【 更新情報 】

スポンサード リンク

七五三の着物はどう決める?

七五三の着物を決めるには、どのような点に注意すればよいのでしょうか?
七五三の衣装には着物とドレスがあるので、できればどちらも着せたいと考える親御さんも多いようです。
しかしそれだと何度も着替えさせることになるので、何かと手間がかかりますし、子供自身も嫌になってしまうでしょう。
七五三は丸1日かかる行事ですから、着物を決める方法はシンプルにして、当日は余裕を持って行動できるようにしたいものです。
七五三の着物を混乱せずに決めるには、いったいどうしたらよいのでしょうか?
写真撮影の時は、子供はじっとしていればいいだけなので、着物を着せても負担にはならないと思います。
写真館の中には七五三用の衣装をレンタルしているところもあるので、事前に確認しておくとよいでしょう。
そもそも着物は高価ですし、購入するよりもレンタルにした方がいいかも知れませんね。
七五三では食事会を行うことも多いと思いますが、この時はドレスを着せた方がいいでしょう。
窮屈な着物を長い時間着ているのは苦痛でしょうし、食べ物や飲み物で汚してしまう可能性もあるからです。
七五三の着物の決める時は、「こうすれば何の問題もない」という方法を選ぶのは難しいものです。
経済的事情や子供の気持ちなどを十分に考慮して、より良い選択をするようにして下さい。

3歳の七五三の着物の選び方について

3歳の七五三の着物の選び方は、初めての経験なのでやはり迷いますよね。
親としてはきれいな着物を着せたいところですが、子供は「何かをやらされている」と感じて、嫌がることも珍しくありません。
せっかく写真館で記念写真を撮ろうとしても、グズッたり泣き出したりすることも多いようです。
3歳の七五三の着物の選び方は、あまり堅苦しく考えない方がいいかも知れません。
例えば無理に着物を着せるのはやめて、ワンピースのようなシンプルな服装にするのも1つの方法です。
おしゃれなデザインのワンピースを着せて、ハイソックスとエナメルの靴を履かせれば、十分にかわいらしく見えますよ。
七五三では食事会をすることも多いでしょうが、着物だと動きにくいので、食べ物や飲み物で汚してしまう恐れもありますからね。
3歳の七五三では着物の選び方の他にも、髪の毛などのメイクをどうするかというのも考えどころですね。
髪の毛のセットはプロの方にお願いすれば楽なんですけど、子供にしてみれば、知らない人に何かをされるのは不安ですよね。
髪型やメイクは簡単なものでかまいませんから、やはりお母さんがやってあげたほうがいいと思います。

5歳の七五三の着物の選び方について

5歳の七五三の着物の選び方について考えてみましょう。
女の子の七五三に比べれば楽かも知れませんが、男の子の場合でも迷うことは少なくないですよね。
5歳の七五三では、着物の色の選び方はどうしたらよいのでしょうか?
こんな言い方では身も蓋もないかも知れませんが、子供の顔立ちに合った服を選ぶことが大切です。
ほとんどの家庭では、「無難な色だから」という理由で黒を選ぶことが多いものですが、青が似合う子だっていますからね。
似合うか似合わないかという結論は、いつまで考えていても正解が出るものではありません。
「うちの子にはこの色が似合う」と思ったのならば、それが正解だと思っていいでしょう。
5歳の七五三では、着物の素材の選び方はどうしたらよいのでしょうか?
とにかく費用を抑えたいのであれば、ポリエステルの服を選びましょう。
見た目は絹の服と大差ありませんし、洗濯がしやすいというメリットもありますからね。
絹の服はすべて高価というわけではなく、「色や柄によって値段が違う」と言った方が正解ですね。
運が良ければ、気に入ったタイプの服を安く売っているお店が見つかるかも知れません。
七五三の着物選びは早めに準備をして、後悔のないようにしたいものですね。

7歳の七五三の着物の選び方について

7歳の七五三の着物の選び方について考えてみましょう。
7歳の七五三ともなると、子供が着物の選び方に口出ししたがるようになってきます。
7歳と言えば自我が芽生え始める年頃ですし、無理もないかも知れませんね。
例えばレンタルで済ませようと思っていたのに、「ちゃんと買って欲しい」と言い出す子供も珍しくはありません。
おじいちゃんやおばあちゃんの世代になると、「他人が着た着物を孫には着せたくない」と考える方も多いようです。
レンタルならば確かに費用がかからないのですが、子供や祖父母の気持ちを考えることも忘れてはいけませんね。
7歳の七五三の着物の選び方では、七五三の後のことも想定しておきましょう。
あえて少し大きめのサイズを選んでおけば、毎年のお正月にも着ることができますね。
妹さんがいるご家庭であれば、お姉さんの着物を着せてあげることもできます。
それらの点を考えれば、七五三の着物を購入したとしても、十分に元が取れるのではないでしょうか?
7歳と言えば最後の七五三ですから、着物の選び方で悩むのも最後になるのです。
親子共通の楽しい思い出を作るためにも、「こうしておけばよかった」と後悔しないようにしたいものですね。

七五三の着物はレンタルにすべきか?

我が子が七五三で着る着物を、簡単にレンタルで済ませるか、それとも買ってしまおうかと迷っている人は多いでしょう。
どちらにもメリットがあるので、まずはそれを確認しておきましょう。
七五三の着物をレンタルで済ませることのメリットは2つあります。
1つ目のメリットは、やはり買うよりも費用がずっと安いことです。
七五三というわずかな機会のためだけに、わざわざ着物を買うのはもったいないとも言えますからね。
2つ目のメリットは、着物を保管しなくてよいということです。
着物はデリケートな衣類ですから、保存状態にも十分に注意しなくてはなりません。
そして収納するためのスペースも必要なので、お金以外にも大変な点が多いのです。
では七五三の着物は、必ずレンタルにした方がよいのでしょうか?
経済的に余裕があり、収納スペースも確保できるのであれば、もちろん購入した方がいいと思います。
七五三に着るような着物であれば、お正月などにも着ることができますからね。
それに下の子供にも着せることができますし、親戚の子供に貸すこともできます。
七五三の着物をレンタルするか購入するかは、目先の状況だけにとらわれず、先まで見通した上で決定しましょう。