趣味:
    ・映画-Back to the Future, Breakfast at Tiffany, Roman Holiday, Addams Family, You've Got M@il, Little Miss Sunshine
読者になる
カテゴリアーカイブ
最新コメント
アイコン画像prices of michael kors bags in singapore,hot pink michael kors wallet
» harry potter最終章からプリデイン物語、ゲド戦記まで。ひとりごと。 (2014年08月09日)
アイコン画像vrhopcqqs
» スルーして。 (2013年12月07日)
アイコン画像rlsmdyrjoe
» スルーして。 (2013年12月07日)
アイコン画像rxfnzkipc
» スルーして。 (2013年12月07日)
アイコン画像fhjtlphoyh
» スルーして。 (2013年12月07日)
アイコン画像chfswwez
» スルーして。 (2013年12月07日)
アイコン画像tsqmdrqnwk
» スルーして。 (2013年12月07日)
アイコン画像vwxgzxrw
» スルーして。 (2013年12月07日)
アイコン画像eljlomepmf
» スルーして。 (2013年12月07日)
アイコン画像dhfshnzvcw
» スルーして。 (2013年12月07日)
http://yaplog.jp/773-1214/index1_0.rdf
Yapme!一覧
読者になる